ファッション

女性のピアスには意味がある_個数や位置による意味一覧がこちら

Pocket

この記事の所要時間: 735

まえがき

初めてピアスを開けた時、新しい自分になれたようで、ドキドキされた方も多いのではないでしょうか。
今回は、ピアスを実際に開けるまでに至った方のお話なども交えつつ、「女性のピアスの意味」についてご紹介しましょう!

女性がピアスを開けるということ

ピアスには、元々「貫通する」という意味があります。ピアスの歴史は非常に古く、インド・エジプトといった古代インダスやエジプト文明まで遡ります。
ピアスは着飾るため、特に女の子のアクセサリーといった印象が強いですが、本来は邪悪なものから身を守るための「魔除け」だったようです。

その当時、人が病気などをするのは悪魔の仕業であると信じられていて、人の体に開いている穴には、外界から魔物が入ってくる場所と考えられていました。
そのため、耳に光輝くものをつけて、暗闇に潜む魔物を遠ざけようとしたのです。
そういった部分を保護するために、耳や鼻など穴の開いた部分を保護するピアスが用いられるようになりました。

例えばインドでは、ヒンズー教徒の伝統的な儀式として、生後1年以内または3歳になった女の子にピアスの穴を開けます。またエジプトでも、生後7日目の赤ちゃんの名づけとともに、ピアスの穴開けをする誕生祝いがあります。

そのほかにも、女の子が生まれると「女性の印」としてピアスを装着する国もあるようです。
例えばスペインでは、女の子を出産すると退院前にピアスの穴を開ける習慣が今も続いています。生まれてすぐに開けるのは、赤ちゃんが大きくなって耳をいじるようになると、感染症のリスクが高まるという理由からだそうです。
こうした風習は中南米の国で行われているため、赤ちゃんのピアス姿も珍しくありません。
このように、その国々や文化によって、様々な意味が込められているようですね。

現在の日本では「ファッション」として注目されており、手軽にピアスを開けるための「ピアッサー」といったものもが、雑貨屋さんなどで売られています。

女性が片耳だけにピアスを開けている場合

では実際に耳にピアスの穴を開ける場合、どのようなことに気をつければ良いでしょうか。
耳たぶの名称は「イヤーロブ」とも言います。
一般的にピアスを開ける位置でオススメなのが下のほう、特に「耳たぶ中央からやや下寄りに位置するところ」です。
やや下寄りに開けることで、チェーンやフックといった、昨今の様々な種類のピアスに上手く合うようになります。

また、片耳だけに開ける場合、それぞれに意味があるのはご存知ですか?

片耳だけにピアスを開ける習慣は、中世ヨーロッパから始まります。
そこには、男性の左耳ピアスに「守る人」、女性の右耳ピアスに「守られる人」という意味が込められていたのです。
その時代、普段男性が女性と歩くとき、必ず男性は右側を歩き、女性は左側を歩いていました。常に利き手である右手をフリーにすることで、いつでも女性を守ることができるように、その習慣があったようです。その事から由来し、今でも海外では「エンゲージリング」の意味をもつ地域もあるようです。

では、女性だけが片方にピアスを開ける場合は、どのような意味があるでしょうか?

女性が右耳だけにピアスを開ける場合、「守られる人」のことから「優しさと成人女性」という意味があります。
左耳だけにピアスを開ける場合、「守る人」のことから「レズビアン」という意味をもつようになります。

このどちらも主にヨーロッパでその意味をもつようですが、昨今では海外旅行も盛んになってきておりますので、上記のような意味をもつことに注意しておきましょう。
なお、両耳に1つずつピアスを開ける場合には、一般的には特別な意味はありません。性的な意味からあえてお伝えするならば「ノーマル」といった意味があるようです。

女性が左右で数が違うピアスを開けている場合

時々街中で、左右に違う数のピアスをつけている方を見かけたことはありませんか?
特に、10代~20代の若い方に多いように感じられます。

先程はヨーロッパでの習慣を主軸にお話しましたが、日本では左右で数が違うピアスを開ける場合、どのような印象があるのでしょうか。

ヨーロッパでは偶数にその意味を込めるそうですが、日本では七五三のように「奇数」にその意味を込める傾向にあります。
日本では昔から割り切れてしまう数字は縁起が悪いとされているので、ピアスを開ける数においても「奇数」の方が良いでしょう。

その奇数の数のでも、それぞれで意味は異なるようです。

1つの場合
恋愛運が上昇

3つの場合
仕事・勉強運が上昇

5つの場合
人生が良い方向へ向かう

それ以上の奇数 
特になし

といった意味があります。これらは、日本独自のものです。
あくまで個数による意味ですので、その位置によって意味が変わるということはありません。ですので、同じ数でもその位置で個性を出してみるのも、オシャレを楽しまれる方には良いのではないでしょうか。

また、複数のピアスをつける場合、「緑や青、白といった目立ちすぎない色にする」「ハートマークなどの特徴的な形は避ける」と、とてもオシャレに見えるようです。

ピアスを開けると運気が上げるって本当?

ピアスは穴を開ける行為ですので、ピアスの由来から考えますと「今の流れを変えたい」方にオススメします。

とある女性のお話ですが、最初はピアスを開けることに対して抵抗があったようです。
主な理由として、「ピアスって耳に針を通すでしょう。そんな痛いことしたくない。」というのが主な理由でした。その女性は大人しい方で、あまり普段からオシャレをしている方でもありませんでした。
しかし社会に出て、色んな人と接するうちに、その考え方に変化が訪れました。
お話を聞くと「自分で何か一歩を踏み出したい。」という気持ちがあるとのことでした。

その後彼女は自分で病院の予約をし、ピアスを開けることができました。
その彼女が言うには、「実際に行動する勇気がもてた自分に対して、少し自信をもつことができた。」と嬉しそうに話をしてくれました。

そのほかにも、ピアスをしている方で、お釈迦様(仏教の開祖)がいらっしゃいます。
実は、奈良や鎌倉の大仏様の耳にも、ちゃんとピアスホールがあるのをご存知ですか?
このピアスホールには耳朶環(じだかん)と言い、智恵(正しく物事を認識し判断する能力・道筋をわきまえ、正しく判断する心のはたらき)や人々の声を聞く自愛を表すようになりました。

このように、運気というのは自分の中の考えた方や行動によって変わってくるものですから、挑戦してみることで、自分のことをもっと好きになれるきっかけになるかもしれません。

ピアスを開けたくない場合はイヤリングがお勧め

しかしそうはいっても、どうしてもピアスを開けたくない、開けられない理由がある方もいらっしゃいますよね。そういった方に、オススメのアイテムをご紹介します。

まず定番なのが、「イヤリング」です。
普段の生活に使えるものから、パーティーなどの華やかなシーンに合わせて、パールのイヤリングなどを持っておくと、様々な場所で重宝しますね。

「イヤーカフ」
イヤーカフは耳たぶの軟骨に挟み込んで身につけます。そのため、イヤリングのように金具で耳を圧迫することはありません。
その種類も実に様々で、季節ごとに新しいデザインの物が出てきております。

イヤーカフ簡単作り方 イヤフォンジャックにも変身 広島手芸雑貨店「Leche れちぇ」

「イヤークリップ」
軟骨につけるのに抵抗がある方にオススメします。
こちらは耳たぶに沿うようにしてはめるアクセサリーになります。
イヤーカフ同様、その種類も様々で新作も続々発表されています。

「イヤーフック」
耳にかけるタイプのアクセサリーです。
動くたびにユラユラと揺れますので、女性らしさをアピールするのに人気のアイテムです。

【100均素材】花のイヤーフック作ってみた

「マグネットピアス」
耳に穴を開けないで、磁石の力でピアスのように見せるアイテムです。

手軽に楽しめるアイテムではありますが、知らない間に落としてしまったとの声もあるため、こちらは耳たぶの薄い方にオススメします。

まとめ

本来「魔除け」の意味のあるピアスですが、昨今の日本ではその楽しみ方は様々です。
「オシャレを楽しみたい」方にはぜひ、意味だけにとらわれず、新しい自分への第一歩を踏み出してくださる機会となれば、嬉しく思います。

浅葱 彰(あさぎ あきら)