Pocket

この記事の所要時間: 626

4月は入学式の季節。
子供の成長を実感するイベントの1つとして、小学校の入学式がありますよね。
小学校の入学式は子供の初の晴れの式典といっても過言ではないでしょう。
新しいランドセルを背負って登下校する子供の姿を思うと、親としてもなんだかワクワクしてしまうのではないでしょうか。
しかし、ここで気になってくるのが「入学式の子供の服装」について。
一体どんな服を着せたら良いのか、なにか決まりがあるのか等、悩んだり、そわそわしてしまうお母さんもいると思います。
今回の記事では、男の子の入学式の服装に焦点を当てて、具体的な服装例や注意点などをご紹介していこうと思います。
ぜひ、この記事をヒントに息子さんの入学式の服装を考えてみてくださいね。

基本的なマナー

基本的なマナーとして、入学式は式典ですから、フォーマルスタイルやセミフォーマルスタイルで参加するということがあります。
ジーンズなどのカジュアルスタイルではなく、子供でもきちっとしたスーツで参加させてあげるのが子供のためでしょう。
しかし、具体的な服装については明確に定められてはいません。
中には、「周りから浮かないために黒や紺、グレーにしておいたほうがいい!」「そのほうが子供のためにもなる!」という意見もありますが、あまり関係ないのが実のところです。
一日限りの晴れの日、子供にもお洒落をさせて良いのではないかというのが私の意見です。
1年生の子供にとって浮く、浮かないは関係のない話ですからね。
かといって、ピンクのスーツを着せるというのは極端な例です。
男の子ですから、黒やグレーももちろんですが、寒色系のカラーでまとめてあげたら、きっと喜ぶのではないでしょうか。
ぜひ、母親の判断だけではなく、子供本人の意見も取り入れられたら、素敵な入学式を迎えられることでしょう。

また、気になるのはスーツだけでなく、ズボンの丈もあると思います。
こちらも明確な決まりはありません。
あえて言うならば、膝丈の半ズボンは小学校入学の今の時期が一番似合うでしょう。
お勧めしたいズボンの丈の1つです。
個人的にあまりおすすめでないのは、くるぶし丈のズボンです。
大人が着るぶんには、足元のお洒落を強調させ、お洒落にみえるズボンですが、子供の場合、つんつるてんに見えてしまうこともあります。
かといって、裾がずるずるとひきずるようでは格好が悪いですよね。
ぜひ、スーツは「大きくなっても着れるように…」などと妥協せず、今の子供にピッタリのサイズのものを選んであげてくださいね。

男の子のスーツコーディネート例

ここからは、具体的に入学式の男の子のスーツコーディネートをご紹介していきます。
ぜひ、これをヒントに入学式のコーディネートを考えてみてくださいね。

無難なグレーのスーツコーディネート

・ジャケット(グレー)
・パンツ(グレー、長い丈)
・ベスト(グレー、ニットでも可)
・シャツ(ドット有りのもの)
・ネクタイ(ブルー、無地)
・靴(黒のローファー)

このコーディネートはスーツの代名詞といっていいものでしょう。
スーツの上下とベストの生地をあわせても素敵ですね。
シャツをドットにすることで、遊びも入れています。
ネクタイは男の子の好きなブルーを入れては如何でしょうか。
靴は黒のローファーで引き締めましょう。

チェックのハーフパンツコーディネート

・ジャケット(緑のタータンチェック)
・パンツ(緑のタータンチェック、ハーフパンツ)
・シャツ(白)
・ソックス(白のソックス)
・ネクタイ(エンジ)
・靴(茶色のローファー)

こちらは、一見目立ちがちかもしれないコーディネートですが、緑のタータンチェックは以外にも落ち着いて見えるものです。
また、ブラウンのチェックもトラディショナルな雰囲気が出るので、入学式の式典の場にもおすすめできます。
反対色のエンジのネクタイが映えることでしょう。

黒の落ち着いたモノトーンコーデ

・ジャケット(黒)
・パンツ(黒、長い丈)
・チーフ(グレー、サテン等光沢のある物)
・シャツ(グレー)
・サスペンダー(黒)
・ネクタイ(黒と白の格子模様)
・靴(黒のローファー)

こちらはサスペンダーを使った少しトラディショナルライクなスーツのコーディネートです。
チーフや、柄ネクタイ等の小物を入れて、ワンランク上の着こなしを演出しています。
こちらはハーフパンツでもよく似合いそうですね。
ハーフパンツの場合は黒のソックスにしておくと良いでしょう。

スクールライクなスーツスタイル

・ジャケット(紺、ダブルボタンのもの)
・パンツ(グレー)
・シャツ(白)
・ベスト(白、アイボリーのニットベスト)
・ネクタイ(ストライプの蝶ネクタイ)
・靴(茶色のローファー)

こちらは、少しスクールライクなフォーマルスタイルです。
白のニットベストもどこか清楚な印象を与えてくれます。
ネクタイは蝶ネクタイを選ぶと、垢抜けて格好良くきまりますよ。

ワンランク上の着こなしをするには?

子供用スーツと言っても、少しお洒落さを出して他の子との差をつけたいお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
子供の入学式のスーツコーディネートをよりお洒落にするためのポイントをいくつかご紹介していきますね。

子供の入学式のスーツは、主人公が子供なことも相まって、大人の式典用の装いよりずっと自由度が高いです。
華のある装いで入学式を飾りたいですね。

ポイントの1つ目としては、スーツのポケットにチーフを入れるということです。
色の少ないスーツでしたら、ネクタイやチーフに色を入れてもいいですね。
光沢のある者だと、華やかにきまります。

ポイントの2つ目は、柄を入れること。
シャツにドットや格子模様を入れてもお洒落に決まりますし、ネクタイやチーフに入れても良いでしょう。
メインのスーツにドットやチェックのものを取り入れても華やかですね。
注意したいのは柄と柄が重ならないように、ということです。
例えば、スーツも柄でシャツも柄で、ネクタイも柄のものだと、なんだか全体の印象がごちゃごちゃしたものになってしまいます。
柄を入れるアイテムは1つくらいに押さえておきましょう。
(ネクタイとチーフで柄を揃えるのはOK)

3つ目のポイントは、靴や靴下。足元の装いについてです。
ハーフパンツの場合は、靴下が見えるため、靴下に色を入れても良いでしょう。
黒や白が無難ですが、暗めのエンジや、深緑のハイソックスをはいてもお洒落でしょう。
また、イギリス由来の足元の装いとして、レッグガーターといったものがあります。
靴下のずり落ちを防ぐアイテムですが、お洒落の1つとしてイギリスでは確立されてますね。
また、靴の色についてもスーツに合わせて考えてみましょう。
黒のローファーを選びがちですが、ネクタイのエンジと合わせて靴も暗いエンジにしても良いですね。
ローファーだけでなく、紐の付いた革靴でもフォーマルライクな装いにぴったりです。
足元で個性を出したい方におすすめですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
折角の入学式。息子さんもフォーマルの範囲内でお洒落にきめてあげると良いですね。
スーツは、ジャケット、シャツ、ネクタイ、靴と組み合わせが無限大です。
ぜひ、素敵な装いを見つけて、入学式に臨みたいものです。
入学式にはぜひ、おしゃれな装いで親子で記念写真をとってくださいね。

スポンサーリンク