Pocket

この記事の所要時間: 637

次に人気の記事はこちら!
残暑見舞いを贈る時期はいつ?使える例文やマナーを徹底解説します!
お盆提灯を飾る理由・意味は?いつからいつまで飾っておくの?
梅雨の時期に咲く花は?6月に咲く花10選と花言葉一覧がこちら

梅雨の季節ですが「お中元はいつまでに贈ればいいのかな」と悩んでいる人もいらっしゃるでしょう。

日本では、家族・友人・上司といった相手にギフトセットを贈ります。しかし、お中元の期間は地域・相手によって異なるのは知っていますか。

エリアと送り先別のお中元をする期間・マナー・送ってはいけないタイミングを紹介します。

お中元とは?

お中元とは、7月~8月頃に行われる「相手へのありがとう」を伝える日です。高島屋・お中元の基礎知識によると、江戸時代から感謝を伝える行事としてスタートします。

そして、6月末(上半期)が終わるとお中元を贈るのが当たり前となりました。現在のお中元文化は、江戸時代から行われていたのです。

お中元の期間

お中元の期間は、地域により異なるでしょう。高島屋・お中元の基礎知識によると、以下のような期間が決められています。

  エリア お中元の期間
  関東地方  7月~7月15日(近年は6月下旬~7月15日)
関東以外のエリア  7月上旬~8月15日

北海道・東北、北陸、関東、東海、九州別のお中元の期間を紹介

お中元とは、贈る場所によって異なります。関東地方では7月~7月15日となっていますが、他のエリアでは7月15日~8月15日とズレがあるでしょう。

関東では問題がなくても、その他のエリアではマナー違反となるケースもあります。ここでは、地域別のお中元を贈る期間を解説します。

北海道エリアのお中元とは

北海道では、7月15日~8月15日にお中元を贈ります。記事を執筆している2018年6月12日から数えると、約1ヶ月先のため余裕と考えている人もいるでしょう。

しかし、最近では7月15日前に贈る人も多いため、お中元の期間も繰り上げられています。なお、8月16日(お盆最終日)は、お中元ではなく残暑見舞いでしょう。

東北や関東地方のお中元

東北・関東では、7月~7月15日までがお中元の期間です。北海道と同じく7月15日を過ぎると残暑見舞いに切り替わります。

関東地方の神奈川・東京では、6月20日前後からお中元がスタートしています。最近のお中元は、約1週間前から準備してください。

理由は、お中元を行う期間の短さです。北海道のように1ヶ月ではなく、東北・関東地方はわずか2週間と短いのです。

お中元を期限内に贈るため、6月20日頃から申し込みをしています。

北陸のお中元

北陸については、住んでいる地域によってお中元の期間が異なります。大都市では、7月~7月15日と東北・関東地方のお中元の期間が多く、山間部では北海道と同じ7月15日~8月15日です。

新潟市(新潟県)・金沢市(石川県)・富山市(富山県)といった都心部では、東北・関東のお中元と変わらないでしょう。

東海、関西、中国、四国地方のお中元

東海~四国地方のお中元は、7月15日~8月15日に贈ります。最近では、お中元の早い東北・関東地方に合わせるため、前倒しして行われているのです。

お中元として扱われるのは8月15日となっています。8月16日~9月までは残暑見舞いになるため注意してください。

すぐにお中元を贈れない人は、なるべく8月下旬に届くように心がけましょう。なぜなら、9月以降では「遅すぎるお中元」と思われます。

九州地方のお中元

九州については、8月~8月15日がお中元のシーズンです。九州でも早くお中元を贈る傾向があるため、7月に配送の手続きを行う人もいます。

残暑見舞いについては、東海と同じく8月25日前後に届けてください。

沖縄のお中元

沖縄では、昔のお盆である7月15日までにお中元を贈りましょう。ただし、エリアによって贈っても良い時期が異なります。

沖縄でも関東のように早くお中元を贈る人もいるでしょう。お中元の地域差はなくなりかけています。

親族・友人・会社の上司の場合のお中元・期間

お中元は、贈る先だけではなく相手により期間が異なります。ここからは、親族・友人・会社の上司と相手別の適切なお中元のタイミングを紹介しましょう。

親族へのお中元

親族は、あなたの両親・祖父母など濃い関係の人が多いでしょう。贈る時期については、特に指定はありません。

親族の住んでいる地域に合わせてください。ただし、お中元の価格は約4,000~5,000円程度が目安です。

上司よりも聞きやすいため、気に入らない贈り物をするリスクが少ないでしょう。オススメの贈り物は、サラダ油・お米・アイスクリームといった食べ物です。

友人へのお中元

友人についても、エリアに合わせたお中元の送り方をしましょう。価格については、3000円とされています。

プライベートの友人の場合は、3000円以下でも大丈夫でしょう。なぜなら、高すぎると相手が「値段の張るものを返さななければ」と重く感じるためです。

贈り物もゼリー・グラス・そうめんなど使いやすいグッズにしましょう。

会社の上司へのお中元

会社の上司については、地域ごとに贈る日を変えましょう。お中元の価格も5,000円~10000円台で考えてください。感謝をしている上司でも、高すぎる贈り物は逆効果です。

贈るものは、会社で食べられるクッキーや松坂牛のステーキも良いでしょう。

お中元についてのマナーを解説

お中元を贈るときには、ギフトをのしで包みますよね。しかし、正しい書き方を知らない人も多いでしょう。

マナーがわからなくて恥をかく前に、基本的なお中元のマナーを学んでください。

お中元におけるのしの書き方

お中元のギフトに欠かせない「のし」は、レッドとゴールドのリボン(花または蝶結び)と左上にのが描かれています。

オモテは、楷書(キレイな文字)で書きます。上には「御中元」と「お」ではなく「御」と漢字にしてください。

のしの下には、名字だけではなくフルネームで記入しましょう。

相手が喪中の場合

御中元を贈る相手が喪中といったケースもあるでしょう。ありがとうのキモチを示す「お中元」を喪中は禁止といったマナーはありません。

相手の迷惑になると考えている人は、相手先の許可を取り「暑中見舞い」として差し出しましょう。

お中元をもらった後の対応

お中元とは、相手への感謝を伝えるイベントです。贈られた側は、お返しをする必要はありません。しかし、電話や手紙で「届きました。ありがとう」といったお礼を言うのはマナーです。

相手にお返しをしたい人は、同じ金額のアイテムを贈りましょう。

お中元をしてはいけない時期

お中元ができない時期は、決められていません。ただし、8月7日までは「暑中お見舞い」。8月8日の立秋を過ぎると「残暑お見舞い」といった呼び方となります。

まとめ

お中元の時期は、地域によりますが7月~8月15日までに行われています。また、同じ地域でも都市部とそれ以外では贈る期間が違うでしょう。

最近では、お中元に間に合うように6月中旬からギフトを用意しています。また、お中元を贈る時期が早い東北・関東地方にほかのエリアも近づいており、地域間の差が埋まっているのです。
次に人気の記事はこちら!
お盆になすときゅうりを牛馬に見立てて飾るのはなぜ?飾り方・置き方は?
海の日の由来は?2018年はいつ?いつから祝日になったの?
お中元の時期は地域ごとに異なる!?九州の場合はいつになる?
お盆の由来や意味は?お盆には何をすればいいの?準備や流れは?

スポンサーリンク