Pocket

この記事の所要時間: 536

春になると新生活!新生活に合わせて引っ越しをされる人も多いはずです。新しい家を探すのってワクワクしますよね。しかし、家を見つけて「さあ!スタート!」ではなく、そこからは引っ越し作業が待っています。家を探すまではスムーズにいっても、いざ引っ越し作業となると重い腰を上げるのに時間がかかるものではないでしょうか。
私も人生で引っ越しは5回していますが、荷詰めはギリギリまで出来なくていつも数日前に夜なべをして荷詰めしたものです。。。そして、今回6回目の引っ越しをしますが家探して燃え尽き症候群状態となり、なかなか引っ越し作業にはいれません。
そこで、今回は引っ越しの手続きチェックリストにまとめていきたいと思います。

1週間前以上に必要な手続き・やるべきこと

“引っ越し”といっても、荷詰めをするだけではありません。家族で引っ越しをしていた頃はそれだけでよかったはず…ですが、一人暮らしや自分が家族を持ったとき、荷詰め以外にもいろいろとやるべき事が出てきます。
転居後に快適な新生活を始められるように準備しておく事が大切です。それでは確認していきましょう。

1ヶ月前

引っ越し業社を決めましょう。
→見積もりは何社か出してもらい、値ごろ感や自分に合うオプションなどを踏まえて決めるとgood☆

3週間前

電話の移転・ネット転移の手続きをしましょう。
→使用している又はこれから使用するプロバイダーに電話をして、引っ越しをする旨を伝えましょう。ネット開通には工事が必要な場合があり、早めに予約をしておかないと工事までに時間がかかってしまいます。気をつけましょう!

粗大ゴミの収集依頼・リサイクルショップに確認しましょう。
→新居に必要がないもので大きなものであれば粗大ゴミの収集を依頼するかリサイクルショップで引き取ってもらえるか確認しておきましょう。粗大ゴミに出すとお金がかかりますが、リサイクルショップであればその分のお金が手に入るかもしれません。うまく利用して、新生活に備えましょう!

2週間前

住所変更の手続きをしましょう。
→引っ越す日から2週間前には手続きが出来るようになります。役所に行き、手続きすると転出証明書をもらえるので保管しておきましょう。*印鑑を忘れずに持っていきましょう!

荷詰めを始めましょう。
→日常的に使わないものから荷詰めをしていきましょう。荷造りをしていると不要なものも出てくると思います。2週間前から始めていれば一通りのゴミ回収のチャンスが最低2回はあるのでゴミがたまる事を防げます!

10日前に必要な手続き・やるべきこと

ここまでくると少しホッと一息…いえいえ!ここでホッとし過ぎるとやる気スイッチをONにするのが大変です!このまま引っ越し当日までノンストップでやることをやってしまうことをおすすめします!筆者は現在、ここで一息つきすぎて引っ越し作業が全く進んでおりません…。みなさんはそうならないように気をつけて、やっていきましょう!!!

1週間前

郵便局に手続きに行きましょう。
→最寄りの郵便局に行き、転出届けを出しておくと1年間は無料で郵便物を転送してくれます。忙しくて住所変更が間に合わなくても1年間は旧住所に届く郵便物が新居に届くので一安心です!1年の間にきちんと住所変更の手続きは済ませましょう!

荷詰め、大変ですよね・・・段ボールは足りていますか?段ボールが足りなくなったとき追加で送ってもらうにも時間が必要になります。場合によっては、当日に追加の段ボールがくることもありバタバタしかねないので注意しましょう!

前日~2,3日前に必要な手続き・やるべきこと

前日〜3日前

ライフラインを整えましょう。
→電気・ガス・水道・NHKに連絡をして、転居する事を伝えましょう。同時に新居の管轄にも連絡をして、開通の依頼をしておきましょう!ガスは立ち会いが必要になるので気をつけましょう。

あとは当日を待つのみですね!荷詰めは順調ですか?転居後すぐに必要になるもの、

  • 簡易的なお掃除道具(雑巾やクイックルワイパーetc…)
  • ティッシュ・トイレットペーパー
  • 充電器

など、段ボールにいれてしまうと見つけるのが大変かも?というものをバッグや袋にいれておくと便利です!自分で新居に持っていけばすぐに掃除が始められます。
段ボールにどこにおいてほしいかなどあらかじめわかりやすく書いておけば、引っ越し後の片付けもスムーズにいくのでおすすめです。リビングは1、キッチンは2クローゼットは3など振り分けておき、業者さんに伝えるのも良いと思いますよ!

とてもわかりやすい引っ越しの仕方を紹介している動画がありましたので、良ければご参考にしてください!

引越し後に必要な手続き・やるべきこと


段ボールだらけの家の片付けをするのにてんてこ舞いだとは思いますが、まだまだやらなければいけない事があります。でも、これが終われば晴れて新生活スタートです!それではいってみましょう!

当日

時間には気をつけましょう。
→荷出しはもちろんですが、ガスやネット開通の工事で立ち会いが必要になるものもあります。くれぐれも時間には気をつけましょう。前日の夜中まで荷詰めをしていて、引っ越し業者のインターホンで目覚めた筆者がいうので間違いありません…。

当日以降

住所変更の手続きは抜かりなく行いましょう。
→運転免許証の住所変更・役所への転入届提出(転出証明書を忘れずに持っていきましょう!)・銀行の住所変更を行いましょう!

荷解き完了後

段ボールの回収依頼をしましょう。
→荷解きしても、しても、片付かないのは段ボールのせいです!所定のゴミの日に出すのもいいですが、引っ越し業者に段ボール回収してもらえるのであらかじめ頼んでおくと良いでしょう。

まとめ

新生活をスタートさせるにもやる事が多いものです。
慣れない事で頭がパンクしそうになるかもしれませんが、落ち着いてひとつひとつ片付けていけばうまくいきます。

  • 引っ越し業者を決める。
  • 転出届を出す。
  • 郵便局で住所変更をする。
  • 電気ガス水道などのライフラインの手続きをする。
  • 諸々の住所変更をする。

この5つを忘れずにし、荷詰めと荷解きをすれば、晴れて新生活です!
引っ越しを成功させて、心機一転新しい生活を始めましょう!