Pocket

この記事の所要時間: 617

娘や息子にとって大切な晴れの日である卒業式。
母親として、きちんとした装いで門出を祝いたいものですよね。
卒業式には、フォーマルやセミフォーマルの服装で臨むのが礼儀とされています。
着物を着る方も居ますが、やはり基本はスーツでしょう。
今回の記事ではスーツに焦点を当てながら、卒業式に向いた装いをご紹介していきます。
いくつか具体例を挙げながら記事を進めていきますので、コーディネートの参考にしてみて下さい。

基本的なマナー

卒業式とはいっても、「フォーマル」や「セミフォーマル」といった言葉ばかりで具体的にどんな服装にすればよいか困ってしまうと思います。
あらかじめ指定がある学校は別ですが、どんな服装で参加すればよいか具体的な指示はありませんよね。
そこで、ここではスーツを着ていく上で注意しておきたい点をご紹介します。
まず、ストッキングについてです。
ストッキングの色はベージュが望ましいとされています。
卒業式は子供たちの門出を祝う式典です。
黒のストッキングは葬祭関連を連想させてしまうため基本NGとされています。
ただ、寒い地域の場合は例外として黒いタイツがOKの場合もありますので事前に周囲に聞いておくのが無難でしょう。
パンプスについては、ヒールが低く、つま先の空いていないものを着用しましょう。
気になってくるのが「スーツの色」ですが、黒や紺、グレーといった落ち着いた色を着るのが基本です。
スーツの色については厳格な決まりはありませんが、祝いの席とはいえ、別れの式典でもありますので、控えめにしたほうが良いとの意見があります。
しかし、一方で新たな門出を祝ったほうが良い、華やかな服装にするべきだという意見もあります。
スーツの色をどうするかは、よく周囲の方と相談しておいたほうが良いかもしれませんね。

 

具体的なスーツのコーディネート例

ここからは具体的に3つのコーディネート例とその解説を挙げていきます。
ご自身の持っている服と照らし合わせながら、参考にしてみて下さい。

プレーンな黒のスーツ(スカート)

ジャケット、スカート:黒(セットアップのもの)
ブラウス:丸襟のシフォンブラウス
コサージュ:淡いピンク
ネックレス:パールのロングネックレス
パンプス:グレー(光沢あり)

もともとセットアップだったシンプルなデザインのスーツにアイテムを付け足していったコーディネートです。
ブラウスはシンプルな丸襟のものにしましょう。
ロングのパールネックレスは、シンプルなスーツとブラウスをより華やかなものにしてくれます。
コサージュは多く目のものを胸に付けましょう。
シンプルなコーディネートですから、足元には少し遊びを出して、光沢のある明るい色のものを選んでみてはいかがでしょうか。

ゆったりパンツのスーツコーディネート

ジャケット:黒
パンツ:黒、ゆったりとしたワイドパンツが良い
ブラウス:Vネックのもの
ネックレス:石の付いたショートネックレス
パンプス:紺(スエード地だと良い)
コサージュ:淡いブルー

このコーディネートはジャケット以外はカジュアル向けのものをより集めたものです。
ブラウスは上品なものであればカットソーでも良いですし、パンツはもともとカジュアル向けのものを取り入れています。
カジュアル向けとされるワイドパンツは、スーツと相性の良い素材のものも多く、フォーマルシーンでも主役を張れるほどです。
ゆったりとしたパンツなので、足のコンプレックスも隠してくれます。
Vネックですので、胸元にはショートネックレスが似合うでしょう。
パンプスを紺にすることで少しの差し色をプラスしています。
足の甲の空いたパンプスで肌見せし、女性らしさを出してはいかがでしょうか。

明るさをプラスしたワンピーススタイル

ジャケット:淡いピンク
ワンピース:黒
パンプス:淡いピンク
コサージュ:白、もしくはブローチ

ジャケットは丸襟の女性らしいピンクのものを選び、下は黒のワンピースで引き締めるといったコーディネート例です。
ネックレスはあえて付けずに、髪の長い方は、髪をまとめて少し装飾の付いたバレッタを付けてみては如何でしょう。
ショートの方は、存在感のあるイヤリングもしくはピアスを付けても素敵ですね。
コサージュは全体の印象が華やかなので抑えめに、もしくは胸元にブローチを光らせると良いかもしれません。
パンプスはジャケットに合わせて淡いピンクを選んでみてはいかがでしょうか。

バッグやアクセサリーのポイント

バッグは大きいものや、カジュアルなものは避け、なるべくシンプルでコンパクトな黒のものを選ぶといいでしょう。
スリッパや書類を入れるものはまた別に用意しておくと困らないと思います。
アクセサリーについては基本パールが無難です。
服装に合わせて、チェーンを間に挟んだものや、大きさがまばらのもの、色のついたものなどを選んでみて下さい。
また、小さく、あまり主張のないものであれば石の付いたネックレスを着用しても素敵だと思います。
勿論、結婚指輪は式典につけていくと良いとされます。
コサージュは華やかなもので良いと思いますが、服のバランスにも合わせて考えたいですね。
ブローチを選ぶ際も、華美過ぎるデザインは避けましょう。

ヘアスタイルについて

髪については、おろしたままでも良いですが、綺麗に梳かしておくのは絶対条件です。
セミロング~ロングヘアの方は、ハーフアップにしたり、アップスタイルにまとめても良いですね。
全体のバランスを見て、バレッタの装飾を検討するといいでしょう。
アップだと編み込みなどの凝ったものもありますが、あくまで式典の主役は子供たちです。
華美になりすぎないように気をつけてください。
ヘアスタイルよりも、身だしなみとして事前に美容室へ行くなど、髪のメンテナンスをしていたほうが無難かもしれませんね。

メイクについて

メイクは極力ナチュラルに押さえましょう。
ベースメイクはいつものとおりに済ませてから、チークとフェイスシャドウは控えめに筆を滑らせた後、指でなじませましょう。
アイシャドウはブラウンもしくはピンクブラウンをメインにして下さい。マットな仕上げが良いですが、パールが入っていると華やかですね。ラメでゴテゴテにならないように注意して下さい。
口紅は落ち着いて、よくなじむピンクのものを選ぶといいですね。好みによって赤寄りやオレンジ寄りはあると思いますが、鮮やかになりすぎないよう注意です。
アイラインも引きすぎず、マスカラは透明なものに押さえておいても良いかもしれませんね。
「上品に」を心がけると、良いメイクが出来るのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
スーツと一言に言っても、ただセットで売られたまま着るのではなく、組み合わせて着るというやり方があります。
ジャケット、スカート、パンツ、ワンピース…
どれを主役にするかで幾通りにもパターンが出来上がります。
自分の持っている洋服とにらめっこしながら組み合わせを探っていくと、幼いころにしたきせかえ遊びのようにだんだんと楽しくなってくると思いますよ。
フォーマルシーンだけではなく、カジュアルにもこの考え方は取り入れられますので、ぜひお洒落を楽しんでみてくださいね。

 

スポンサーリンク