Pocket

この記事の所要時間: 659

入学式のシーズン、孫を持つ祖父母として、何かお祝いをしてあげたいと想う人も多いでしょう。
でも、入学祝いと言ってもどのくらい贈ればよいのか、気になるところですよね。
入学式を終えるとなにかと学ぶのに教科書や文具等々必要となってきますので、家族としてはとても助かるでしょう。
しかし近年、入学祝いも家族同士のトラブルの原因となりがちでもあります。
せっかくのお祝いなのに、家族同士にわだかまりを作りたくはないですよね。
今回の記事では、贈る側も、贈られる側も笑顔になるような入学祝いについて、ご説明していきます。

入学祝いを渡す範囲は?

孫や、甥や姪の成長は、祖父母として、叔父叔母としてとても嬉しいものです。
卒業や入学といった節目のイベントには、ぜひ御祝いをしてあげたくなりますよね。
でも、入学祝い…といっても、どの範囲の相手に渡せば良いのでしょう?
厳格な決まりというものはありませんが、基本的には親族の範囲内とされています。
孫や、甥っ子姪っ子にとどめておきましょう。
その範囲外で贈ってしまうと、相手に気を使わせてしまうことがあるので注意が必要です。

入学祝い-小学校の場合-

お孫さんが小学生の場合、ランドセルや机、学用品など用意するものが沢山ありますね。
入学祝いの現金の相場としては、
1万円~5万円
とされています。

ランドセルや机を送る場合は2万円、現金のみだと5万円という考え方もあります。
または、食事会を開いて、お小遣いを渡すだけなど。
質素に思うかもしれませんが、外食に連れていって食事をごちそうしたり、ささやかでも子供にもお小遣いをあげられたら、それだけで子供にとっては嬉しい出来事でしょう。

ここで注意したいのが、ランドセルや机を贈ろうとしている場合です。
贈ってあげたい気持ちもあるとは思いますが、実際には本人が使うもの。
選んであげるよりは、本人や親に選んでもらって、その資金を援助するという方が懸命です。
実際に贈ってみたら、「違うものが良かった…」なんて言われてしまう場合も多くあるんだとか。
そうならないためにも、事前に相談するか、一緒に選びに行くのが良いでしょう。
また、小学生の入学祝いでランドセルや机を祖父母が選んで贈ってしまうと、金銭面や物の善し悪しから、家族間トラブルになる例が多々あります。
双方が笑顔になるためには、事前に相談をしておいたほうが良いかもしれません。

いくら可愛い孫の入学祝いとは言っても、祖父母として上限額があるのが現実的なところですよね。
あらかじめ、「机やランドセル台はこの額まで出す」と決めておいたり、「半分援助する」などとしておくほうが、お互いに笑顔になれるかと思いますよ。
机やランドセル代とは別に、2000円~3000円ほど、お孫さんに包んであげれば、お孫さんもとても喜ぶのではないでしょうか。

入学祝い-中学校の場合-

中学校になると、小学校とは別に制服代や教科書代がかかってしまいます。
1万円~3万円
くらいが目処でしょう。
小学校よりは、金額は抑えめと考えて良いかもしれませんよ。

現金の他に、物を贈るとするなら「図書カード」も素敵ですね。
本を読むことで、教養を付けて下さいというのも良いでしょう。
その他に、「電子辞書」というのもあります。
中学校から特に「英語」が生活と密接になりますし、持っていたら学習するのにとても便利です。
時間を守るように、と「時計」を贈るのも良いですね。
「携帯電話」を持たせてあげるのも如何でしょうか。
中学から、帰り時間も遅くなるでしょうし、友達との連絡手段も欲しくなると思います。
「参考書」も揃えるとなると大変ですから、入学祝いに揃えてあげるのも良いでしょう。
参考書は、あったらとても便利です。
「財布」や「定期入れ」も中学生活で長く使えそうなので、喜ばれるでしょう。
「鞄」や「リュック」を選んでも良さそうです。
部活をするのであれば、ラケットやボールなどのスポーツ用品もいかがでしょうか。

プレゼントする際は、一緒に選びに行くと、お孫さんとのコミュニケーションもできるので、一緒に選びに出かけることをおすすめします。

入学祝い-高校・大学の場合-

高校、大学となると、入学金や交通手段である自転車、定期、など、何かと大変となってますよね。
2万円~5万円
程が良いでしょう。

一人暮らしを始める、場合もありますので、多めに考えておいてもいいかもしれません。
ものを贈るとするなら、実際に使う「家具」を贈るのも良いでしょう。

冷蔵庫や、洗濯機などといった大型家電も必要となってくるでしょうし、引っ越しのお金という意味でも、入学祝いにしてはいかがでしょうか。

高校、大学となりますと「就活」というシーンも出てきます。
スーツや、革靴を贈ってあげるのも良いかもしれません。

交通手段である自転車やバイクなども喜ばれるでしょう。

また、高校や大学に入る際、お孫さんは大変に努力されたわけですから「ちょっと良い」食事に連れて行ってあげるのも手ですよ。

入学祝いを渡す時の注意点

マナーの1つとして「のし袋」に入れて渡すというものがあります。
紅白の水引が蝶結びで結んであるものが良いでしょう。
蝶結びの水引には、何回も解いて結べることから、「何回会っても嬉しい」御祝いの時に使うといった意味があります。
金額が1万円以下のものは印刷のものでも良いです。

表書きには「御祝い」と書くのが基本です。
「ご入学御祝い」でも良いですね。

裏には、相手の名前をフルネームで書きましょう。
お孫さんのご両親に渡す場合は、右にご主人のフルネームを、左に奥様の名前のみを書くのがマナーとなっています。

中袋の表には漢数字で金額を記入しましょう。
中袋の裏には住所を書くことを忘れないで下さいね。

入学祝いを渡す時期につきましては、なるべく早いほうが良いでしょう。
しかし、合格が分かる前から入学祝いを渡すのはマナー違反とされています。
高校や大学の合格が決まったらすぐに「合格祝い」としてのし袋を渡し、入学されるまでには「入学祝い」としてのし袋を渡しましょう。

入学祝いを渡す時期として、相応しいとされる時期は、入学が始まる2~3週間前とされています。
それでも、「入学祝いを渡しそびれてしまった」場合があるかもしれません。
その時は「もう遅い」と諦めてしまわずに、次に会う機会に入学祝いを渡しましょう。
あくまで、時期は「気持ち」ですので、目安程度に考えておくといいかもしれません。

 

入学祝いを渡す時

入学祝いを渡す際は、直接本人に手渡しするのが基本となっています。
相手が小学生の場合は直接本人に渡さず、お孫さんのご両親に渡すようにしましょう。
親御さんに隠れて入学祝いを渡したり、内緒にするのはマナー違反なので気をつけて下さいね。

また、お孫さんが遠方に居て、入学祝いを郵送するという場合は「現金書留」で郵送しましょう。
現金を直接送るのは、郵便法違反となってしまうので注意です。

また、入学祝いを送る前は相手の家に一言電話を入れておくと良いでしょう。
いきなりお金が贈られてきたら、驚いてしまいますからね。
お金だけ贈っても、味気ないので何かメッセージを添えては如何でしょうか。

入学祝いのメッセージには?

入学祝いには、メッセージを付けることもおすすめします。
手紙やメッセージカードを添えて、入学に当たってのお孫さんへの励ましを書くと良いでしょう。
小学生の場合は、お孫さんが読めるようにすべてひらがなで書いてください。
小学生でも、中学生でも、高校生でも、入学祝いのメッセージを書く上でのポイントとしては、「過度な期待や説教じみた言葉は書かない」という点です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
小、中、高と、入学祝いにもそれぞれ差がありましたね。
現金を親御さんや本人に渡すのも良いですが、美味しいものを食べに行ったり、一緒に入学祝いのプレゼントを選びに行くと、お孫さんとのコミュニケーションも弾みますし、思い出に残りますよ。
お孫さんに素敵な入学祝いを贈れたら良いですね。

スポンサーリンク