マナー

残暑見舞いを送りたい!すぐに使える送り先別の例文集(ビジネス編)

Pocket

この記事の所要時間: 543

まえがき


夏にやりとりされる「暑中見舞い」や「残暑見舞い」。年賀状ほどではありませんが、季節の区切りや近況報告を兼ねてやりとりしている人も少なくないのではないでしょうか。
今回は、ビジネスのやりとりで使える「残暑見舞い」についてご紹介します。
普段お世話になっているビジネス関係の人や取引先に使いやすい例文を掲載しますので、ぜひ参考にしてください。

残暑見舞いとは?そもそもなぜ送るの?


残暑見舞いとは、立春から8月末までに送る季節の挨拶状です。日頃お世話になっている人や、仕事関係のお客様・取引先に送ります。
季節の挨拶にはじまり、近況や自分のこと、家族のことなどを書いて送るのが一般的ですが、会社や関係者にビジネスとして出す場合には、新製品やセールの案内を書いて送ることもあります。
夏季休業やクールビズを行うお知らせを一緒にしてもいいですね。

残暑見舞いはいつからいつまでに送ればいいの?


「残暑見舞い」は、一般的に立秋を過ぎてから相手に届くときに使う表現です。梅雨明けから立秋までは「暑中見舞い」になるので、違いに注意しましょう。
ちなみに2018年の立秋は8月7日なので、7日を過ぎるようなら残暑見舞いとして送ってください。
また、残暑見舞いを送るのは8月いっぱいまでといわれているので余裕をもって送るようにしましょう。

暑中見舞いとの違いは何?


残暑見舞いと暑中見舞いの違いは、基本的には送る時期のみです。
ですが、時期の違いによって季節の表現に若干の違いがでるので注意が必要です。
例えば、暑中見舞いは「暑中お見舞い申し上げます」と書き始めることが多いですが、残暑見舞いでは「残暑お見舞い申し上げます」という表現になります。

構成のポイント・レイアウト・宛名の書き方


残暑見舞いは、暑い中相手を気遣って送るものなので、簡潔に書き、一緒に添えるイラストや写真も夏らしくさわやかなものにしましょう。
①冒頭の挨拶
「残暑お見舞い申し上げます」、やや大きめの文字で書きます。
②季節の挨拶、相手を気遣う文章
「立秋とは名ばかりの暑い日々が続き秋が待ち遠しいですが、お元気でいらっしゃいますか」「猛暑が続いておりますが、皆様方に置かれてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます」、立秋を過ぎているので暑中見舞いより少し後の季節の挨拶を書くようにします。
③近況報告、お礼、お知らせなど
自分や会社の近況報告を書きます。お中元や暑中見舞いのお礼を添えるときは、ここに書きましょう。ビジネス用の残暑見舞いであれば夏季休業やセールの案内、クールビズに関するお知らせなどを書くと良いでしょう。
④先方への気遣いの言葉、相手の無事を祈る言葉、終わりの言葉
「まだしばらくは暑さがおさまる気配もございません。体調にはくれぐれもお気を付けくださいませ」という先方への気遣いの言葉や、「取り急ぎ残暑見舞いかたがた、お礼のご挨拶とさせていただきます」など終わりの文章を書きます。
⑤日付
「平成〇〇年晩夏」「平成〇〇年八月」など、正確な日付ではなく時期を書くのが残暑見舞いの慣例です。
⑥差出人
ビジネスとして残暑見舞いを送るのであれば、差出人の住所や会社名・氏名を記述してもよいでしょう。

個人→個人(上司や先輩へ)例文

残暑お見舞い申し上げます

残暑なお厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。
私は夏休みを使い、久しぶりに実家に帰ってきました。
体調を崩しやすい時期なので、くれぐれもご自愛だくさい。

平成〇〇年晩夏

個人→個人(部下へ)例文

残暑お見舞い申し上げます

立秋は過ぎたものの猛暑が続きますね、お元気でお過ごしでしょうか。
私は家族ともども、厚い中とはいえつつがなく過ごしております。
秋風が吹くのはまだ少し先になりそうですが、どうかお体にに気を付けておすごしください。

平成〇〇年 八月

会社→個人(お客様へ)例文

残暑お見舞い申し上げます

平素は、格別のご高誼を賜り深く感謝しております
当店では夏の暑さを吹き飛ばすサマーセールを開催中です
スタッフ一同、暑さに負けずに元気にお待ちしております

今後とも、一層のご愛顧をお願い申し上げます

平成〇〇年晩夏

残暑見舞い申し上げます

当店では〇月〇日にサマーセールを実施いたします。
通常価格から〇%オフになり、大変お得な機会ですので、皆様お誘いあわせの上ぜひご来店ください
スタッフ一同心よりお待ち申し上げます

平成〇〇年 八月

会社→会社(取引先へ)例文

残暑お見舞い申し上げます

猛暑が続きますが、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

誠に勝手ではございますが、当社では〇月〇日~〇月〇日の期間を夏季休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

貴社のさらなる飛躍をひとえにお祈りいたしております。

平成〇〇年八月

残暑お見舞い申し上げます

皆様におかれましては、益々ご健勝のこととなによりに存じます

当社では節電のためクールビズで営業をしております。ご不便をおかけしますが、当社へお越しの際はできるだけ軽装でご来社くださいますよう、ご理解とご協力をお願い致します。

今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りたく謹んでお願い申し上げます

平成〇〇年 八月

暑中見舞いへの返事に残暑見舞いを送るときの例文

残暑見舞い申し上げます

立秋とは名ばかりで暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか

ご丁寧なお見舞いをいただきましてありがとうございます
普段のお気遣いだけでなく、盛夏の気遣いもいただき感謝いたします

暑さの疲れが出やすい時期ですので、どうぞお体にはお気を付けください。

平成〇〇年 八月

残暑見舞い申し上げます

残暑なお厳しき折、皆様おかがお過ごしでしょうか。
先日はご丁寧な暑中見舞いをいただきまして、誠に恐縮しております。

秋風を感じるのはまだ先になりそうな暑さですが、どうぞご自愛ください。

平成〇〇年 晩夏

まとめ・感想・意見など


暑さが続く時期に残暑見舞いで気遣われると、きっと相手も喜ぶのではないかと思います。
残暑見舞いはあまり形式が厳しくないので、ビジネス関係だと近況や挨拶だけでなく商品やサービスの紹介も失礼にはなりません。
仕事もまずは人間同士の交流です。スムーズな人間関係を築くためにも、気軽に残暑見舞いを送って見てはいかがでしょうか。