Pocket

この記事の所要時間: 837

日頃の母親の苦労を労り、感謝の気持ちを母に伝える日である母の日。
カーネーションを母の日に母にプレゼントしたことがある、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
母の日は、日頃なかなか伝えられない「感謝の気持ち」を母に伝えることが出来る、とても良い日ですよね。
でも、なぜカーネーションを母の日にプレゼントするかご存知ですか?
また、どうして母の日が始まったのか、知らない方がほとんどでしょう。
今回の記事では、「母の日」に焦点を当てて、母の日の由来やプレゼントなどについてご紹介していきます。

母の日とは?

まずはじめに、そもそも母の日とは何なのかについてお話しますね。
母の日は、母親に日頃の感謝を伝え、労う日とされています。
母の日はゴールデンウィークが終わってすぐくらいでしょうか。
毎年5月の第2日曜日を母の日としていますね。
アメリカやドイツ等の諸外国でも、母の日は同様に5月の第2日曜日とされています。

ちなみに、2018年の母の日は、5月13日です。
忘れずに覚えておきたいですね。

母の日の由来

次に母の日の由来についてご説明していきますね。
母の日は、実はアメリカにルーツがあります。

母の日のはじまりは、南北戦争中にあるとされています。
ウェストバージニア州のアン・ジャービスという女性が「母の仕事の日(Mother’s Work Day)」として、戦時中の「敵味方問わず、負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させる」という活動がもととなっているそうです。
アン・ジャービスさんは、ボランティアで地域の医療補助活動をしていました。
当時兵士たちの間で「チフス」「はしか」の病気が流行っていたのを、南北の兵士どちらも関係なく手を差し伸べていたようです。
アン・ジャービスさんは南北戦争後にも、平和活動や子供たちへの教育支援などの活動を続けていましたが、1905年5月9日に亡くなりました。

アン・ジャービスさんが亡くなった2年後の1907年5月12日に、娘であるアンナさんが、生前母が教師をしていた教会で、偲ぶ記念会を開きました。
その時アンナさんは、母親が好きだった「白いカーネーション」を教会に贈ったとされています。
これが、アメリカや日本の母の日の起源とされています。

アンナさんの母親を想う気持ちに感動した人々は、母を想う日の大切さを深く感じ、翌年の5月10日に教会に人々が集まり、最初の「母の日」を祝ったようです。
アンナさんはその時、白いカーネーションを参加者全員に手渡しました。
このことから、「白いカーネーション」が母の日のシンボルとなったようですよ。

そこから1914年に、正式に「母の日」がアメリカの記念日となり、5月の第2日曜日に定められました。

日本では、1913年にアンナさん本人から青山学院にメッセージが届き、「母の日」が始まるようになりました。
当時の青山学院の女性宣教師たちは、熱心に働きかけ、日本に「母の日」を広めていくことになります。

何度か母の日を定着させようという動きはあったものの、なかなかうまく行きませんでした。
しかし、昭和11年(1937年)、お菓子のメーカーである森永製菓が各団体に呼びかけ、「母の日中央委員会」を設立します。
翌年には、「母を称える歌」を公募し、5月8日に第1回「森永母の日大会」を開催しました。
森永母の日大会には、20万人ものお母さんたちが無料で招待され、会場である豐島園(遊園地)の無料入場券や森永のお菓子引き換え券、ふくびき券などを招待券に付けたそうです。
園内では母を称える式が行われ、子供たちと楽しく過ごすお母さんたちで賑わったのだとか。

その様子が新聞、雑誌などのメディアで大きく取り上げられて、母の日は日本中へと広がることとなったのです。

なぜカーネーションを贈るの?

カーネーションを贈るというルーツは先に述べましたアメリカのアン・ジャービスさんにあることがわかりましたね。
でも、娘のアンナさんが贈ったのは「白いカーネーション」でしたよね。
現在ではなぜ「赤いカーネーション」なのでしょうか。

 

それは、娘のアンナさんが「亡き母」であるアン・ジャービスさんに白いカーネーションを贈ったのが理由です。
母の日が広まるにつれて、母が健在であれば「赤い」カーネーションを、亡き母を偲ぶのであれば「白い」カーネーションをという流れになったようです。

それから時は流れ、「赤と白」という区別を生むことや「母親が亡くなった子供」への配慮を含めた結果「赤いカーネーション」が一般化したようですよ。

カーネーションの色とその意味

カーネーションは母の日の出来事も会って、共通として「女性の愛、純粋な愛情」という意味の花言葉を持ったようです。
近頃はカーネーションにもいろいろな色があります。
カーネーションの色によっても、その花が持つ意味合いは変わってくるようです。
ここでは、カーネーションの色とその意味についても触れてみましょう。

・赤
定番の色である赤は、「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」「真実の愛」などの意味を持っています。
一番赤の色が「母親への直接的な想い」が込められているようですよ。

・深い赤
同じ赤でも、暗めの赤は「心に悲しみを」という意味になってしまうようです。
だからカーネーションを選ぶ際は色の明暗にも注意したいですね。

・ピンク
可愛らしいピンクという色のカーネーションは、「感謝」「温かい心」「美しい仕草」「貴賓」という意味があるそうです。
ピンクのカーネーションも、母の日にプレゼントするのにピッタリでしょう。

・オレンジ
オレンジのカーネーションだと、「熱烈な愛」「純粋な愛」など、どちらかというと恋人に贈るようなニュアンスが強いですね。お父さんから妻であるお母さんに渡すのが素敵だと思いますよ。

・黄色
見た目は可愛らしい印象ですが、実は良くない意味の花言葉を持っています。
「軽蔑」「嫉妬」など…
贈る際には気をつけたいカラーですね。

・青
遺伝子組換えや着色などで作られるカーネーションですが、「永遠の幸福」というとても良い意味の花言葉を持っています。
冷たい印象の色合いですが、貰って嬉しい花言葉のカーネーションでしょう。

・白
母の日が始まった時のカーネーションの色ですね。
昔は亡くなった方に贈るという意味がありましたが、今は「私の愛情は生きている」「尊敬」といった意味があるようですよ。
勿論、偲ぶ意味で亡くなった母親に贈るのも良いでしょう。

 

・紫
昔から紫は「高貴」な色とされていました。
「誇り」「気品」といった、少し洒落た印象の意味を持ったカーネーションです。
白と同様、亡くなった母親を偲ぶ花としても良いですね。

カーネーション以外でおすすめの贈り物

カーネーション以外で喜ばれる母親への贈り物をご紹介しましょう。
洋服やアクセサリー、コスメ等も喜ばれるようですね。
男性が選ぶのは、母親の好みもあるので難しいかもしれませんが、娘さんだったら、よく母の好みを把握しているのではないでしょうか。
家族で選びに行くのも良いですね。

 

また、健康やリラックスグッズも喜ばれるようです。
マッサージ機や、アロマオイル、バスソルトも華やかで素敵でしょう。

物以外にも、喜ばれるプレゼントはありますよ。
一緒に「少し良い料理店」の食事に行く、というのも喜ばれるプレゼントの1つです。
家族揃って、母にお洒落をさせて出かけるのも良いでしょう。
その他、旅行をプレゼントするのもいいですね。
家族皆で、ではなく「夫婦揃って」の宿泊券プレゼントも喜ばれるのではないでしょうか。

世界各国の母の日

国によって起源や日にちは違えど、母の日は色んな国であるようです。
その様子を少しご紹介しますね。

・イギリス
イギリスはイースターの2週間前の日曜日が母の日とされています。
17世紀に始まったとされ、奉公中の子供が母親と教会で面会するなどの行事が行われていたそうです。

・オーストラリア
菊を英語で言うと「chrysanthemum」と言います。略すると「mum」(マム)となり、母親を意味する英語の音と一緒になることから、カーネーションではなく、菊の花をプレゼントするようですよ。

・フランス
フランスでは、母の日は家族揃ってお祝いするのが基本です。
家族皆でお茶をしたり、食事を楽しむのが母の日だそうですよ。

・エジプト
エジプトの母の日は3月21日とされています。
エジプトの女性は常にスカーフを巻いているので、母親にはスカーフをプレゼントするようです。
国民的な行事であり、学校でもイベントが催されるそうですよ。

・フィンランド
母の日は、子供が母の日の朝に「ヴォッコ」という野の花を摘んできて母親にプレゼントするという習慣があるようです。
素朴で素敵な母の日の贈り物ですね。

・韓国
韓国では「父の日」「母の日」を一緒に行うそうです。
カーネーションにプラスして、お金や健康グッズをプレゼントするという、なんとも豪華な母の日のようです。

 

・タイ
王妃さまの色が「青」と定められていることから、皆で水色の服を着てお祝いするようです。
タイの人の母の日はとても大事な日であり、どんなに遠くにいても母の日には実家に帰るのだとか。

まとめ

ここまで「母の日」について様々な事柄をご説明してきましたがいかがでしたでしょうか。
母の日のルーツや花の色の意味、世界の母の日について知ることが出来ましたね。
母の日に贈りたいプレゼントについてもご紹介しましたが、実はもらって嬉しい母の日のプレゼントランキングの一位は「カーネーション」なんだそうですよ。
お金をかけて素敵なプレゼントを渡すのもいいですが、やはり母親として嬉しいのは「カーネーション1本」の気持ちのようです。
他のものをプレゼントする際にも、カーネーションを一本でも添えられると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク