時候の挨拶

11月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例

Pocket

この記事の所要時間: 936

次に人気の記事はこちら!
10月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文
12月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文
1月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文集

 

11月の時候の挨拶についてはこの時期を読めば完璧です!

 

11月秋も終りを迎え、冬の始まる季節です。11月と一言に言っても、どんなものが11月を表現できる言葉なのか、簡単に思いつく人は少ないのではないでしょうか。

大事な人に手紙やメールを出す時の「時候の挨拶」には、その時の季節をピンポイントで表現できるような言葉を使わなくてはなりません。

今回は11月の時候の挨拶に焦点を当てて、時候の挨拶に使える言葉や、時候の挨拶の例文、その意味をご紹介していきたいと思います。

素敵な時候の挨拶で、読み手の心をうまく掴んでゆきましょう。

そもそも時候の挨拶って?

時候の挨拶は手紙やメールを書く時のマナーの内の1つです。拝啓、などといった頭語の後に時候の挨拶を続けるのがきまりとなっています。

時候の挨拶の一番のポイントは、その時にあった「季節」の言葉を入れるということでしょう。
どうして時候の挨拶というものがあるのでしょうか。疑問に思う方もいると思います。

例えば、道端で知人とばったり出会った時に挨拶をしますよね。
「こんにちは」から、「最近は寒いですね」など、気候の話をするのがごく一般的な自然の流れではないでしょうか。

日本の文化、習慣として「あいさつ」プラス「季節の話題」はセットになっていると考えても良いでしょう。相手を気遣うという点で、それを手紙やメールと言った文字に起こしたものが時候の挨拶だと私は考えます。

Point時候の挨拶は、その時にあった「季節」の言葉を入れる

11月に適した時候の挨拶とは?

それでは11月に適した時候の挨拶をご紹介していきます。

11月は、だんだんと寒さが本格的になり、冬の訪れを感じるような季節です。枯れ葉などが風に舞い、どこか寂しさを感じさせる季節でもあります。

そんな寒さやさみしさを時候の挨拶に取り入れるのも趣がありますが、大切な人やビジネスシーンにおいて、冬の訪れをプラスの表現で書き表すのはいかがでしょうか。

読み手側もポジティブな気持ちになるような時候の挨拶ができたら良いですね。

以下、11月の時候の挨拶をご紹介します。

1、秋もいよいよ深まってまいりました。
2、小春日和のうららかな今日このごろ。
3、冷ややかな朝の空気に身も心も引き締まるこのごろ。
4、木枯らしに冬の訪れを感じる今日このごろ。
5、落ち葉を踏む音小気味良い季節となりました。
6、夕日の影が伸びゆく季節となりました。
7、錦繍の時も過ぎ、晩秋の冷気感じる季節となりました。
8、しとやかな時雨の季節となりました。
9、枯れ野に咲く山茶花の艶やかさに惹かれる今日このごろ。
10,道行く人々のコートに冬の足音を感じる季節。

また、11月を表現する言葉として

・暮秋の候
・晩秋の候
・霜秋の候
・向寒の候
・初霜の候
・夜寒の候
・残菊の候
・落葉の候
・初冬の候
・立冬の候

などがあります。〇〇の候といった言葉から時候の挨拶に入るのも良いですね。

Point読み手側もポジティブな気持ちになるような時候の挨拶をしましょう

11月の時候の挨拶の意味を解説!

先程あげました10の例文。その時候の挨拶の意味について解説していきます。ひとつひとつ解説していきますので、時候の挨拶を考える際の参考にしていただければ幸いです。

【11月の時候の挨拶】No.1 秋もいよいよ深まってまいりました。

11月をシンプルにわかりやすく表現したものです。11月は秋の暮れと冬の始まりの季節です。これは使うとしたら11月の中旬まででしょうか。

この後に続けるとしたら「お元気でご活躍のことと存じます。」でしょうか。

秋の深まりは色鮮やかなイメージです。ポジティブな言葉を後に付けたいですね。

【11月の時候の挨拶】No.2 小春日和のうららかな今日このごろ。

小春日和と聞きますと、その言葉から春をイメージする方もいらっしゃると思いますが、実は11月の季節の言葉です。「小春日和」という言葉は晩秋から初冬にかけての季節の言葉で、「春のようにぽかぽかと温かい日和」のことを言います。

「小春」という言葉自体が晩秋~初冬の言葉だということを覚えておきたいものです。

【11月の時候の挨拶】No.3 冷ややかな朝の空気に身も心も引き締まるこのごろ。

冬が近づくその様子と「引き締まる」という言葉からどこか凛とした雰囲気の時候の挨拶です。「貴社につきましては相変わらずご精励のことでしょうか」と続けるのが吉でしょう。

身を引き締める自身と、変わりなく励んでいる相手のことを並べて表現しています。

【11月の時候の挨拶】No.4 木枯らしに冬の訪れを感じる今日このごろ。

木枯らし11月の季節の言葉です。すこし肌寒いような印象の文になりますね。季節の変わり目は風邪に注意といいますし、「ご多忙の中だとは存じますが、お風邪などは召されてはないでしょうか。」と、続けて相手を気遣うのが良いでしょう。

【11月の時候の挨拶】No.5 落ち葉を踏む音小気味良い季節となりました。

11月の言葉として落葉(らくよう)や落ち葉という言葉があります。さくさくと落ち葉を踏むという身近なシチュエーションに季節を感じることができるのではないでしょうか。
また、マイナスイメージになりがちの「寒さ」や「落ち葉」を楽しげに表現するということもポイントです。

「さくさく」「ぱりぱり」といった擬音を挨拶に取り入れてみるのも、落ち葉の表現として素敵なのではないでしょうか。

【11月の時候の挨拶】No.6 夕日の影が伸びゆく季節となりました。

夕日は一見、季節の言葉ではないように思えますが、これは言葉の連想ゲームのような意味合いも含んでおります。
1年間の四季を一日にたとえ、秋の暮を夕日としています。夕日と影が印象的にイメージの出来る時候の挨拶です。

【11月の時候の挨拶】No.7 錦繍の時も過ぎ、晩秋の冷気感じる季節となりました。

錦繍は「錦と刺繍の美しい着物」を意味する言葉ですが、「美しい紅葉の様子」も言葉の意味に含まれています。秋の季節の言葉の1つとされていますね。

「皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。」と、変わる季節と対比して相手を気遣うのはいかがでしょうか。

【11月の時候の挨拶】No.8 しとやかな時雨の季節となりました。

時雨晩秋から初冬にかけての季節の言葉です。
降ってはすぐ止むような雨のことを言います。
また、しとやかという言葉は、物静かで上品という意味であり、一般的には女性に使われる言葉ですが、時雨をしとやかと表現することで、静かにしとしとと雨が降る情景を表現することができますね。

【11月の時候の挨拶】No.9 枯れ野に咲く山茶花の艶やかさに惹かれる今日このごろ。

イメージは、葉が落ちて裸になった木々と11月の花「山茶花」を比べ、一段と山茶花が色鮮やかに見える様子でしょうか。
そんなドラマチックな画の後に続けるとしたら、「いかがお過ごしでしょうか。」が良いでしょう。

こちらの情景を表現した後ですから、その後は相手の調子を伺ってみることをおすすめします。

【11月の時候の挨拶】No.10 道行く人々のコートに冬の足音を感じる季節。

11月は本格的にコートを羽織り始めるような季節です。コートを羽織っている人々はどんな人々でしょうか。
道行く人のこつこつという足音も聞こえてきそうです。冬の訪れとコートの人々の足音を掛けているのでしょうね。

こういった言葉遊びを時候の挨拶に取り入れるのも粋な感じがしませんか?

11月の時候の挨拶 NG例-こんなミスには注意が必要-

まず、11月の時候の挨拶で注意しておきたいことは、言葉の使い時です。
上旬には、

・深秋
・紅葉
・暮秋
・季秋
・立春

を使って良いとされています。

中旬には、

・向寒
・菊花
・初霜
・枯れ葉
・吐く息(白さについて)

下旬には

・小雪
・霜枯
・晩秋

等が挙げられます。

 

しかし、これも諸説ありますのでざっくりとした把握で良いのではないかと思います。また、明確に時期が決まっている季節の言葉もあります。

「立冬」
がその中の1つでしょう。

立冬1日から7日を表す言葉です。これには注意しておきたいですね。

俳句と同様、時候の挨拶にも似た決まりがつきものです。

基本的には

・季節の言葉(季語)を盛り込むこと)
・季語重ねはしないこと。(1つの俳句に1つ以上の季語は不必要)

といったものがあります。しかし、これは予備知識程度で良いでしょう。手紙やメールにおける時候の挨拶は、そこまでルールに縛られていなくても良いと思います。大事なのは「今の季節を伝えること」「相手を思いやること」です。

この2つさえ押さえていれば、きっと素敵な時候の挨拶が出来るのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

11月は秋の終わりと冬の始まりの季節です。少しセンチメンタルな気持ちになりがちな季節だからこそ、手紙やメールの挨拶で人の暖かさを伝えてみてはいかがでしょう。10月などの秋の盛りとは違い、あまりモチーフが少ないのも11月の特徴だと私は思います。

季節の言葉が思いつかない…悩んでしまう…そんなときには「食べ物」に目をつけると良いかもしれません。11月でしたらフルーツには柿、みかん、柚子があります。野菜には白菜や春菊など、鍋料理によく使われる野菜が旬だそうです。

あったかい料理に焦点を当ててみるのはどうでしょうか。

例文や季節の言葉にはない11月を探してみるのも良いかもしれませんね。

時候の挨拶についての他の記事はこちら!
1月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文集
2月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
3月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意点
4月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意したい言葉
5月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意点
6月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意点
7月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
8月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
9月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
10月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文
12月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文