Pocket

この記事の所要時間: 537

大切な方との別れは突然訪れるものです。葬儀や納骨、遺品整理等を終えて、ふと気が付くと、あっという間に「忌明け」を迎えていたという方もいるかもしれません。ここで頭を悩ませる方が多いのが、香典返し。

お通夜や葬式で香典を頂いた方への返礼品なので、失礼の無いように贈りたいですよね。そこで本記事では、香典返しの相場や贈る時期等についてご紹介します。

香典返しを渡す時期はいつが良いの?

香典返しは、お通夜や葬式に参列してくださった方に対して「故人の法要が滞りなく終了したことと、その御礼を伝えるために贈る物」です。そのため、元々は故人の冥福を祈って喪に服す忌服期間が終わった「忌明け」後がお渡しする時期となります。忌明けの時期は宗教や宗派等によって異なるため、事前に確認してくださいね。一般的な忌明けの時期は、下記のとおりです。

仏式

亡くなった日を含めて49日目の「七七日(なななのか/しちしちにち)忌」 。「四十九日(しじゅうくにち)」や「満中陰」等様々な呼び方があります。

命日から3ヶ月にわたる場合、「不幸が身につく(みつき)」との語呂合わせから35日目の「五七日(いつなのか)」とすることもあります。

神式

50日目の「五十日祭」

キリスト教

キリスト教には元々、忌明けという観念はありません。しかし日本では香典返しの習慣が根付いているので、それに準じてカトリックでは30日目の「追悼ミサ」、プロテスタントでは1ヶ月後の「昇天記念日」に挨拶状と香典返しに当たる記念品を贈るのが一般的です。

香典返しは本来故人の法要が終了したことと御礼を伝えるものなので、できれば直接持参してお渡しするのがよいとされます。しかし遠方の場合や直接訪問するのが難しい場合には、挨拶状と共にお送りします。近年では忌明けまで待たず、告別式の後にお渡しする「即日返し」も増えてきています。品物選びの煩わしさがなく、葬儀社で手配できることもあり人気となっているようです。

香典返しの相場はいくら?

香典返しは一般的に「半返し」とされ、香典で頂いた額の半分程度です。これは昔、葬儀が終わると頂いた香典の半分程度が残ったため、お世話になった方にお返ししたり、お寺に寄進したことが由来とされてます。

しかし、生計を支えていた人が亡くなった場合や子どもが未成年・学生の場合には、4割返しや3分の1返しでよいとされます。また、身内や親族から5万~10万円程度の多額の香典を頂いた場合も「葬儀費用への援助」の意味合いがあるので、半返しにこだわらなくても大丈夫です。

 

即日返しでは、香典の額に多少に関わらず全員に2,000円~5,000円程度の同一の品物を用意します。香典返しの倍額以上になるような高額な香典を頂いた方には、忌明けに改めて「お香典の半額から、即日返しの分を引いた程度」の品物をお渡ししましょう。

香典返しはどんなものを選べばいい?

近年ではあまりこだわらなくなってきていますが、香典返しは「不祝儀は残さない方がいい」という考えから、すぐ使って無くなるものを選びます。そのため、一般的にはお茶や砂糖、石鹸等どこの家庭でも使え品物がよいとされています。

「すぐに使って無くなる」とはいっても、現金や商品券、金券といった金額があからさまになるものはNG。目上の方にそれらのものを贈るのは失礼に当たりますし、品物を選ぶ手間を省いたのでは、と快く思われない可能性もあります。ただし、商品券や金券は貰った相手が自由に使えるというメリットもあるので、近しい身内や若い人等、喜んでくれる相手に贈るのはOKです。

 

自分の欲しい品物を選べるという点から、最近では受け取る側がカタログから好きな品物を選んで取り寄せる「フリーチョイスシステム」が増えてきています。香典返しの品物を選ぶ手間が省けることや金額が細かく設定できること、即日返しの場合でも準備数の過不足の心配がないこと等から遺族の支持も集めているようです。

香典返しの「かけ紙」について

香典返しの品物には、白の「かけ紙」をかけて水引を結ぶのが正式ですが、現在では弔事用のかけ紙をかけるだけのことが多いようです。水引の上の「表書き」にはその目的を書き、水引の下には送り主の名前を書きます。なお、水引の色や表書きは宗教や地域によって異なるので注意が必要です。デパート等から香典返しを発送する場合、香典返し用の品物であることをはっきりと伝えれば、かけ紙をかけてもらえます。

・水引:黒白や双銀、黄白(西日本)の結び切り
・表書き:一般的には「志」
・送り主の名前:「○○家」や姓を書くのが一般的。喪主のフルネームを書く場合も

香典返しを返さない場合のマナー

本来香典は「故人へのお供え物」かつ「遺族への金銭的援助」なので、御礼と感謝の気持ちを伝えれば品物での香典返しは不要と言えます。例えば、生計を支えていた働き手を亡くした場合や遺族に未成年・学生がいる場合、香典返しを省略して遺児の教育費に充てることが香典をくださった方々の想いに応えることにもなります。また、故人の希望により福祉施設や社会事業団体に寄付する場合も香典返しをしなくても失礼にはあたりません。

しかし、現在では香典返しをするケースが大半なので、されて当然と思っている方もいます。そのため、お返しをしない場合はその旨と使い道を忌明けに送る挨拶状に記載します。寄付等をした場合、寄付先から貰える礼状や挨拶状をコピーして同封するとよいでしょう。

なお、葬儀の際に弔電だけをくださった方に対しては、相手に負担をかけないためにも品物での香典返しは必要ありません。挨拶状に感謝の気持ちをしたためて送りましょう。

 

挨拶状はどうやって準備するの?

香典を頂いた方に対し、法要が終了したことを報告する挨拶状。記載する内容や文面には決まった形式があるので、一から準備するよりも市販の挨拶状や葬儀社・デパート等の印刷サービスを利用するといいでしょう。また、最近では形式にとらわれず、自身の言葉で挨拶状を作成する場合も増えてきているようです。

一例として、母を亡くした方の挨拶状をご紹介します。

まとめ

大切の方を見送った後はやることが山積みで、忙しい日々が続くと思います。フリーチョイスシステムの香典返しや市販の挨拶状等を上手に活用して、少しでも考えなければいけないことを減らせればいいですね。故人を思い、葬儀に参列してくださった方々への感謝の気持ちと最低限のマナーがあれば、それらは決して「手抜き」ではありません。

スポンサーリンク