Pocket

この記事の所要時間: 516


外出先でお手洗いに行くと、トイレットペーパーが三角に折られていることがありますよね。普通のご家庭でも、掃除後には三角折りにしているところもあります。ちょっと高級なデパートや飲食店ではよく折られているイメージです。
一般のご家庭のトイレを借りた時も三角折りにされていることがあります。
知人も、義母が家のトイレでも三角折りをするタイプだと話していました。
切った面が隠されていてきれいに感じますが、これってそもそも何か意味はあるのでしょうか?使用後、マナーとしては自分も折った方がいいのか折らない方がいいのか決まっているのでしょうか?
今回は、トイレットペーパーの三角折りについて、起源やマナーをご紹介します。

トイレットペーパーを三角折りするようになった起源は?


トイレットペーパーを三つ折りするようになった起源というのは実ははっきりしていないようです。よく使われる説がいくつかあるので、ご紹介しますね。
一番よく言われているのが「アメリカの消防士が考え出したものだ」という説です。
この説は一般的に広く使われていて英語で消防士はファイアーマンというのにちなんで、トイレットペーパーの三つ折りを「ファイアーホールド」というそうです。
トイレに入っているときに出動要請を受けても、できるだけすぐに対応できるようにとトイレットペーパーをつかみやすいように三つ折りするようになったのが起源だそうです。
ですが、実際アメリカの消防士はトイレットペーパーを日本で使うのと逆向きにセットして使うので、アメリカの消防士が起源だという可能性は低いとも考えられています。アメリカの消防局自体が否定していますし、トイレットペーパーを三角折りにしたところでそんなに出動時間は変わらないと考えると確かに可能性は低そうです。
有名な話なのに可能性が低いって不思議ですよね。
他にも、銀座の老舗高級クラブのママがトイレットペーパーの三角折りを始めたという説があります。折り紙が好きでおもてなし上手だったママが、トイレの清掃を知らせるサインとしてトイレットペーパーの端を折って「逆さ富士(水面に映った富士山。縁起がいいとされています)」に見立てて三角折りにしたという説です。
それをみたホテルの関係者がトイレ掃除終了のサインとして従業員の間に知らせるために真似をして使うようになり、そこから全国に広がったという話があります。

トイレットペーパーを三角折りにする理由は?

店舗やホテルでトイレットペーパーが三角折りにされている理由は、トイレ掃除が終わっているというお知らせのサインです。決して「消防士並みにはやくでてください」という意味ではないので安心してください。

トイレットペーパーを三角折りするのは衛生的にどうなの?


トイレットペーパーの意味は分かりましたが、掃除のお知らせのサインなのに一般利用客も三角折りにするのがマナーだといわれているのはなぜなのでしょうか。
それは、「見た目がキレイ」「あとの人が取り出しやすいようにしている気遣いを感じる」といったことが理由のようです。
ですが、掃除を知らせているのが本来の意味なので、さらに三つ折りにするのは本来マナーではありません。
衛生的にみてもあまり好ましい物とはいえません。トイレを利用したあとに洗っていない手で三つ折りにすると考えるといい気分はしませんし、感染症が発生しやすいトイレでそれをするのはよくないことだとわかりますよね。
病院によっては、「トイレットペーパーを三角折りにしないでください」と書いた紙やポスターを貼っているところもあるそうです。

トイレットペーパーを三角折りすることに賛否両論あり!?


衛生的な面をおいておくにしても、他人が触ったトイレットペーパーを使いたくないという意見は多く、トイレットペーパーの三つ折りに関しては賛否両論があるようです。
中には「気遣いはありがたいけど、折ってある部分は使いたくないからちぎって捨てる」という意見もあり、親切心でやったこととはいえ有難迷惑にとられることもあります。
「従業員間で、トイレ掃除が済んでいることを済ませるサイン」として使われていると考えると、利用後に三角折りにする必要もないですし、衛生面を考えても三角折りをするのはよいとは思えません。
使用後は普通にそのままにしておいた方がよさそうですね。

海外のトイレットペーパー事情


海外ではトイレットペーパーを三つ折りにするのかどうか調べようとしたのですが、そもそも日本とは文化が大きく違いました。
日本のようにトイレが無料でどこでも使えて、トイレットペーパーも設置されていて、そのまま流して大丈夫だという文化は珍しいようです。
海外のトイレはレシートが必要なところや、店・ホテルの利用客しか使えないところが多く、無料公衆トイレではなく有料の公衆トイレが設置されているそうです。なのでコインを持ち歩かないといざトイレに行きたくなったときに困るらしいですよ。
トイレットペーパーも自動で切られたものが排出される機械が存在すると知って驚きました。長さを自分で決められないんですね。機械をつかわずにペーパーがおいてあるところでも、三角折りの文化はないようです。
また、トイレットペーパーを下水に流すと詰まるため、流さず箱に入れるというところが多いようです。
海外に行くときは、その国のトイレ事情を事前に調べておいた方がよさそうですね。
改めて、日本のトイレ文化のすごさを感じました。

まとめ・感想・意見など


よく見かけるトイレットペーパーの三角折りですが、清掃を知らせるために従業員間でサインとして使われているものだったんですね。利用後にさらに三角折りをすると、清掃後か判断できなくなりますし、衛生的に嫌がる人が多いようなので、逆に三角折りをしない方がマナーなんだろうなぁと感じました。
ちょっと高級目なお店の方がよく三角折りをしているような気がするのは、こまめに清掃をしているせいなのかもしれませんね。
一見見た目がきれいな三角折りですが、今後トイレを使う場合にはきれいに掃除されていることに感謝しつつ、使用後はそのままにしておこうと思いました。

スポンサーリンク