Pocket

この記事の所要時間: 655

次に人気の記事はこちら!
浴衣の髪型とは?子どもにおすすめのボブ・ショート・ロングを紹介!
セミの寿命は17年?「1週間」はウソだった?!真実を解説します!
蚊に刺されやすい人の特徴は?刺されにくい人と何が違うの?

蚊取り線香といえば、コバエや蚊から守ってくれる夏のアイテムです。ブタ~ネコのようなかわいい動物の置物にうずを巻いている蚊取り線香を入れている人もいるでしょう。

また、蚊取り線香をしなくて蚊にさされて寝れなかった人もいます。なぜなら、蚊が人をさすと「ヒスタミン(かゆみや痛みを引き起こす)」がかゆみを引き起こします。

私も部屋の窓を開いて寝ていたら、蚊に皮膚をさされてかゆくなり朝まで寝られませんでした。しかし、赤ちゃんを育てている家庭では「お香のような蚊取り線香は健康にわるい」と考えて、使っていないママもいるでしょう。

そんな悩めるママのために、蚊取り線香と赤ちゃんの影響についてリサーチしました。正しい蚊取り線香の知識も学んで赤ちゃんを蚊から守りましょう!

あなたと赤ちゃんが寝れない夏は、2018年で終わりにしてくさいね♪

蚊取り線香は赤ちゃんの前でも使えるの?

夏になるとムシが増える時期ですよね?このような時期に蚊取り線香があれば、あなたの皮膚がかゆくならないでしょう。

私たちをハエなどから守る蚊取り線香は、赤ちゃんがいても利用できるアイテムです。東京都健康安全研究センターのくすりの救急箱によると、蚊取り線香はピレトリン(害のある虫を除去する成分)が含まれており、人に悪い影響を与えるものではありません。

よって、「蚊取り線香使いたいけど、赤ちゃんには大丈夫」といった人も不安になりすぎず、赤ちゃんと眠るベッドルームなどで利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、下のに出して紹介する注意点を守らなければ、赤ちゃんが飲んでしまうといったリスクがあります。

蚊取り線香が赤ちゃんに与える影響とは?

蚊取り線香が赤ちゃんに与える影響は、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、気管支喘息の赤ちゃんを育てる・かゆみを引き起こすといったテーマで紹介します。

気管支喘息の赤ちゃんには悪い?

もし、赤ちゃんが「気管支喘息(きかんしぜんそく)」にかかっている場合は蚊取り線香の使い方を気をつけまし

母子衛生研究会の赤ちゃん&子育てインフォによると、2009年3月に気管支炎で苦しんでいるお母さんの質問がありました。

ここで、横田小児科医院院長(神奈川県・小田原市)の横田俊一郎さん(よこた・しゅんいちろう)の回答に「蚊取り線香の煙が喘息の発作を引き起こす」と書かれています。

よって、気管支の弱い赤ちゃんを育てている場合は、金鳥(キンチョー)で売っている「けむりの少ないタイプ」を使いましょう。

かゆい場所を引っかいてしっしんに

蚊にさされるとヒスタミンといった成分でかゆくなると説明しました。もし、赤ちゃんがさされてもかゆみを引き起こします。

赤ちゃんの中には、アトピー性皮膚炎や敏感肌で肌の弱い場合もあるでしょう。よって、赤ちゃんの肌が赤くなる・キズがつくリスクもあります。

もし、赤ちゃんがさされたらかゆいところを冷やすまたは温める・シャワーで清潔にするといったオトナでも行う蚊対策も使えるでしょう。

蚊取り線香を使うときの4つの注意点

蚊取り線香を赤ちゃんと一緒に使うときにはどのような注意点があるのでしょうか。

ここでは、蚊取り線香を赤ちゃんの前で利用するときの3つのポイントを紹介します。

蚊取り線香の煙は赤ちゃんに向けない

蚊取り線香を使うときは、赤ちゃんがいる方向に煙を向けないでください。普通に蚊取り線香を使うと、ハイハイしている赤ちゃんに煙が流れてしまうケースもあります。

そのため、タンスの上など赤ちゃんが届かないところに蚊取り線香を置いてください。または、煙が少ないコンセントにさして使うタイプがあります。(電子蚊取り線香)

扇風機の風に気をつける

蚊取り線香を利用されている家では、扇風機も有しているでしょう。もし、首振りシステムを使うと蚊取り線香の煙が赤ちゃんの顔に流れてしまうリスクがあります。

そのため、扇風機の近くでは蚊取り線香をたかないようにしてください。

蚊取り線香を赤ちゃんに触らせない

蚊取り線香を使うときは、赤ちゃんが触れないように気をつけてください。みなさんも赤ちゃんのころは、近くにあるものに触りたがる子どもではありませんでしたか。

私が子どもときは、ゴールデンレトリバーのような大きな犬に触れてかまれたエピソードもあります。

福岡県・北九州市のオダ・ファーマシーによると、液体タイプの蚊取り線香なら、ボトルにある液体は食べられないと書かれています。

しかし、うずまきタイプの蚊取り線香は赤ちゃんが手にさわれると紹介されていました。

よって、液体以外の蚊取り線香を使っているときは、触れられないようにテレビの台座など高いところに置きましょう。

または、楽天市場などにある「蚊取り線香入れ」に入れてください。丸い箱やつぼ型もあるため、自分が好きなものを探しましょう。

蚊取り線香ではありませんが、虫よけ当番と呼ばれる部屋と外で使えるアイテムもあります。

吊り下げるだけのため煙はないため、蚊取り線香の代わりにいかがでしょうか。

蚊取り線香は窓を開ける

蚊取り線香は使うときは、窓を開けてから煙を焚きましょう。東京都安全健康センターによると、窓を閉めたまま蚊取り線香をすると、目やノドに良くないと書かれています。

しかし、窓を開けたくない人の中には「蚊が入ってくるから」といった理由で使わない人もいるでしょう。

このようなケースでは、網戸を利用してください。網戸にもコツがあり、左に網戸・右に窓といった使い方をしましょう。

窓と網戸を真ん中に集めると、蚊やハエの通り道を作る通り道をため注意してください。

蚊取り線香を安全に使える「電子蚊取り線香」

赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を安全に使うには、電子蚊取り線香がおすすめです。ここでは、電子蚊取り線香を使うための注意点を紹介します。

空気の入れ替えをする

電子蚊取り線香を利用されるときは、空気の入れ替えをしましょう。渦巻き型の蚊取り線香であれば、煙が見やすいため換気をしなければと考えます。

しかし、電子蚊取り線香は煙が少ないため空気の入れ替えを忘れてしまうこともあるでしょう。そのため、1時間に1回などルールを決めて、部屋の空気をリフレッシュさせてください。

使用できる日数を守ること

電子蚊取り線香を使うときは、パッケージに書かれている「使用期限」を守りましょう。オンラインやドラッグストアで売っている電子蚊取り線香は、60~120日といった日数が書かれています。

某イオン系ドラッグストアで60日タイプをチェックしたら「1日12時間の使用を60日したら交換」と説明されていました。 よって、1日の半分を蚊取り線香を利用していれば、蚊取り線香のパッケージに書かれた日数で取り換えなければいけません。

蚊取り線香を正しく使いましょう!

蚊取り線香は、うずまきからコンセントにさして利用するタイプといったさまざまなアイテムが販売されています。
ほとんどの蚊取り線香は、赤ちゃんの健康に悪くない「ピレトリン」といった成分が入っていました。

しかし、窓を開けないで利用するとノドに良くありません。蚊取り線香を使うときは、外の空気を入れながら煙を焚いてくださいね♪

また、どうしても蚊取り線香の煙を出したくない人は、虫よけ当番がオススメです。コンセントも電池もいらなくて、物干し竿や部屋のドアなどに吊るだけでハエなどが来ません。

煙がなくてもムシを寄せ付けないため、赤ちゃんがいても安心ですね♪

次に人気の記事はこちら!
浴衣の髪型とは?子どもにおすすめのボブ・ショート・ロングを紹介!
セミの寿命は17年?「1週間」はウソだった?!真実を解説します!
蚊に刺されやすい人の特徴は?刺されにくい人と何が違うの?

スポンサーリンク