Pocket

この記事の所要時間: 67

お中元といえば、日頃お世話になっている方に「感謝の気持ち」を込めて贈る贈り物のことをいいますよね。
感謝の気持ちとともに、「これからも変わらないおつきあいを」といった気持ちを表してもいるでしょう。
お中元は「夏」に贈るものとされていますが、地域によって贈る時期が異なっているのはご存知ですか?
初めてお中元を贈ろうと考えている方は特に、お中元をどうしたら良いのか、どの時期に贈ればいいのか困ってしまう方もいると思います。
今回の記事では、「九州」を中心に、お中元の時期をご説明していきたいと思います。

九州のお中元の時期は8月1日~8月15日くらい

九州のお中元の時期は一般的に「8月1日~8月15日」までの間とされています。
沖縄では「7月1日~7月15日」までの間がお中元とされていますので注意しておきましょう。
おなじ日本の南端の方なのに、違いがあるなんて不思議ですね。
しかし、本州や北海道でも地域によって細かく差があるんです。

北海道…「7月15日~8月15日」
東北、関東…「7月1日~7月15日」
北陸…「7月1日~7月15日」「7月15日~8月15日」(地域によって異なります)
東海、関西、中国、四国…「7月15日~8月15日」
九州…「8月1日~8月15日」
沖縄…「7月1日~7月15日」

同じ日本でもこんなにお中元の時期が違うのは何故なのでしょう?
次でご説明いたしますね。

お中元の歴史

ここでは、お中元の時期が違う理由を紐解く上で、まずお中元の歴史とともになぞっていきましょう。

そもそもお中元は7月15日とされ、古くに中国から日本に伝わったとされています。
中元である7月15日は、「3元」と呼ばれる3つの年間行事の日のうちの1つです。
中国では中元は贖罪の日とされ、今まで犯した罪を償う日でした。

そして日本の7月15日には盂蘭盆会(うらぼんえ)という行事がありました。
これは仏教由来のご先祖様を祀る行事ですね。
地方によっては1ヶ月後に行われますが、記録によれば7月13日~7月16日にかけて初めて推古天皇が宮中で「お盆」の行事がされているそうです。

つまり、昔々の日本ではお盆と中元を同時平行で行われていたということになりますね。
由来はこのとおりですが、それではいつから贈り物を送り合う習慣になったのでしょう?

その始まりとなるのは「室町時代」だそうです。
「お盆」が「亡くなった方の魂を供養する」という行事に対し、「お中元」は「行きていることを喜んだり、無事を祝う」という、生きている人のための喜びの行事へと変化したのです。

武家や朝廷では、親しい人の家に訪問しあい、交流しながら「お互いの無事を祝う」ということが週間づいてきたそうです。

江戸時代には、もっと庶民へ普及するようになります。
交流関係の多い人は、1日では家々に回りきれないため、中元の日の前後にお土産を持って各家に挨拶回りをするようになりました。

今のような「贈り物を贈り合う」という形になったのは明治維新後でしょうか。
時代とともに、「使者を使って贈り物を出す」なんてことも出来るようになりましたからね。

地域によってお中元が違うのは何故?

伝統的には7月15日とされるお盆。
これにもどうやら歴史が関係してきそうですね。

今のような地域によって違う日になった一説として、新暦である「グレゴリオ暦」が明治6年に採用されたという背景もあるそうです。

旧暦から新暦に日付を直す際、

1、「旧暦も新暦も同じ日取りで確定(7月13日~16日)」
2、「旧暦を新暦に直した旧盆と呼ばれる日(8月13~16日)」
3、「旧暦を新暦に毎年換算して行う」

…といったような具合で、地域によって差が生まれたのだとか。
単純に地方の風習の違いかと思っていたら、こんな理由があったのですね。
3は特に沖縄にあてはまるそうです。
昔からの伝統を忠実に受け継いでいるとしたら、沖縄が一番その形に近いのでしょうね。

お中元を贈る時に注意したい点

ここからは、お中元を贈る際に注意したい点をご紹介していきます。
まず、そもそものマナーとして、お中元というものは「1回だけ」贈ることはNGだということです。
お中元は1回贈ると、毎年贈らなければいけないというのがマナーです。
お中元を贈り、感謝の気持ちを伝えるのはよいことです。初めてお中元を贈る、なんて方は慎重に考えても良いかもしれませんね。

また、相手が喪中だという場合もあるかもしれません。
喪中の場合でもお中元を贈ることは問題ありません。
しかし、「のし紙」には「紅白」の水引を用いてはならないという点だけ注意したいですね。
紅白の水引には「お祝い」の意味がありますので、「無地ののし紙」もしくは「白い短冊」にお中元と書くのが良いでしょう。

お中元自体を禁止している会社もあります。
自分の会社内で「贈り物が禁止」という制度「虚礼廃止」がなされている場合もあるかもしれません。
これには、上司や同僚に聞いて確認しておきたいところですね。

気をつけたいところとしては、マナーの他に「贈ってはいけない物」でしょう。
例えば「現金や商品券」、これは無礼に当たることがあります。
目上の方には特に注意です。直接、お金に相当するものを贈るのは昔から「上から目線で無礼」とされていますからね。
また、「衣類や靴下」、これも「貧乏人への施し物」と捉えられてしまうでしょう。
「刃物、尖ったもの」も「縁を切る」ことを連想させるのでNGです。
「ハンカチ」も「手巾」から「手切れ」を予想され、良くありません。
「靴」も「踏みつける」と捉えられてしまうこともあるようです。

特に注意したいのが、一見喜ばれそうな「冷凍、冷蔵が必要な食品」です。
いきなり送りつけては、相手も困ってしまうことがあると思います。
送る前に電話で1言、相手に知らせておくと良いでしょう。

もしお中元を贈る時期を誤ってしまった場合

一般的には、お中元の贈り物を贈る相手の地方によって日にちをかえるのがマナーとされていますが、相手の時期をあやまってお中元を送ってしまう場合もあるかもしれません。

しかし、歳を重ねるごとにお中元の地域差は無くなってきてるようです。
また、お中元を受け取る時期に自分と相手の時期の差が生じたとしても、失礼に当たることは無いでしょう。
なにより、贈られた相手は嫌な思いはしないのではないでしょうか。
6月に、もうお中元を贈り始める…なんて方もいるそうですよ。

大切なのは「お中元を贈る」という感謝の挨拶そのものであり、あまりお中元の地域差を木にする必要はないと思います。
そもそも「お中元」という行事が、歴史とともに変化していますからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お中元の地域差の裏に隠れた歴史の背景に、なかなかの興味深さを感じました。
特に、室町時代の人々の発想の転換には良い意味で驚かされましたね。
生きていることを喜び、お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える「お中元」という行事。
日本人として、大切にしていきたいですね。