Pocket

この記事の所要時間: 913

次に人気の記事はこちら!
初盆のお供えとは?金額の相場や、時期、マナーなと゛総まとめ(決定版)
新盆の香典の相場はいくら?関係性ごとの相場と表書きの書き方がこちら
お盆の由来や意味は?お盆には何をすればいいの?準備や流れは?

実家を出た兄弟姉妹や親族がひさしぶりに集まる、お盆。

今までは人に任せきりでしたが、急に自分が中心になって行わなければならないことになると
焦ってしまうこともあるかと思います。

今回はお盆の意味や由来、お墓参りのマナー、
お墓参りにいけない場合の対処方法をご紹介しますので、
ぜひ参考にして下さいね。

そもそもお盆とはなに?由来や意味は?

お盆とは、故人やご先祖様の霊があの世から一時的に家へ帰ってくるのを迎えて供養し、冥福をお祈りする行事です。

仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が由来といわれており、盂蘭盆会とは、
サンスクリット語の「ウラヴァンヌ(逆さ吊り)」からきています。

生前の行いにかかわらず、残されたものが徳を積んで供養をして、
「逆さ吊りされるような苦しみを取り除く」という意味です。

元々は旧暦の7月15日を中心に行われていましたが、
旧暦から新暦に切り替わったタイミングで、
ちょうど農業の繁忙期と重なるようになってしまったために、
1月あとの8月15日を中心にお盆を行う地域が増えました。

8月のお盆を「月遅れのお盆」と呼びますが、最近ではこちらの方が一般的です。

お盆にはお墓参りをしたり、お供え物を用意したり、
僧侶を家に迎えて盆法要や故人の回忌法要を行うところもあります。

お盆の期間とスケジュールは?

先ほども少し触れましたが、元々お盆は元々旧暦の7月15日を中心に7月13日~7月16日を中心に行われていました。
新暦が使われるようになってからは、8月13日~8月16日をお盆期間として休みにするところが多くなりました。
今回は、8月にお盆を迎える場合を例に、各日にすることをご紹介します。

お墓の大掃除は8月12日までに終わらせるようにしましょう。
お墓参りの際は、周辺の軽い掃除と墓石を洗ってお供え物をするのがメインです。
周りの雑草やゴミなどはあらかじめ12日までに片付けておくのが理想です。

お盆初日の8月13日は、一番お墓参りにおすすめの日だといわれています。
地域によっては、ご先祖様が帰ってくる目印になる「迎え火」をお墓で灯し、
その火を提灯に移して家まで案内するところもあります。

お盆最終日の8月16日にはご先祖様をお見送りする「送り火」を焚きます。

提灯に火を灯して送り出すだけでなく、
精霊船や灯篭に乗せて霊をお見送りする地域もあり、その地域の特色がでます。

新盆とは?

新盆とは、故人が四十九日を迎えてから初めて迎えるお盆のことをさし、
「あらぼん」「にゅうぼん」「いりぼん」など、地域によって呼び方が違います。

通常のお盆よりも盛大に行うところが多く、普段の盆供養とは別に、
僧侶を迎えての「初盆供養」が行われたり、
故人が自宅に帰るときにわかりやすいように真っ白で模様のない「白提灯」を窓際や仏壇の近くに下げたりします。

また、新盆の際は故人の霊をお迎えするために豪華な棚を設置するところが多く、
お供え物も通常よりも色々な種類を用意したり、故人の親戚や知人から盆提灯が贈られることもあります。

お墓参りの作法は?

お墓参りでは、最初にお墓周りを掃除して清め、次に墓石を洗い、お供え物をするのが一連の流れです。

正しい仏教の作法では、

・香(お線香)
・花(お盆時期にはお花屋さんで仏花が売られています)
・灯燭(石灯篭に火を灯す)
・水(お供え物の意味と、お墓参りをする人の心を洗う意味がある)
・飲食(ごはんを持ったり、生前個人が好きだった食べ物や飲み物をお供えする)

をお供えします。

最近では石灯篭がついていないお墓もふえてきており、
5つすべてを供えなくてもよいとされているので、お供え物の種類はあまり気負わずに考えてよさそうです。

お墓参りはいつ行けばいいの?

お墓参りはお盆期間中のいつ行ってもよいとされていますが、お盆初日の午前中に行くところが多いようです。
午前中のうちに掃除をして、ゆっくりとお墓参りをして、帰るタイミングで提灯に火を灯して迎え火にしたり、
家に帰って迎え火を焚いたりするスケジュールにすると、お迎えがスムーズです。

お墓参りでしてはいけないこと

お墓参りでは色々なものをお供えしますが、飲食物をそのまま置いて帰るのはほとんどの墓地で禁止されています。
動物が飲食物に集まって荒らしたり、腐敗してしまうのを避けるためです。
飲食物をお供えした場合は、その後に持ち帰っていただくようにしましょう。そうすることで、故人やご先祖様とのつながりに感謝することにもなります。
ろうそくや線香で使った火の始末は厳重に注意しましょう。
供えたお花は持ち帰るか置いたままでも良いのか、墓地によって異なるので事前に確認しておくと安心です。

お墓掃除に便利な必需品とお掃除の仕方

お墓掃除に行くときに必要なものと、お掃除の仕方を説明します。

お墓の大掃除は、お盆が始まる前に済ませておきます。

お盆中にお墓参りに行くときは、
軽い掃除とお供え物の用意、お参りだけで済むようにしておくのがベストです。

 

お掃除の仕方
①まず、墓石の前で軽く挨拶をしてから、お墓周りのゴミや雑草を取り除きます。
ゴミは持ち帰るところがほとんどなので、ゴミ袋を忘れないように。
軍手やゴム手袋を持って行くと掃除がしやすくなります。
②墓石を洗います。
手桶や柄杓を使って後ろから前に向かって水をかけながら、雑巾で汚れを落とします。
墓石は傷がつきやすいので、たわしであらうよりも雑巾や布で洗う方が傷がつかないのでおすすめです。
細かいところの掃除は、歯ブラシを使うと便利です。
③お花やお水、お供え物を置く
きちんと水分をふき取ってからにしましょう。
食べ物はそのまま置くのではなく、半紙や白い紙の上にのせるのがマナーです。
忘れがちなものなので、注意してくださいね。

服装のマナーと持ち物について。お墓参りの時間でNGは?

お墓参りの服装は普段着で大丈夫です。

お墓の掃除もするので、カジュアルな服装で行っても問題ありません。

ですが、周りの参拝者に配慮することも必要なので、
華美なデザインや色のフクソウハ避けるようにしましょう。

また、お墓参りの前後に法要を行う場合は、
礼服やスーツのままお墓参りに行ってもかまいません。

お墓参りをするのにマナー違反になる時間帯はありませんが、日中に行く人がほとんどです。

午後からのお参りでも構いませんが、
墓地や管理事務所の開いている時間内に余裕を持ってお参りできるような時間に行くようにしましょう。

迎え盆(迎え火)・送り盆(送り火)とは?

お盆の初日を「迎え盆」、最終日を「送り盆」といいます。

字が意味するとおり、ご先祖様をお迎えする日と、送り出す日です。

迎え盆であるお盆の初日には、故人やご先祖様の霊が迷わずに家へ帰ってきやすいように「迎え火」を焚きます。

逆に霊がこの世からあの世に帰る送り盆に焚くのが「送り火」です。

提灯に火を灯して迎え火・送り火にするのが一般的ですが、
地域によっては精霊船や灯篭にのせて送り出すところもあります。

京都の「大文字」や、長崎の「精霊祭り」は全国的にも有名な送り火のイベントです。

お盆のお供え物について

お盆のお供え物にはいろいろな種類があります。
盆棚や精霊棚に飾るものを贈る場合は、
お盆の2週間くらい前には届くように手配しましょう。

お盆に帰省をするときに、故人がすきだったものや自分の地域のものを持って行くのも喜ばれます。

小分けされた食べ物だと親戚で分けやすいので便利です。
ただし、他の親戚も食べ物を持ってきている可能性があるので、日持ちするものを選ぶようにしましょう。

また、お盆の時期には「盆棚」といわれる棚を用意するところも多く、
お花や食べ物の他にもお盆特有のお供え物をします。

ナスやキュウリにつまようじ・わりばしで足をつけた「精霊馬(しょうりょううま)」をご存知の方は多いのではないでしょうか。
精霊馬は、ご先祖様があの世とこの世を行き来するときの乗り物になります。

キュウリでつくった馬には、「馬のにのってはやく会いにきてください」という意味があります。

ナスでつくった牛は、

「帰りはゆっくり歩く牛で、この世のあちこちを見て楽しみながら帰ってください」

「牛にお供え物をひかせて、持ち帰って楽しんでください」

という意味を持っています。

お盆にお墓参りができない場合は?

職種によってはお盆に休みがとれなかったり、実家が遠方で帰省するのが難しかったりと、
お盆期間中にお墓参りができない場合もあると思います。

なんとなく後ろめたく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

お墓参りに行けなくても、ご先祖様に感謝したり故人を思い出して偲んだりすることはできると思いますし、その気持ちが大事です。
自宅でお花を供えたり、生前好きだった食べ物を用意することもお墓参りの代わりになります。

お盆の時期からずれていても、お墓参りができるのであればぜひ行ってください。

お墓に行って手を合わせて挨拶をするだけでも、十分にご先祖様への感謝は伝わります。

まとめ

お盆はご先祖様や故人の霊がひさしぶりに家に帰ってくる時期です。

お墓の掃除や供養の手配だけでなく、盆棚に飾るものの用意や親戚にふるまうものの用意などやることががいろいろあって、慣れるまでは大変だと思います。

ですが、今こうして生きていられるのはご先祖様のおかげだし、先祖代々こうして供養してきたんだなぁと思うと、感慨深くなります。

いきなりお盆の用意を自分でするというのは大変ですが、家族や親戚が用意しているのを手伝うようにすると、
自分の家系の供養方法や、地域のお盆のが垣間見えるのではないかと思います。

お盆について調べていて、作法やマナーも大切ですが、何より大切なのは故人を偲ぶ気持ちやご先祖様への感謝なのではないかと思いました。

 

他のオススメ記事はこちらです!
お彼岸のお墓参りはいつ行くべき?行く際に気を付けることは?
焼香の仕方は?回数には決まりがあるの?宗派による違いは?
残暑見舞いを贈る時期はいつ?使える例文やマナーを徹底解説します!
暑中見舞いを送りたい!すぐに使える送り先別の例文集(ビジネス編)

スポンサーリンク