季節の行事

端午の節句のお祝いがしたい!食べる料理やすることは何がある?

Pocket

この記事の所要時間: 542

まえがき
5月5日(端午の節句)は、子どもたちにとって楽しみであるゴールデンウィークの1日ですね。外に出て鯉のぼりが立っている姿を見ると、季節の流れの早さに驚いてしまいます。さて、今回はそんな「端午の節句」についてご紹介します。

何を祝う日?由来や意味は?

端午の節句は男の子の成長を祝う日として一般的に知られていますが、本来は
「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」とされています。
なぜここで母に感謝する日とされているのか?それには、一昔前の風習から来ています。

端午の節句は古来中国より日本に伝わってきました。
古来中国では数字の5の読みと「無」を意味する読みが同じため、縁起の悪い月とされて忌み嫌われていました。
そのため、その時期になると邪気を祓うとされる薬草の菖蒲を軒下に飾り、植女(うえめ)と呼ばれる田植えを行う若い女性が集まり、そこで過ごしました。昔は田植えが女性の仕事であったことから、このことを「菖蒲の節句」と呼び、女の人の節句として定着していました。その名残だと考えられています。

しかし江戸時代に入り、武家社会へ変わっていくと、菖蒲を尚武(武を重んじること)とも呼ばれるようになり、葉が剣を連想されるとなどから男の子の節句(男の子の成長を祝う日)とされるようになりました。

また、その頃男の子たちの間では「菖蒲打ち(しょうぶうち)」という遊びを行います。
菖蒲の葉を編んで帯状にし、地面にたたきつけて大きな音の出たものの勝ち。または切れた方を負けとしました。菖蒲叩き(しょうぶたたき)とも呼ばれています。

端午の節句で食べる食べ物について、また食べる意味について

端午の節句と言われる5月5日には、関西地方では「ちまき」、関東地方では「柏餅」を食べることが多いようです。

「ちまき」といえば、元は端午の節句とともに中国から伝わってきたもので、笹の葉で三角に包まれているものをイメージする方も多いと思います。この三角には意味があって、毒蛇に見たてていると言われています。
毒蛇を食べることで免疫がつき、悪い災難や病気を取り払うことが出来ると考えられてきたと共に、邪気を祓うと言われている五色(赤・青または緑・黄・白・黒または紫)の糸で縛ることもあるようです。この五色の色は、鯉のぼりの吹き流しの色にも使われております。

「柏餅」に使われている柏の葉は、新芽が出るまで葉が落ちないため、子孫繁栄の意味があり、柏餅が端午の節句にふさわしい縁起の良い食べ物となりました。
また柏の葉が手のひらに似ていることから、拍手(神を拝むときに両方の手のひらを打ち合わせて鳴らすこと)にあやかり、武運を祈る意味も込められていると言われています。

桃の節句には「ちらし寿司」や「ハマグリのお吸い物」を食べますが、端午の節句では行事食に何を食べたらいいかお悩みの方も多いと思います。
端午の節句では、ブリ(出世魚と呼ばれているため)や鰹(勝男とかけて)、たけのこ(まっすぐ伸びるという特徴から)といった食材を使用することが多いようです。ほかにも、お赤飯や子どもが喜ぶケーキといった定番のお祝いメニューを用意すれば、端午の節句を親子で楽しめますね。

菖蒲湯に入るのはなぜ?

菖蒲は昔から、病気や邪気を祓う薬草だと考えられてきました。
5月頃は春から夏の季節の変わり目に加え、田植えという一大行事の行われる時期でもあったため、体を壊さないように菖蒲湯につかる民間療法として広まっていきました。
同じようなことに、冬至の柚子湯がありますね。
また菖蒲には、精油成分(エッセンシャルオイル)が含まれており、血行促進、腰痛、神経痛、冷え性、筋肉痛、リウマチ、肩こりに効果があります。
菖蒲を購入する際は、あやめ(花菖蒲)と間違えないように注意してください。
菖蒲湯に使用する菖蒲はサトイモ科の植物で、植物園などで見かけるあやめ(花菖蒲)はアヤメ科アヤメ属の多年草であり、まったく別の植物です。
当日に購入するのが難しい場合は、楽天市場やAmazonなら「葉」または「入浴剤」を事前に購入することもできます。
花屋さんなら間違えることもないかと思いますが、もしアルバイトの方などが対応される場合「菖蒲湯に使うので、花が咲く方ではありません。」としっかり確認しておくことをオススメします。
購入された際、もしヨモギが同封されていた場合は、菖蒲と一緒にお風呂に入れてください。ただし、妊娠中の方はヨモギには陣痛作用がありますので、避けましょう。

兜や鯉のぼりを飾る風習があるがそれは何か意味があるのか?

桃の節句にも、飾る時期があるように端午の節句にも、飾る時期があります。
節句は季節の節目です。春分の日(3月20日前後)から4月中旬くらいが良いと言われています。遅くとも昭和の日(4月29日)までを目安に済ませておくと良いでしょう。
大安吉日は、あまり気にしなくても大丈夫です。特に初めて購入する時は、かえって配送等に頭を悩ませてしまうことになりかねませんので、ご家族で一番良いと思う日を決めましょう。

「鎧・兜」や「五月人形」は内飾りと呼ばれ、もともと戦で身を守る役目を果たしてきたことから子どもを交通事故や病気等から守ってもらえる「お守り」として飾ります。
対して「鯉のぼり」は外飾りと呼ばれ、跡継ぎができたことを、外にのぼりを立てて知らせ、お披露目のような役割がありました。

鯉は、清流はもちろんのこと、池や沼でも生息できる生命力の強い魚です。
そのためどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの願いを込めています。
鯉のぼりのてっぺんにある「吹き流し」にも意味があります。
戦国時代より、「吹き流し」は魔除けとして使われていました。派手な色にも意味があり、青(緑)には木、赤には火、黄には土、白には金、黒(紫)には水の力が宿るとされ、
古代中国より由来されています。この万物を成す5つの元素が邪気を祓ってくれると信じられていました。

高価なお飾りを買うにあたり、義父母から「息子(ご主人)のを飾ったら?」という提案をされた方も少なくないと思いますが、嬉しい反面、悩みのタネでもありますよね。
最近の傾向では、父親のいいものを息子が受け継ぐという考え方も好まれています。
声をかけてくれた義父母の気持ちを汲むことは大事だと思いますが、そこはご夫婦でよく話し合って「子どものために」どうしたいかを考えていただけると良いかと思います。

 

まとめ

初めてのお子さん、お孫さんをお祝いするにあたり、とても気持ちのこもる行事の一つだと思います。それぞれの想いはあるかと思いますが、ご家族にとって、幸せな一日になることを願っております。