Pocket

この記事の所要時間: 952

次に人気の記事はこちら!
6月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意点
8月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
9月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例

 

7月の時候の挨拶についてはこの時期を読めば完璧です!

 

ビジネスシーンでの、手紙やメールでのやりとり。
直接会わないからこそ、手紙やメールのマナーはとても重要となってきますよね。

その中でも、注目したいのが「時候の挨拶」についてです。

時候の挨拶は、その時々に合わせた季節の言葉を盛り込むのがきまりとなっています。
そうは言われても、どんな季節の言葉を盛り込んで良いのか迷ってしまう…
そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、時候の挨拶に使う季節の言葉は、月によっても
「初旬」「中旬」「下旬」と、使って良い言葉が異なったりもします。

今回の記事では、「7月」の時候の挨拶に焦点を当てて、
例文とともにご紹介していこうと思います。

時候の挨拶をよく知らないという方も、

なにか表現を探しているという方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

時候の挨拶って?

手紙やメールを書く上で必要となってくる書き方のマナーの1つ、それが時候の挨拶です。
その時に合わせた季節の言葉を盛り込むのが基本となっています。
「拝啓」などの頭語の後に、時候の挨拶は続けます。
季節の言葉を盛り込んだ挨拶をすることによって、相手をねぎらったり、親しみを持ってもらったりすることができます。
時候の挨拶は、手紙を受け取った人からの印象を大きく左右するものでありますから、注目したいポイントですね。

7月の時候の挨拶をご紹介!

それでは、7月の時候の挨拶を10の例文とともにご紹介していこうと思います。
7月といえば、梅雨も明けて本格的に夏の暑さが到来する頃です。

7月は夏の最も暑い時期ともされています。
ですから、相手の健康を気遣う言葉や、涼しげな言葉を入れ、
せめて手紙で爽やかな気持ちになってもらうよう言葉を選ぶのも良いと思います。

1、太陽の眩しい季節となってまいりました。
2、梅雨明けの待たれる今日このごろ…
3、夏の暑さも本格的となってまいりました。
4、青空に真っ白な入道雲が映える時期となりました。
5、うだるような暑さの日々が続きますが…
6、今年の夏は特別厳しいように感じられますが…
7、朝から響く蝉の鳴き声に、本科的な夏の到来を感じます。
8、七夕飾りが風に揺れる季節となりました。
9、蝉の声に夏を感じる季節となりました。
10、外は猛暑、社内は冷房と、体に早い時期ですが…

その他、7月を意味する言葉として
・文月
・七夕月
・七夜月
・愛逢月(めであいづき)
・女郎花月
・涼月
があります。

 

7月の時候の挨拶の意味を解説!

それでは先に挙げました10の時候の挨拶の意味を解説していきましょう。

【7月の時候の挨拶】No.1 太陽の眩しい季節となってまいりました。

7月上旬は梅雨も開ける頃。
やっと太陽が顔を出し、本格的な暑さの到来する時期です。
太陽のまぶしい季節、という表現は7月上旬にぴったりの表現ではないでしょうか。
太陽の表現と合わせるように、この後に「〇〇様もご活躍のことと存じます」と重ねてみてはいかがでしょう。

【7月の時候の挨拶】No.2 梅雨明けの待たれる今日このごろ。

こちらは1とは異なり、まだ梅雨が続いている場合に使いたい時候の挨拶ですね。
こちらも7月上旬に使える時候の挨拶です。
「いかがお過ごしでしょうか」と続けて相手を気遣うのも良いですね。

【7月の時候の挨拶】No.3 夏の暑さも本格的となってまいりました。

夏の暑さが本格的になってくる7月。
心躍る気持ちもありますが、なかなか夏の暑さは大変なものです。
「〇〇様に置かれましてはご壮健で暑さを乗り切っておられることと存じます」と、続けて相手を気遣うように言葉を続けると良いでしょう。
普通なら「心配」をするところを、「暑さを乗り切っておられる」といったようなポジティブな表現をするのも良いかもしれませんね。

【7月の時候の挨拶】No.4 青空に真っ白な入道雲が映える時期となりました。

入道雲と青空は夏の象徴でもありますよね。
爽やかなこの時候の挨拶には、「貴社におかれましては益々ご健勝のことと存じます」と、プラスの言葉を重ねて続けてみてはいかがでしょうか。

【7月の時候の挨拶】No.5 うだるような暑さの日々が続きますが…

7月の中旬から使いたい時候の挨拶です。
「夏負けなどなさらないよう、お祈り申し上げます」と、相手を気遣う言葉を添えられると良いでしょう。

【7月の時候の挨拶】No.6 今年の夏は特別厳しいように感じられます。

7月中旬から使っていきたい時候の挨拶ですね。
7月でも特別暑い年に使いましょう。
この時候の挨拶に続けるとしたら、「くれぐれもご自愛ください」と、相手を気遣う言葉を続けられると良いですね。

【7月の時候の挨拶】No.7 朝から響く蝉の鳴き声に、本科的な夏の到来を感じます。

7月は蝉も鳴き始める頃合いです。
7月中旬から使っていきたい時候の挨拶ですね。
「貴社におかれましてはいかがお過ごしでしょうか」と続けて相手を気遣うのはいかがでしょうか。

【7月の時候の挨拶】No.8 七夕飾りが風に揺れる季節となりました。

7月7日の七夕飾りを飾る時期に使える時候の挨拶でしょう。
具体的な季節のイベントの言葉が入ることで、手紙やメールを受け取る側もイメージのしやすい時候の挨拶となります。
「皆様お変わり無くお過ごしのことと存じます」と、続けるのが良いでしょう。

【7月の時候の挨拶】No.9 朝のラジオ体操の声に、元気をもらうような今日このごろです。

7月の下旬はちょうど学校の夏休みに入ります。
夏休みといえば、公園に集まってラジオ体操をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。
どこか微笑ましいような時候の挨拶は、きっと読み手に親しさを持っていただけることでしょう。

【7月の時候の挨拶】No.10 外は猛暑、社内は冷房と、体にはやい時期ですが…

7月中旬ころから使いたい時候の挨拶です。
夏の暑さにばかり気を取られがちですが、夏の暑さには冷房がつきものですよね。
「お風邪などを召しませんよう、ご自愛ください」と相手を気遣う言葉を続けると良いでしょう。

7月の時候の挨拶をさらに細かく使い分ける

ここからは少し踏み込んで、7月の時候の挨拶における表現を細かくご紹介していきます。

7月上旬に使える言葉

・小暑
7月7日頃の時期は小暑とされています。
「もうすぐ小暑」「小暑を迎え」といったように使うと良いでしょう。
手紙が届く時期を考えて、前倒しで使っても良い季節の言葉ですね。

・七夕、天の川、星祭
こちらも、7月7日頃まで使える言葉です。
小暑と同様な使い方をすると良いでしょう。

・朝顔市
7月6日から3日間が入谷の朝顔市の時期とされています。
しかし、朝顔市は7月の時期ですが、朝顔は秋の季語とされていますので注意が必要ですね。

・海開き、山開き
例年7月1日ごろとされています。
「海開きの季節となりました」といったように使うと良いでしょう。

7月中旬に使える言葉

・ほおずき市
浅草のほおずき市は毎年7月中旬頃とされています。
地域に限定されるので、その点に気をつけて使用したい季節の言葉です。

・土用の入り
20日が土用の入りとされています。
土用は最も暑い時期ともされています。
夏バテなども起こる時期とされ、相手を気遣う言葉を続けられると良いでしょう。

・海開き
毎年7月の第3月曜日が海開きとされています。
中旬~下旬にかけて使いたい言葉ですね。

7月下旬に使える言葉

・大暑
7月23日ごろに使える言葉です。
「大暑の候」といったような表現をしても良いですね。

7月全体で使える言葉

・盛夏
・猛暑
・酷暑
・炎暑
・暑中見舞い(7月7日~8月8日)
…などがあります。

季節の言葉を使う時期を間違えてしまうと、相手に失礼となってしまいます。
言葉の使える時期に気をつけながら、時候の挨拶を考えてみてくださいね。

7月の時候の挨拶 NG例-こんなミスには注意が必要-

間違えやすい言葉の1つとして「朝顔」が挙げられます。
朝顔は、小学校で育てた経験のある方も多いのではないでしょうか。

観察日記を夏休みに付けた、なんて思い出もあるかもしれません。
また開花時期も、梅雨明けがピークとされています。

しかし、そのイメージとは裏腹に、朝顔は「秋の季語」とされています。
「朝露弾く朝顔のブルーが鮮やかな季節になりました」
といった時候の挨拶は、一見夏らしく見えても、秋の季語を使っているのでなんだかチグハグです。

季語を間違えてしまうと、相手に失礼になってしまうことがあるので、
予め「その季節の言葉がいつの季語か」を調べておくことが大切かもしれませんね。

ビジネスレターで特に気をつけること

ビジネスレターは、相手が仕事で忙しい中時間をとって読んでもらうものですから、
簡潔で、わかりやすくなければなりません。

読み手の立場に立って、どうすればわかりやすくなるか考えながら書くと良いでしょう。
メールの場合は、タイトルは内容がわかりやすいように書き、
内容は1つのメールに付き1件に留めましょう。

相手の名前や会社名は間違えないようにするのも基本ですね。
また、曖昧な表現は除き、「社員」や「従業員」などといった言葉も表現を変えたりせずに言葉を統一して下さい。

ビジネスレターは読みやすさが一番ですから、
箇条書きにできることは箇条書きにし、結論をわかりやすく述べることが大事です。

まとめ

ここまで「7月の時候の挨拶」についてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。
7月は1年の中でも最も暑い時期ともされており、「暑さ」についての表現が多く見られましたね。

ご紹介した例文の他にも、素敵な時候の挨拶の表現はたくさんあると思います。
季語の時期に注意しながら、相手と時期に合わせた時候の挨拶を考えてみてはいかがでしょうか。

 

時候の挨拶についての他の記事はこちら!
1月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文集
2月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
3月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意点
4月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意したい言葉
5月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意点
6月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!と注意点
8月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
9月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
10月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文
11月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例
12月の時候の挨拶(ビジネス編)一目置かれる素敵な例文集10選!とNG例文

スポンサーリンク