Pocket

この記事の所要時間: 650

子どもたちにとって晴れの舞台である卒園式。
母親としても晴れやかな姿で卒園式に望みたいものです。
しかし、卒園式といっても、母親はどんな姿で参加すればよいのでしょう?
晴れ着で臨みたい気持ちもありつつ、他の母親から浮いてしまわないか気になってしまうと思います。
派手すぎず、地味すぎない、華やかな装いをして子供の卒園を祝いたいですよね。
そこで今回は卒園式に臨むお母さんたちに、卒園式の装いのポイントをご紹介していきます。
基本のマナーからお勧めのアクセサリーまで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

基本的な服装のマナー

まず、卒園式に出席するに当たっての基本的な服装のマナーをご紹介しましょう。
まずは服装について。
幼稚園や保育園によっては、指定があるところもありますので注意しましょう。
厳格なルールは定められていませんが、ジーンズやスニーカー等のカジュアルな装いは避けるのが式典の常識です。
母親としては、フォーマルなレディーススーツやフォーマルなセットアップを着用するのが無難でしょう。
着物も華美で、祝いの席の晴れ着ではありますが、周りから浮いてしまうのに不安な方は洋装にすれば周りから浮くことはありません。

次に服装の色について。
卒園式は別れの式でもありますから、シックな色合いが無難です。
黒やグレー、紺などといった色を選ぶお母さんが多いと言われています。
浮かないためにも、あまり派手なセットアップは避けたいところですね。
しかし、ジャケットやブラウスに明るい色を取り入れても、春らしくて素敵な装いになります。
ブラウスについては、フリルが付いたものでも良いですね。
フリルブラウスを取り入れる際は、なるべくシンプルなデザインのジャケットやスカート、パンツを選ぶと、バランスが良くなります。
ジャケットとスカートが同生地のセットアップもありますが、ジャケットを明るい色にするならば、スカートやパンツなどのボトムスはシックな黒やグレーに変えてみると、華やかでも落ち着いたようなコーディネートになりますよ。

足元の装いについて。
ストッキングはベージュを選ぶのが基本です。
黒のストッキングは葬儀用のイメージが有り、祝いの式典には合わないとされています。
服装がシックな色合いでもベージュのストッキングを履くようにしましょう。
パンプスについては、黒のパンプスが無難とされていますが、ヒールの高いものやつま先の開いたものは避けましょう。
その他パンプスについては、トータルで服装が会っていれば、素材や色は問われません。
足元にもお洒落を取り入れたいのなら、グレージュや薄紫などのニュアンスカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

アクセサリーについては、あまり華美になりすぎないものを着用すると良いでしょう。
お勧めはパールのネックレスです。
宝石を身につけるとしたら、なるべく簡素なデザインのネックレスにしましょう。
上品に、清楚にと心がけると良い選択ができるのではないでしょうか。
また、結婚指輪は式典なので付けていったほうが良いですね。
コサージュに決まりはありませんが、服装がシックならば華やかなものを付けると映えますね。
トップスが明るい色ならば、控えめにブローチを付けても良いでしょう。

バッグについては、大きいバッグやカジュアルなものは控えましょう。
フォーマル向きの小さめなハンドバッグを持つことをお勧めします。
なるべく光沢を押さえたものが良いですね。
また、卒園式は靴やスリッパ入れ等も必要になってくると思います。
サブバッグを別に用意しておくと良いでしょう。

具体的な服装例

ここからは卒園式の服装をぐっと掘り下げてご説明していきます。

●スタンダードなフォーマルスタイル

ジャケット:黒
ブラウス:白
スカート:黒
アクセサリー:パールのネックレス
パンプス:黒
コサージュ:白
ヘアスタイル:ハーフアップ

全体的に黒でまとめた無難なコーディネートです。
黒でシンプルに纏めている分、ジャケットやスカートにフリンジや刺繍の飾りがついていても良いですね。
スカートはミディアム丈が原則です。
ギャザースカートやAラインスカートなど、女性らしく清楚に余裕をもたせたスカートが良いでしょう。
タイトスカートは体のラインが出てしまうためお勧めはしかねます。
ネックレスはブラウスの襟元に合わせて、ロングかショートかを選んでみてください。
ヘアスタイルはハーフアップが清楚に見えますし、簡単に髪をまとめることができます。
上品なデザインのバレッタをするとよいでしょう。ベロア素材のリボンのデザインなどが無難でおすすめです。

●少し華やかななフォーマルパンツスタイル

ジャケット:黒
ブラウス:フリルブラウス
パンツ:黒
アクセサリー:パールのイヤリング、結婚指輪
パンプス:グレー
コサージュ:ピンク
ヘアスタイル:アップスタイル

プレーンなデザインのスーツをあえて着用し、胸元はフリルブラウス、コサージュで華やかに演出するというコーディネートです。
アップヘアスタイルなので、耳元にイヤリングをするとすっきりと上品にお洒落ができますよ。
アップにする際はあえて華美なヘアアクセサリーをせずに編み込みなどでまとめても良いでしょう。

●明るいジャケットを用いたフォーマルスタイル

ジャケット:薄いイエロー
ブラウス:白
スカート:濃いグレー
アクセサリー:ダイアモンドが付いたショートネックレス、結婚指輪
パンプス:グレージュ
ブローチ:銀が中心の上品なもの
ヘアスタイル:ノーマル

ブラウスは襟なしのものにして、ショートネックレスが見えるようにしましょう。
スカートは体のラインが見えない程度のミディアム丈のものにし、パンプスもジャケットと合わせるように明るめにしてはいかがでしょう。
全体的に華やかな印象なので、胸元には落ち着いたブローチをするといいですね。
髪型はきれいに整えて梳かしておけば問題ありません。

アクセサリーの選び方

アクセサリーはパール連なったネックレスが無難です。
全体のバランスに合わせて、ネックレスの長さを選びましょう。
また、襟のないブラウスを着る場合には小さな石の付いたショートネックレスを着用しても良いかもしれません。
ロングのパールネックレスしかない場合は二重に巻いて二連のショートネックレスに見せても良いですね。
パールを使っていれば、間にチェーンを挟んだものや、パールの大きさがまばらな、すこしカジュアル寄りのパールネックレスを付けて良いでしょう。
髪をまとめる場合は、耳が見えるのでデザインの控えめで上品なイヤリングやピアスをしても良いと思いますよ。
また、ヘアアクセサリーはシックなデザインのもの望ましいです。
これも、全体のバランスに左右されますが、トータルコーディネートが華やかなら落ち着いたものを、逆にシックなトータルコーディネートなら、少し装飾がついたヘアアクセサリーを付けると良いでしょう。

メイク、ネイルについて

メイクもネイルもなるべく上品で落ち着いた雰囲気にまとめると良いでしょう。
メイクにはブラウンベースのアイシャドウをお勧めします。
パールが入ったものだと少し華やかになりますね。
アイラインも引きすぎず、清楚メイクでまとめましょう。
ネイルは華美なものは避けるべきです。
一色や、グラデーションにし、カラフルなものは避けましょう。
素爪に近い色を選ぶと品がありますね。

まとめ

ここまで卒園式に向けての服装についてご紹介しましたがいかがでしょうか。
子供の人生の節目であり晴れの日である卒園式。
ぜひ、きちんとした服装で祝ってあげたいですよね。
フォーマルで、上品な装いで、自分の気分も高めるのも良いでしょう。
でも、万が一周りから浮くのが怖いという方は、事前にママ友に聞いてみるのも手かもしれませんね。
ぜひ、親子で卒園式の記念写真を撮りたいものですね。