言葉・文章

6月の結婚式「ジューンブライド」ってどんな意味や由来があるの?

Pocket

この記事の所要時間: 547

6月の結婚式といえば、「ジューンブライド」が有名ですよね。この時に合わせて、様々な準備をされている方も多いかと思います。
しかし、どうして6月だけこのように特別視されるのでしょうか?
今回はそんな「ジューンブライド」について、詳しくご紹介していきましょう。

ジューンブライドの意味や由来は?

「ジューンブライド」とは、ヨーロッパから伝わった「6月の花嫁は、より幸せになれる」という結婚のジンクスの一つです。
このジンクスには、ローマ神話の「女神ユノー(ギリシャ神話では、ヘラとも言われている)」から由来すると言われています。6月の月名「Juno」の語源になっている彼女は、女性の結婚生活を守護する女神で、主に結婚・出産を司っています。
彼女は主神ゼウス(ギリシャ神話の全知全能の存在。全宇宙や天候を支配するとされている)の妻でもあり、女性と家庭・子どもを守る女神として古来よりあがめられてきました。

また、美しい王冠をかぶった荘厳な姿で描かれ、孔雀がその聖鳥であると言われています。
孔雀はその美しい姿や毒蛇や毒虫も食べてしまうことから「毒のある生き物の害を取り除く神聖な生き物」として神格化され、数々の神話のモチーフになっています。

そんな孔雀を聖鳥として従え、結婚・出産を司る女神ユノーの加護を受けられるということから、6月の「ジューンブライド」は各地に広まっていったのです。

ちなみに、昨今では結婚指輪にも「ユノー」と名のついているものもありますので、探してみるのも良いかもしれませんよ。

ジューンブライドと日本

6月に日本で結婚式を挙げるとすれば、何を想像するでしょうか。
日本でいう6月は、北海道などの一部地域を除いて「梅雨」の季節ですよね。旧暦の考え方でも、「水無月(水無月の「無」は神無月と同じく「の」にあたる)と呼ばれて「水の月」であるとされています。
雨では屋外の挙式は難しいですし、集まってくださる方々にも、何かとご不便をお掛けしてしまうこともあるでしょう。また、会場の湿気が多く、せっかくの食事が痛みやすいという懸念もあります。
このこともあり、日本でいう6月の結婚式とは、そこで働く人が苦心する程難しいものだったのです。

このことにより、1967年(昭和42年)~1968年(昭和43年)にかけて、当時ホテルオークラの副社長だった方が、海外の言い伝えであった「ジューンプライド」を全面的に宣伝活動しました。この動きは、海外に憧れをもつ若い方々に喜ばれ、その結果、日本でも「6月の挙式はより幸せになれる」と言われるようになっていきました。

ではもしも、6月に結婚式を挙げるとすれば日取りはどのようにすれば良いでしょうか。
6月の結婚式の日取りとしてオススメなのは、初旬の土曜日や日曜日です。
もちろん地域によってということもありますが、6月の結婚式で最も雨が降りにくいようです。また2018年6月には、3日(日曜日)と9日(土曜日)が大安となっています。

比較的雨が降りにくいといっても、もちろん雨が降ってしまう可能性もあります。
そういった時のために、前もって対策を考えておくとすれば、どうすれば良いでしょうか。

1.会場へのアクセス、駅などへの送迎の手配に気を配る
駅から少し歩くような場所であれば、送迎バスの手配やタクシーチケットの準備をしておくと良いでしょう。来てくださる方々ができる限り雨に濡れないような気配りがあると、喜ばれますよ。

2.濡れた時のために受付にフェイスタオルを準備
会場の入り口や受付で、体や服を拭けるようにフェイスタオルを準備しておくと良いですね。雨が降ってしまった場合、どうしても濡れてしまうことがあります。その際に、サッと手渡せるタオルがあれば、慌てることもありませんね。

3.できる限り室内での演出を取り入れる。
会場によっては室内でも屋外と同じ演出をしてくれる会場もあります。事前に確認を取っておき、せっかくの結婚式ですから、演出が中止になってしまい悲しい思いをしないようにしておきましょう。

6月のキャンペーンに合わせて価格を抑えている会場も多いですから、その分の費用をこういった心配りに使えると良いですね。

その他にも、雨の季節だからこそ「紫陽花」をテーマに会場を飾り付けして頂けるように会場の方と相談してみるのも良いですね。紫陽花のほかに、その季節に咲く花で「ジャスミン」をオススメします。

紫陽花の花言葉にはその小さな一つ一つの花から「家族団らん・家族の結びつき」という花言葉もあります。その反面、土の性質によって青やピンクになることから「移り気」という花言葉もあります。紫陽花はボリュームもあり会場を盛り上げるには充分な花ですから、こちらを使う際には司会の方に一言花言葉について添えて頂くと良いでしょう。

ジャスミンの花言葉には「優美」「愛らしさ」などという意味があり、その色によって少し異なります。ジャスミンの名前もペルシャ語の「ヤースーミン」という言葉から由来しており、その言葉の意味には「神からの贈り物」と言われています。
まさしく女神ユノーから由来するジューンブライドにオススメの花と言えるでしょう。それに合わせて、引き出物をジャスミンティーなどにしてみるのも、良いかもしれませんね。

6月第1日曜日は「プロポーズの日」!?

6月第1日曜日は「プロポーズの日」であることはご存知でしたか?
この日は、全日本ブライダル教会の会長である、桂由美さんが制定したものです。

2018年の6月第1日曜日は6月3日で、この日に合わせてイベントを開催されている地域も存在します。結婚式を挙げた日や、婚姻届を出しに行った日は覚えていても、プロポーズされた日を覚えている方は、少ないようです。
こういった日に合わせてみると、後々2人にとって大切な記念日としても、お祝いできますね。

たとえば兵庫県神戸市では「神戸プロポーズの日」と題して、9ヶ所で特別イルミネーションを開催し、その場の雰囲気を盛り上げてくれます。

2016年6月5日神戸プロポーズの日ダイジェスト版

プロポーズをするというのはとても勇気のいる事ですが、一番に「相手の喜んでくれること」を考えてみましょう。その時間も、きっとあなたにとって良い思い出になると思いますよ。

まとめ

結婚式は、主に女性にとっての晴れ舞台となることが多いかと思います。
事前に準備することは決して楽ではありませんが、お互いに好きになった人と式の話をすることは、楽しいことでもあるでしょう。
その苦楽を共にするということが、これから夫婦になるということではないでしょうか。
これからは2人で、時に周りに助けてもらいつつ、素敵な家庭を築いてください。