季節の行事

送別会の挨拶で送られる側は何を話したら良い?転勤・異動・退職の場合の例文がこちら

Pocket

この記事の所要時間: 715

転勤や移動、定年、退職…
今までいた会社を離れることになった際、仲間が送別会を開いてくれることもあるでしょう。
しかし、「送別会なんて経験したことがない!」「送られる側になったことがない!」という方もいらっしゃると思います。
いざ、自分が送別会の送られる側になってみると、何をどうすればいいか、困ってしまいますよね。
今回の記事では、「送別会の送られる側」はどんな準備をすればよいのかをご説明していこうと思います。
ケース別の挨拶例文もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

送別会の流れ

送別会は、以下のような段取りで進行されます。

1、開会宣言
司会者が開会の宣言をします。
主役の名前、開始を知らせる簡潔なものです。

2、挨拶など(送る側)
一番上の立場の人が、主役の紹介と挨拶を行います。
こちらも乾杯前なので簡潔に終わります。

3、乾杯
音頭のもと、乾杯を行います。
この時、主役の上司に当たる人物が簡単に挨拶します。

4、食事・宴会・雑談
主役の思い出のエピソードなど、雑談を交えながらの食事が始まります。

5、送別の言葉(送る側)
主役に対して最も接してきた人物又は上司が、主役に対して感謝の気持ちやエールを含む送別の言葉を述べます。

6、記念品授与 ※省略の場合有り
一番上の立場の人が、主役に記念品を手渡します。

7、花束贈呈 ※省略の場合有り
6番同様に、花束も主役に手渡します。

8、主役の挨拶・スピーチ(送られる側)
送られる側である主役が、これまでの思い出などを交えながら、感謝の言葉を贈ります。

9、万歳三唱など ※省略の場合あり
そのとおりに、万歳三唱を行います。

10、閉会宣言
司会者が、閉会宣言をします。

送別会の挨拶(送られる側)のポイント

送別会の後半に、送られる側は挨拶をしなければなりません。
とはいっても、改まって何を言えばよいかピンと来ませんよね。
また、会社を去る理由によってはやりづらさも感じるかもしれません。
ここでは、「これらのポイントさえ抑えておけば良い!」といったような挨拶のポイントをご紹介していきます。

言葉遣い

まず、当然注意しなければいけないのが言葉遣いです。
親しい仲間内での送別会である場合でも、感謝の気持ちを伝える挨拶では改まった言葉を使うようにしましょう。

感謝

「感謝の気持ち」をしっかりと表すのが挨拶を成功へ導く上での重要なポイントでしょう。
別れを惜しむだけではなく、職場や仲間、上司に対しての感謝の気持ちをきちんと伝えておきましょう。

なるべく簡潔に

だらだらと長いスピーチは、こういった場ではあまり好まれません。
一つ一つの文章をなるべく短くするように心がけましょう。
時間で言うと、長くて3分位にまとめられると良いですね。

また、挨拶の文章は次のような構成で考えてみてくだい。

1、送別会のお礼
送別会を開いていただいたことに対しての御礼を述べましょう。

2、職場を去る理由(差し障りのない場合)
差し障りがなければ、職場を去る理由を言うと良いです。
これから自分はどうするか等を伝えましょう。

3、職場での思い出やエピソードなど
職場での忘れられない出来事や、印象的な出来事を語ってみては如何でしょうか。
皆の共感を得れるエピソードを話すと良いでしょう。

4、職場で一緒に働いた方々への感謝
後半は、感謝の言葉で締めくくりましょう。
上司は勿論、仲間に対しても感謝の言葉をかけることが出来ると良いですね

5、締めの言葉
送別会を開いていただいたこと、お世話になったことなど、重ねてお礼の気持ちを伝えましょう。
また、今後の抱負なども盛り込むと良いでしょう。

移動や転勤の場合の挨拶例文

送別会の送られる側の挨拶は、ケースによって文面が違ってきます。
移動や転勤の場合は、移動先での豊富や仕事の話も盛り込みましょう。

挨拶例文

本日は私のために、このような会を開いて頂き、本当にありがとうございます。
また〇〇さんはじめ皆さんから過分なるご挨拶を頂き、感謝の念に耐えません。
私こと、〇〇はこの度〇月〇日付けで〇〇支部に移動することとなりました。
この〇〇支部で過ごしました〇年間、やりがいのある仕事に恵まれ、本当に成長できた〇年間でした。
皆さんに助けていただいて、〇〇プロジェクトは無事成功を迎え、嬉しい思い出とともに、自信へつながったと思います。
皆さんにこの職場では沢山のことを教えていただきました。
本当にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は、この職場での経験を忘れずに、〇〇支部で頑張っていこうと思います。
最後に、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げ、お礼の挨拶とさせていただきます。
この度は本当にありがとうございました。

退職する場合の挨拶例文

退職と1言にいいましても、定年や結婚出産、それ以外にも様々なケースが存在していますよね。
ここでは、定年退職の場合、結婚出産の場合、中途退社の場合と、3つの例をご紹介します。

定年退職の場合

本日はこのような会を開いて頂き、感謝いたします。
早いもので入社以来〇〇年、おかげさまで本日定年の日を迎えることが出来ました。
〇〇社すべての皆様に心から御礼申し上げます。
私が入社した時は本当に小さな会社でしたが、今ではそんな会社も大きくなり、たくさんの従業員を抱えることとなりました。
入社以来、〇〇社では様々な仕事を経験させていただきました。
その中でも、〇〇年に〇〇に配属され、〇〇を下経験は忘れられない思い出となっています。
楽しかったことは勿論ですが、苦しかったことも中には有りました。
それでも続けてこれたのは皆様初め、もう定年された先輩方のおかげでもあります。
本日はこのような会を開いて頂き、感謝申し上げます。
皆様のさらなるご活躍をお祈り申し上げると共に、〇〇社の一層のご発展をお祈り申し上げます。
甚だ恐縮ですが、感謝のご挨拶とさせていただきます。

寿(結婚・出産)退社の場合

本日は私のためにこのような立派な会を開いて頂き本当にありがとうございます。
私〇〇は、出産のためにこの会社を退社いたします。
これからは1人の母として子育てに専念いたします。
この会社での〇年間は様々なことを皆様から教わりました。
最初は右も左もわからなかった私を指導していただいた先輩方、失敗した時も温かく指導してくださった課長を始めとした職場の皆さん、本当にありがとうございました。
今思えばこの〇〇社で過ごした思い出は、どれも皆様の笑顔で彩られているものでした。
至らない私が今までやってこれたのは正に皆様のご支援あってこそです。
優しい上司や、温かな職場の皆様に恵まれたことは本当に幸せでした。
短い間でしたが、本当にお世話になりました。
皆様のこれからのご発展を心よりお祈り申し上げます。
本日はこのような会を開いて頂き有難うございました。

中途退社の場合

本日はこのような会を開いて頂き誠に有難うございます。
また、先程は〇〇様はじめ、皆様から身に余るお言葉を頂き、恐縮しております。
〇〇するという私の身勝手で、本日限りで退社を迎えることとなりました。
突然のことで皆様に御迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
早いもので入社してから〇年になります。
皆様方には多大なるご支援、ご指導ともにしていただき、感謝の念に耐えません。
〇月での成績を挙げることが出来たのも、皆様のご指導あってのことです。
育てていただくばかりで、何の恩返しもすることの出来ないまま本日を迎えてしまいました。
しかし、この〇〇社で過ごした日々は私の糧となっていることと間違いありません。
今後は〇〇社で培った〇〇の精神を、生かしていこうと思います。
本日はこのような会を開いて頂き大変ありがとうございました。
〇〇社や皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

まとめ

ここまで送別会の送られる側の挨拶を中心にご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
送別会は会社の皆が送られる側の人を総出で送る会であります。
もちろん、手間も労力もかかるものでしょう。
主人公であるからこそ、皆への感謝の気持ちを忘れないようにしながら、送別会を過ごせたら良いですね。