季節の行事

母の日のプレゼントに実用的なものを渡したい!お勧めの品物トップ10がこちら

Pocket

この記事の所要時間: 621

まえがき

5月のこの季節にお買い物に行くと、お店で必ず見られるのが「母の日ギフト」ですよね。
中を見てみるとそのほとんどがカーネーションやその他のお花の紹介で、毎年のことに何か別の物をと悩まれる方も多いのではないでしょうか。今回は、なぜカーネーションを贈るのかご紹介した後に、「お花のほかに贈るとしたら」に注目してご紹介しましょう!

母の日にはお花もいいけれど実用的なプレゼントもお勧め!

ではまず、なぜカーネーションを贈るのが主流となっているのか、ご紹介します。
カーネーションを贈るとされるのは、アメリカ発祥で、アンという女性が南北戦争時代に負傷兵のケアを行っていました。また、「怪我人に敵も味方もない。」という考え方から、敵兵のケアも献身的に行っていたのです。娘のアンナはその姿を、とても尊敬していました。
その後、娘のアンナが母の追悼式で、参加者に母の好きだった白いカーネーションを配ったことにより、カーネーションが、母の日のシンボルとされていったのです。

このように、母の日にカーネーションを贈る意味をお話しましたが、その原点には「母への感謝」が込められています。自分たちを育ててくれた母が本当に喜んでくれるものは何なのか、「喜んでくれた」という声の多かったものをご紹介します。

甘いもの好きな人は必見!人気のスイーツ

洋菓子
1.ケーキ
お祝いの雰囲気が出ますし、プレゼントで渡すならワンホールのケーキなどいかがでしょうか。

2.プリン
お手軽で食べやすいのが魅力ですね!
最近では味の種類も増えてきていますので、新しい味を試してみるのも面白いかもしれませんよ。

3.チョコレート
シンプルなものもいいですが、ナッツやカカオ、フルーツの風味がしたものも違った味わいが楽しめます。一つ一つ種類が違うと、見るたびにワクワクします。

4.クッキー
レトロな懐かしいクッキーから、昨今の少し変わったクッキーまで、その種類は様々です。
50代以上の母親世代にも、喜ばれるかと思います。
昨今ではクッキー一つ一つに文字を入れて、メッセージを送れるようなものも、ありますよ。

5.アイス
5月ともなると、初夏を感じさせる日もありますよね。
アイスは買ってからの期限をほとんど気にしませんし、少し高級な物を贈ってみるのも良いのではないでしょうか。

6.マカロン
何より、そのカラフルな色合いが見る人を楽しませてくれます。
ふわりとした優しい食感もまた、魅力の一つですね。

和菓子
1.大福
小豆の餡を使っているものも多いですが、昨今では抹茶餡やお芋餡など、多種多様な味が楽しめますね。

2.ドラ焼
表面に焼き文字を入れて、感謝のメッセージをこめてくれるものも多いです。
大福と同様に、中の餡も多種多様にありますし、大福とは違った楽しみ方ができます。

3.生菓子
古くから、芸術品のような生菓子がたくさんありますね。
その季節に合わせたものでも良いですし、お母さんの好きなものをモチーフにした和菓子を探してみるのも、楽しいと思います。

何か月待ってでも良いから一度は食べたい「お取り寄せスイーツ」7選

普段何かと高くて手が出せない!フルーツ

5月に旬を迎えるフルーツをご紹介します。

さくらんぼ
枇杷(びわ)
キウイ

グレープフルーツ
マンゴー
ライチ
パイナップル

などがあります。最近ではクール便でカットしたフルーツをお花に見立てて贈れるようなものもありますよ。

【必見】ダイエット中におすすめのフルーツ10選

これで少しでも楽に!家電製品

昔は「冷蔵庫・掃除機・洗濯機」が家庭の三種の神器と言われていましたが、最近は「全自動洗濯乾燥機・ロボットクリーナー・食器洗い乾燥機」が三種の神器と言われています。
日頃何かと家事に追われることの多いお母さんに、一緒に下見をして贈ってみてはいかがでしょうか。様々な用途で沢山の種類のものが出ておりますので、見ているだけでも楽しいものです。

洗濯物は外に干すのが好き方でも、食器洗い乾燥機は水に触れる機会が減りますので、手荒れに悩んでいる方にもオススメします。

趣味の時間を楽しんでほしい!手芸・園芸

園芸を趣味とされている方には、新しいエプロンや帽子といったものもありますし、長靴、ハサミなど普段使っていて古くなったものを、新しく贈るといった方法もありますね。

手芸を楽しまれる方には、普段使うものを見に行ってみてもいいですし、キットといった基本的な物が揃った新しいものを贈ってみても良いですね。
最近では、「ハーバリウム」といったドライフラワーをガラス瓶などに詰めた中にオイルを入れて、楽しめるようなものもありますよ。

ハーバリウムの作り方【カラーボトルキット】

たまには夫婦で!旅行

夫婦揃ってお仕事をされていた方は、旅行に行ける機会もなかったという声をよく耳にします。ご家族皆で出かけられる温泉旅行なども良いですし、日帰り入浴できるところも多数ありますよ。

日頃の疲れを癒してね!マッサージ・エステ

毎日慌しく過ごされているお母さんに、マッサージ・エステのチケットを贈るというのも良いでしょう。最初は抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんので、「2人で一緒に行きたいから付き合って。」とお誘いしてみるのも良いかもしれませよ。

たまには気分を変えてみて!化粧品

お化粧は毎日される方でも、何かと決まったものをずっと使ってしまいがちですよね。
しかし、お母さんにとって愛着があるかもしませんので、そういった場合はスキンケアセットのような「お肌を労われるもの」を贈ってみることをオススメします。

自宅で正しいスキンケア方法

何を身に着けても似合うね!衣類・小物

これから日差しが強くなる季節ですね。
最近は紫外線をカットしてくれるようなものもありますし、ストールやスニーカーといった普段にも使えるものを選んでみるのも良いでしょう。
そのほかにも、バッグ、財布、アクセサリーといったものを贈ると、喜ばれたという声が多いようでした。

美味しいご飯で幸せに!グルメ系

母の日に手料理を振舞うのも良いですが、昨今では「おとりよせグルメ」といったものも人気です。サプライズでこっそり購入しておくのもいいですし、沢山種類もありますから一緒に選んでみるのも楽しいでしょう。それに合わせて「お食事会」のような皆が集まれるイベントにしてみても良いですね。

まだまだ現役!働くお母さんへ

テレビを見ながら使えるマッサージチャアや、パソコン作業で疲れた目にアイピロー(中袋を電子レンジで温めて使うと、凝り固まった目の筋肉をほぐしてくれます)といったものが人気のようです。そのほか、上質な文具を贈るという意見も多いようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ものが充実している昨今では、揃わないものが無いといえるほど、その種類も様々です。
ぜひこの機会に、お母さんの好きなものを思い返してみてください。
きっと、素敵なものに出会えると思います。そして、その日がご家族によって、幸せな1日になることを願っております。

浅葱 彰(あさぎ あきら)