Pocket

この記事の所要時間: 525

新しい生活が始まる4月。
子供さんの入学式には、皆さんは何を着ていこうと考えていますか?
フォーマルやセミフォーマルの装いをするのが基本の入学式。
スーツを着ていこうと考える方が多いと思います。
しかし、「着物」もフォーマルにふさわしい装いです。
この子供さんの入学式という機会には、着物を着てみませんか?

現代、なかなか着る機会がない着物ですから、せっかくの晴れの入学式は着物で家族の記念写真を撮りたいものですね。

今回の記事では、入学式に着物を着る方にお勧めの髪型アレンジのご紹介をしていきます。
ぜひ、子供さんの入学式には自身も身だしなみを整えて、気分を上げてみてください。

着物を着る時の髪型のマナー

着物を着る時の髪型のマナーはこれといって名言はされてませんが、シーンによって相応しい髪型であることは求められます。
普段使いの着物にパーティーシーンのような髪型は似合いませんし、かといって手入れをせずにいるのは不格好でしょう。
若い人ほど髪を下ろしたスタイルが人気のようですが、少し落ち着いた年齢ならばアップスタイルにまとめるのが基本です。
入学式であれば、華美になりすぎないようなヘアアレンジ、ヘアアクセサリーを心がけましょう。

ショートヘア・ボブの場合

ショートヘア・ボブの長さの方の場合は、アイロンやパーマで癖をつけて、髪にボリュームを出し、着物に負けないように整えると良いでしょう。

アイロンやパーマの他に、逆毛を立ててスプレーをかければ、髪のボリュームがアップし、着物とバランスが合うようになりますよ。

また、ボブくらいの長さだと、編込みで髪型を作ることもできます。
編み込みが難しいかも…という方は、「くるりんぱ」と「ねじり」の簡単テクニックで、複雑に編み込んだような髪型もできますよ。

こうしてみると、下手にアクセサリーを付けるよりは、何も付けないほうが自然かもしれません。
その代わり、ヘアグリッターなどで控えめにラメを付けてみてはいかがでしょう?
少し付けるだけでずっと華やかに見えますよ。

ベリーショートの方は、思い切って髪全体にジェルタイプのヘアワックスをつけ、髪に流れを大胆に付けてみてはいかがでしょうか。

ミディアムヘアの場合

ミディアムヘアの長さとなると、まとめ髪が上手く決まるようになりますね。
特にお勧めなのは「夜会巻き」と呼ばれるヘアスタイルです。
大人っぽく、落ち着いた印象で、若い女性から高齢の女性まで幅広い年代の方から愛されるヘアスタイルの「夜会巻き」。
コームやかんざしを挿して仕上げます。
コームやかんざしは上品で華美になりすぎないようなデザインを選びましょう。 また、ミディアムヘアだとシニヨン(お団子)も簡単にできますね。
動画のような「ギブソンタック」というやり方も、素敵なまとめ髪に仕上がります。
コームを挿しても、おしゃれに決まりそうですね。

ロングヘアの場合

ロングヘアの場合は、ミディアムヘアと同様のヘアスタイルもできますが、やはりその長さを活かして、「編む」ヘアアレンジをしてみてはいかがでしょうか。
多方向から三つ編みを作り、1つのシニヨンとしてまとめる方法や、頭頂部から編み込み、あまりの髪でシニヨンを作る方法もありますね。

シニヨン以外に、左右編み込みから三網を作り、頭の後ろにまわすように交差させるというやり方もあります。
編み込みは難しい…!という方でも、「くるりんぱ」の簡単テクニックを使えば、複雑に見える髪型ができますよ。
ロングヘアとなると、ヘアアレンジの幅が広がるので、楽しいですね。
編み込みや三つ編みが使えるとなると、「ヘアピアス」というヘアアクセサリーが使えるようになります。
3つほど点々とつけると、上品で可愛らしく仕上がりますよ。

前髪もお洒落に!

後ろの髪にばかりでなく、前髪もお洒落してみませんか?
着物を着るのであれば、せっかくだから前髪にも手を入れていきましょう。

前髪を斜めに流すのが着物の前髪づくりの定番です。
普段前髪が短い人でも、後ろの髪から毛を前に持ってくれば、1日だけの長い前髪ができますよ。

前髪を立てるのも、和装前髪の基本ですね。
前髪を斜めに流してゆく際に、編み込んでも素敵ですね。
編み込みが苦手な方には「くるりんぱ」の簡単テクニックがオススメです。
前髪をねじるのも、不器用さんにオススメのテクニック。
また、ポンパドールと呼ばれる前髪のアレンジもあります
前髪が長い方でも、切らずに前髪を短くする方法もありますよ。
自分の髪の長さに縛られず、お洒落ができるやり方があるのは、素晴らしいですね。
ぜひ、普段の髪型にも活かしてみて下さい。

かんざしの使い方

和装のアクセサリーと言えば、かんざしを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
しかし、かんざしを使う機会なんて日常でなかなかないですよね。
また、どう使えばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

しかし、かんざしは覚えてしまえば簡単。
アレンジの幅も多く、日常でも使いたくなってしまうほど。
ロングの方は勿論ですが、セミロングやボブの方まで、楽しむことが出来るかんざし。
日本の伝統のアクセサリー、この機会に取り入れてみては如何でしょうか?

お勧めのヘアアクセサリー

お勧めしたいのが、種類も豊富で付けやすい「コーム」でしょうか。
場合によっては2つや3つ重ね付けしても良いでしょう。
たくさんあって困らないヘアアクセサリーです。
また、ヘアグリッターも、ワックスのようにつければ髪がきらきらと華やかになるアイテムです。
気軽につけられて、いつもと違う気分になれるのも魅力的ですね。

また、最近流行りだした「ヘアピアス」も、オススメの内の1つです。
編み込みなどでまとめた部分にねじりながら挿すことで固定するアクセサリーで、点々とつけることで上品な印象にヘアスタイルを仕上げることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
髪の長さが違くても、それぞれ違ったヘアアレンジを楽しめることがわかりましたね。
最近ではエクステやウィッグで自由自在に髪型を変えられる時代です。
自分の髪の長さにとらわれず、おしゃれを楽しんでみて下さい。
きれいな髪型で、きれいな着物に身を包んで、ぜひ娘さんや息子さんと記念写真を取ってみて下さい。

スポンサーリンク