雑学・ネタ

父の日のプレゼントは定番なものを渡したい!お勧めの品物トップ10がこちら

Pocket

この記事の所要時間: 650

まえがき

5月の母の日が終わると、ほどなく父の日がやってきますね。
母の日にはカーネーションを象徴に様々な贈り物がありますが、父の日ともなると贈るものに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
今回は父の日ができた理由について簡単にご説明した後に、「父の日に贈って喜ばれたプレゼントは何か」について、また、父の日の以外な贈り物についてもご紹介しましょう!

父の日で失敗したくないなら定番のプレゼントがお勧め!

父の日は、母の日同様とある一人の女性が父親を尊敬する気持ちから誕生した日です。
その父親は、かつて南北戦争に召集されていました。彼には6人の子どもがおりましたが戦争が終結し無事に帰ってくると、ほどなく妻が亡くなってしまいます。
その後、家事や育児についてほとんど知らない中、父親と子ども6人との生活が始まりました。
戦後の混乱の中、働きながら6人の子どもを育てることは、決して楽なことではありません。そんな父親に「感謝の気持ちを贈りたい」という想いが「父の日」には込められているのです。

では、父の日に「感謝の気持ち」を贈るには、どういったものが良いでしょうか。
それでは実際に「父の日に贈って喜ばれたプレゼントは何か」について、ご紹介していきましょう!

甘いものが好きなお父さんに!人気のスイーツ

食後のちょっとした時間にスイーツを食べたくなるお父さんも多いのではないでしょうか。
その中でも、これぞという定番のものをご紹介します。

1.クッキー
種類は多種多様にありますので、50代以上の方にはレトロな昔ながらのクッキーを贈ってみることをオススメします。中にはクッキーの一つ一つに文字を入れて、メッセージとして、贈れるものもありますよ。

2.アイス
6月は梅雨の季節ですし、何かと冷たいものが恋しくなる季節ですね。
アイスは冷凍庫に入れておけば賞味期限をほとんど気にしませんし、定番のものから少し変り種のものまで、その種類はとても豊富です。

3.ドラ焼
洋菓子が苦手な方でも、ドラ焼の表面に焼き文字を入れて、感謝のメッセージを贈ることができるものもあります。また、中の餡の種類も多いですので、お好みに合わせて選んでみるのも楽しいですよ。

4.セット
一つの種類に絞れない方には、様々な種類の入ったセットをオススメします。
竹に入った羊羹とわらび餅、梅ゼリーなどがセットになった、その季節らしいセットもありますので、探してみると良いでしょう。

お腹も心もいっぱいに!グルメ

お祝いの機会ですから、家族皆で食べられる「お取り寄せグルメ」のようなものもオススメです。一つの種類ではなく様々な種類がありますから、「お取り寄せグルメでお食事会」のようなものを開いて、皆でお祝いしてみるのも楽しいですね。

お仕事の後の一杯に、お料理にも合う!お酒

お食事の席に合わせて、お酒を贈るということも良いのではないでしょうか。
最近ではサーバーに名前を入れて贈ることができるものから、ワインや日本酒のビン・グラスに名前を入れて贈ることもできます。
お酒を嗜むお父さんにとって、たった一つのお酒というのは、特別感のあるものだと思いますよ。

買う機会がないけど実はこれが好き!フルーツ

6月に旬を迎えるフルーツをご紹介します。

スイカ
キウイ

さくらんぼ
枇杷(びわ)
ブルーベリー
メロン
マンゴー
パイナップル
ライチ

などがあります。最近ではカット済みのフルーツをクール便で送ってくれるものもありますので、そちらもオススメします。

趣味の時間を楽しんでほしい!ゴルフ・盆栽など

仕事をされている時から、会社のお付き合いでゴルフに行かれる方も多いのではないでしょうか。消耗品は普段から使い慣れたものを愛用されている方が多いですから、こういった物を贈ると喜ばれるようです。

1.ネームプレート
ゴルフクラブを収納するのに、必ずバッグを持って行きます。
そこに着けるネームプレートになります。
ゴールドやシルバーといったものから、アクリルやガラスのネームプレートなど、様々な種類が存在します。

2.マーカー(ボールがどこで止まったか解るようにする目印のコインこと)
最近では、プレゼントにスワロフスキー(独自の製法と加工法によるカッティング技術が施されたガラス)を使用して方のイニシャルを入れることができるものもあります。
スワロフスキーは普通のガラスより輝いて見えますので、よりプレゼントとしても喜ばれる方が多いようです。

3.ボールケース(予備のボールを入れる腰に着けるケース、縦型より横型の方が喜ばれる)
父の日に贈るものでしたら、ベルトに装着できるタイプのレザーの物もありますので、そちらを選んでみても良いでしょう。

最近では、ゴルフといったアクティブなものから、趣味の時間にガーデニングの一環として盆栽をされる方も増えてきています。必要な物がセットになっている物もありますので、この機会に一緒に趣味について語り合うのも良いですね。

たまには夫婦で!旅行

お仕事で忙しいお父さんや、あまり普段旅行に出かけることのないお父さんでも、日帰りで充分満喫できるツアー旅行がありますね。
ご夫婦水入らずの旅行もオススメしますが、お父さんは照れ屋で素直ではない場合もありますから、そういった時は「自分がゆっくりしたいから、付き合ってほしい」と誘ってみると、嬉しそうに付いて来てくれるかもしれませんよ。

【はとバスで行く】茨城県で梨狩り&絶品寿司食べ放題!激安日帰りバスツアー

奈良交通で行くおすすめバスツアー

いつまでも若々しくいてね!衣類・小物

40代以上ともなると、中々新しい色やデザインの服を着る機会も少ないのではないでしょうか。この機会に、普段とは違うものを贈ってみるのも良いでしょう。

服となると、着て行くのに抵抗があるお父さんも多いかもしれませので、例えば眼鏡ケースや小銭入れ、財布といった小物をプレゼントすることをオススメします。

新しい何かを発見!体験型チケット

最近では、お試しにマッサージやクルージング、クライミングや和太鼓・書道体験といった1日体験ができるチケットを贈られる方も多いようです。
その機会に始めてみて、「その趣味にすっかりハマってしまった。」なんて声も多いようですね。

やっぱりお父さんが一番!トロフィー

お父さんの写真をガラスに刻印して、オリジナルのトロフィーを贈ることのできるものがあります。その種類も、ダイヤ型のトロフィーといったものから、カップ型、大きいものから小さいものまで多種多様です。定年を迎えられる際にも、オススメします。

クリスタルトロフィー2

綺麗で印象的な感謝状

まだまだ現役!働くお父さんへ

まだまだ会社で働く機会の多いお父さんには、ネクタイや腕時計、万年筆といったプレゼントを贈るのはいかがでしょうか。
ネクタイや季節に合わせたものをセットにしているところもありますし、お父さんの好みに合わせて一つ一つ選んであげるのも良いですね。
サプライズで贈るのも良いですが、人生の先輩としての意見を仰ぎつつ、一緒にお買い物に行くのも素敵だと想いますよ。

まとめ

また意外なことに、父の日にも贈ると良いとされる花があります。
それは、「黄色いバラ」なのです。
バラは、かつて6人の子どもを育てた父親が亡くなった時に、娘が墓前に供えた花から由来しています。黄色とは「幸せや幸福の象徴」であると言われているのです。
「バラを贈っても喜んでもらえない。」と思われる方には、プレゼントのリボンの色を黄色にしてみることをオススメします。その際には、ぜひこのお話を添えて贈られてみてください。

浅葱 彰(あさぎ あきら)