Pocket

この記事の所要時間: 641

昔からの言い伝えであることわざ。
風刺や、教訓を意味しているものまで、様々な種類があります。
今回の記事でご紹介していくのは「かっこいい」意味のことわざです。
ここだ!というシチュエーションや、座右の銘などにも使えそうな「かっこいいことわざ」を厳選してご紹介していきます。
詳しい解説と例文もご紹介しますので、この記事で「かっこいいことわざ」を覚えてみてくださいね。

かっこいい!ことわざ10選とすぐに使える例文集

ではさっそく、「かっこいい」意味のことわざを紹介していきます。
使っている字が「かっこいい」ものから、意味が「かっこいい」もの、口に出して言うと「かっこいい」もの…
様々な「かっこいい」を集めましたので、ぜひお気に入りを見つけてみて下さい。

1、天は自ら助くる者を助く

意味は、「人に頼らずに自分自身で努力する人には、必ず天の神様が助けてくださり、幸福をもたらす」ということです。
怠惰な者には、幸福は訪れないという意味もありますね。
出典は「自助論」という、1859年発行のサミュエル・スマイルズの本です。
英語の「Heavem helps those who help themselves」の訳とされています。
外国のことわざが日本語訳されて、日本でも使われるようになったようですね。
努力する自分を励ます言葉として使いたいことわざですね。

例:「今すぐには努力は実らなくても、天は自ら助くる者を助くという。必ず良い結果になるはずだ」

2、能ある鷹は爪を隠す

実力や才能のある者は、軽々しくそれを見せつけることはしないという例えです。
「有能な鷹は、標的となる獲物に知られないように、普段は鋭い爪を隠しておき、相手を油断させる」という意味が転じて、いざという時だけその実力を発揮することを意味するようになりました。
英語にも似たようなことわざがあります。
「cats hide their claws.」
「猫は爪を隠す」という意味です。
優れた能力の持ち主であるほど、普段その実力を見せびらかしたり、自慢しないということですね。
クールな印象のこのことわざは、自分の目標にしたり、人を褒める言葉として使いたいですね。

例:「彼は実力がとてもあるのに、普段偉ぶった様子はない。正に能ある鷹は爪を隠すということだろう」

3、災い転じて福となす

自分の身にふりかかった災難や失敗をうまく利用して、逆に自分が有利な状況になるよう工夫することです。
厄介事が転じて、良いことになるという意味としても使われますね。
このことわざのルーツは中国の「戦国策」「史記」といった書物だそうです。
少しトリッキーなこのことわざは、自分がピンチな状況に陥ったとき「気合を入れ、よりよい状況にする」という意味で使うと良いかもしれません。
ピンチをチャンスに変える。そんな意味のことわざです。
ネガティブな気持ちからポジティブな気持ちに、切り替えたい時にも使いたいことわざです。
口に出して使うだけでなく、心に留めておき、思い出すということわざの使い方も良いですね。

例:「災い転じて福となすという。この不利な状況を、有利な状況に変えてみせる」

4、花は桜木、人は武士

「花の中では桜が一番であり、人だと武士が優れている」という意味のことわざです。
花は桜が最も美しい。人も桜と同じように「ぱっと咲いて、ぱっと散る」死に際の美しい武士が最も優れている、ということですね。
なぜ「武士」なのかというと、礼節を大事にし、武士道を誇りにしているのも理由の1つだそうです。
昔の人からしたら「武士」が立派で格好良い存在だったようですね。
このことわざを使うとしたら、例としてこんなものはいかがでしょうか。

例:「最後の大会では負けてしまったけれど、花は桜木、人は武士。潔くこの部活を去ります」

5、和を以て貴しとなす

何事も皆が仲良くし、いさかいを起こさないことが良いということ。
人々がお互いに仲良く、調和していくということが最も大切だという教えです。
聖徳太子が制定した憲法十七条の第一条に出てくる言葉です。
中国の礼記もルーツとされていますね。
体裁だけで、表面上仲良くするのではなく、自分にも人にも正直にし、不満があればそれをぶつけ合って理解することが大事とされています。
チームの標語としても良いことわざですね。

例:「和を以て貴しとなす。チームを良くするためにもお互いに正直に意見を出し合おう」

6、命に過ぎたる宝なし

その言葉の通り、「命よりも大切なものはない」という言葉ですね。
なにかピンチに陥った時に励ます言葉として、怪我など一命をとりとめた時に安堵の気持ちを伝える言葉として使いたいことわざですね。

例:「失敗して色々なものを失ったけれど、命に過ぎたる宝なし。生きている限り前を向いて進もう」

7、怒りは敵と思え

相手に怒りを持ってしまうと、必ず相手から自分に対しても怒りや憎しみを持たれてしまうということをいいます。
怒るということは、結局自分自身に良いことをもたらさない。
よって、怒りは自分自身の的であるという意味です。
徳川家康の遺訓のひとつとされています。
心を平穏に保ちたい、なにかカッとなってしまいそうな時に思い出したいことわざですね。

例:「相手からとても腹立たしいことをされたが、怒りは敵と思えであり、一時の感情に流されてはならない」

8、為せば成る、為さねば成らぬ何事も

できそうにないことも、その気になってやり通せば出来るという意味のことわざです。
どんなことでも強い意志を持って取り組めば必ず成就する。
…そういったような、やる気の大切さを表したことわざですね。
武田信玄が、「為せば成る、為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨つる人の儚さ」という歌を詠んだのが言葉の始まりとされています。
座右の銘や、自分自身を奮い立たせる時に使いたいことわざです。

例:「為せば成る、為さねば成らぬ何事も。何事もやってみることが大切だ」

9、弘法筆を選ばず

本当の名人ならば、道具の良し悪しなど気にしないというたとえです。
能書家の弘法大師は、どんな筆でも立派に字を書くことから、その道の名人や達人は材料や道具のことで文句を言わず、見事に使いこなすことを意味しています。
また、下手なものが、道具のせいにするのを戒める言葉でもありますね。
その道のプロが、普段一般の人々と差がないもので見事な仕事をした時、褒め言葉として使いたいですね。
また、そう言われる人物に成ることを目標としても良いでしょう。

例:「弘法筆を選ばずというように、どんな場所や環境でも良い作品を作るようにしたい」

10、思い立ったが吉日

何かしようと決めた時、その決めた日を吉日として、すぐに取り掛かるのが良いという意味のことわざです。
何か始めようと思ったら、日取りを選ばずにすぐにでも始めるのが良いという教えです。
吉日とは、縁起の良い日とされています。
このことわざでは、物事をするのに良い日という意味で使われてますね。
ひらめきの勢いを大事にしたい時に掲げたいことわざでしょう。

例:「思い立ったが吉日だ。今日から〇〇に取り組むことにしよう」

まとめ

ここまで「かっこいい」意味のことわざを10挙げてきましたが、いかがだったでしょうか。
選んだ基準としては、「口に出したらかっこいい」「座右の銘としてかっこいい、洒落ている」「字の並びがかっこいい」の3点で選びました。
何か気に入ったことわざはありましたでしょうか?
ことわざは、昔の人の知恵や教えがつまった言葉です。
ぜひ、これから生活していく上のヒントにしても良いですし、自分の心に留めておき、時折思い出しても良いでしょう。
ことわざの使い方は人それぞれですが、きっと生活を一段と豊かにしてくれるものだと思いますよ。