季節の行事

2018年の夏休みの期間はいつからいつまで?学生や社会人まで必見!

Pocket

この記事の所要時間: 752

暑い日々が続くようになりましたね。

梅雨が明けるといよいよ夏本番です!

夏と言えば楽しみなのが夏休みやお盆休み!!

家族で過ごしたり帰省したり、旅行に行くご家庭も多いのではないでしょうか?

アルバイトをしている学生さんは稼ぎ時ですよね!

そろそろ夏休みの期間中に何をするのか予定をたてるころだと思います。

そんなあなたにピッタリの記事をご用意しました!

[char no=”2″ char=”若手秘書エリー”]

今回は2018年の夏休み期間についてご紹介しますので、
夏の予定をたてるときの参考にしてくださいね!

[/char]

2018年の夏休みの期間は?(小学校、中学校、高校)

北海道 7月26日(木)~8月19日(日) 24日間
青森県 7月21日(土)~8月21日(火) 31日間
岩手県 7月24日(火)~8月19日(日) 26日間
宮城県 7月21日(土)~8月21日(火) 31日間
秋田県 7月24日(火)~8月26日(日) 33日間
山形県 7月26日(木)~8月21日(火) 26日間
福島県 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間
茨城県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
栃木県 7月21日(土)~8月29日(火) 40日間
群馬県 7月21日(土)~8月27日(月) 37日間
埼玉県 7月21日(土)~8月27日(月) 37日間
千葉県 7月18日(水)~8月28日(火) 41日間
東京都 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
神奈川県 7月21日(土)~8月29日(水) 39日間
新潟県 7月25日(水)~8月26日(日) 30日間
富山県 7月25日(水)~8月30日(木) 36日間
石川県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
福井県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
山梨県 7月21日(土)~8月22日(水) 32日間
長野県 7月28日(土)~8月23日(木) 26日間
岐阜県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
静岡県 7月27日(金)~8月29日(水) 33日間
愛知県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
三重県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
滋賀県 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間
京都府 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間
大阪府 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間
兵庫県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
奈良県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
和歌山県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
鳥取県 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間
島根県 7月24日(火)~8月27日(月) 34日間
岡山県 7月19日(土)~8月27日(月) 39日間
広島県 7月21日(土)~8月28日(火) 38日間
山口県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
徳島県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
香川県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
愛媛県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
高知県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
福岡県 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間
佐賀県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
長崎県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
熊本県 7月26日(木)~8月26日(日) 31日間
大分県 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間
宮崎県 7月21日(土)~8月27日(月) 37日間
鹿児島県 7月21日(土)~9月2日(日) 43日間
沖縄県 7月21日(土)~8月26日(日) 36日間

2018年の大学の夏休みの期間は?

ほとんどの大学は7月末~9月末の2か月を夏休みにしていますが、

具体的な日付は大学によって異なり、同じ大学でも学科や学部で違うこともあります。

また、夏休み中に必要に応じて研究のために学校に行く必要があったり、

実習期間の関係で夏休みがずれたりする大学もあります。

大学の夏休み期間は、学校ごとに様々なので教師や事務に問い合わせるのが確実です。

2018年の幼稚園の夏休みの期間は?

幼稚園の夏休みは、その地域の小学校、中学校、高校と同じ期間に設定されているところがほとんどです。

なので幼稚園は夏休みが長期休暇になりますが、

保育園や保育所は長期の夏休みがない場合の方が多いようです。

2018年の企業のお盆休みの期間は?

企業のほとんどは8月15日前後にお盆休みをとるところがほとんどです。

2018年は8月11日の山の日が土曜日なので、

8月11日~8月16日までの6日間をお盆休みにしている企業が多いようですね。

 

サービス業や販売、交通サービス関係の企業は、

お盆の時期は逆に繁忙期にあたるので、この時期はさけてお盆休みをとるようです。

行政機関や銀行、郵便局などのお盆休みは?

地域の施設や行政機関は基本的に暦通りの営業なので、

2018年だと8月11日~8月13日が休みにはなりますが、

その他の日程でお盆休みになるところはほとんどありません。

郵便局や銀行も同様で8月11日~8月13日のみの休業となり、

他の日は通常通り営業しています。

夏休みはなんのためにあるの?

そもそも、夏休みは何のためにあるのか知っていますか?

夏休みとは元々、学校の校舎に冷房設備がないために夏の間授業に集中しづらく、

また体調を崩しやすくなることが理由で設定された「夏季休業」のことです。

 

夏の間に長期休暇をとることで、家事や家での仕事の手伝い、

農作業、帰省先での地域行事との触れ合いなど、

普段の授業では得られない体験をする効果も期待されています。

 

企業でもお盆の時期を中心に「夏季休業」をとるところが多く、

盆行事や家族との休暇を過ごせるようにと考えられています。

夏休みの期間はなぜ一律じゃないの?

夏休みの期間は、公立校だと教育委員会、

私立校だと学校の理事会が地域の気候や事情に合わせて決めます。

なので、夏休みは全国一律ではなく、地域によって異なります。

同じ県内でも市区町村によって異なることがあります。

北海道や東北地方などは気候を考慮して、夏休みの期間は短くし、

逆に冬休みの期間を長くとるようにしています。

 

同じ地域では、小学校、中学校、高校の夏休み期間は同じ日程になることがほとんどですが、

確実な期間が知りたいということであれば、学校や地域に確認することをおすすめします。

 

2018年は7月21日~9月2日が夏休みの地域がほとんどですが、

前述した通り地域によって差があるので、次の項目で具体的な日付をご紹介します。

最も夏休み日数が短いワースト地方は?

夏休みが最も短いのは、北海道の24日間です。

次いで、岩手県と山形県が26日です。

一般的な夏休みの期間だと43日間なので、20日間近く差があるんですね!

 

北の方ほど夏休みが短くなる傾向があるので、

学生さんは悲しいかもしれませんが、

その分冬休みが長いので長い目で見ると悲しまなくても大丈夫ですよ。

夏休みは誰がどうやって決めているの?

公立の小学校、中学校、高校は地域の教育委員会が気候や地域行事をふまえた上で、

夏休みの期間を決めています。

私立であれば、学校の理事会が決めています。

大学の夏休みを決めるのはその大学自体なのですが、

小学校や中学校、高校に比べて長い時期が設定されることの方がほとんどです。

まとめ

1日でも長いと何となくうれしく感じた夏休みですが、

地域や学校によって差があったり、冬休みの期間と調整されていたりするんですね。

夏休み期間は、色々な体験ができる行事やイベントがたくさんです。

企業も休みになるところが多いので、家族と過ごす時間も増えるのではないでしょうか。

 

普段はなかなかできないことに時間をかけて挑戦してみたり、

積極的に地域の人や親戚と関わったりしてみて、ぜひ楽しい思い出をたくさんつくってください。