マナー

法要の案内状はどう書けばいい?すぐに使える例文(封書・ハガキ)がこちら

Pocket

この記事の所要時間: 626

まえがき


母が亡くなったので、法要の手配が必要になりました。親戚や知人に案内状を送ろうとしたのですが、はじめてのことなのでどういう文章や書き方で案内状を送ればいいのかがわからずに困りました。
今まで送られてきた案内状は、ハガキで受け取ったこともあるし封書で届いたこともあります。
ハガキと封書、どちらが正式なんでしょうか?それとも、法要や法事の種類によって、案内状の送り方に違いがあるのでしょうか。
法要、法事の案内状の例文や書き方、送るタイミングやマナーを調べたので、私と同じように困っている人のためにご紹介します。

法要とは?


法要とは故人の冥福を祈るための供養で、家に親戚や生前の友人知人を招いたり、お寺に集まったりして行います。
最近は葬儀のあとに初七日法要を続けて行う「式中七日」が増えています。式中七日を行う場合は、葬儀の参列者が、そのまま法要にも参加します。
仏教では、亡くなってから四十九日を区切りに霊から仏になるといわれているので、その区切りになる四十九日法要はほとんどの家で行われますし、人を呼んで盛大に供養をするところが多いようです。
地域によっては五七日を忌明けとして考えるところもあり、その場合は四十九日法要と同様の法要を行います。
七回忌以降は遺族と親族のみで法要をすることがほとんどで、規模も縮小される傾向にあるようです。

読み方 時期 参列者
初七日 しょなぬか 7日目 遺族、親族、友人や知人 読経、焼香を行います。
二七日 ふたなぬか 14日目 遺族のみ
三七日 みなぬか 21日目 遺族のみ
四七日 よなぬか 28日目 遺族のみ
五七日 いつなぬか 35日目 遺族のみ 地域によって五七日を忌明けとして考えるところもある
六七日 むなぬか 42日目 遺族のみ
七七日 なななぬか 49日目 遺族、親戚、友人や知人 いわゆる四十九日。読経や焼香を行い、納骨式や位牌を納める作業を行うところが多い
一周忌 いっしゅうき 満1年 遺族、親戚、友人や知人 読経や焼香を行う
三回忌 さんかいき 満2年 遺族、親族、友人や知人 読経や焼香を行う
七回忌 ななかいき 満6年 遺族、親族のみで行うことが多い 読経や焼香を行う。七回忌以降、法要の規模は縮小される

法要の案内状を出す場合はどんな時?


前の項目で説明をした通り、法要によって参列者が違うので、案内状を出す場合と出さない場合があります。
初七日と四十九日、一周忌、三回忌は故人の友人・知人を呼ぶのが一般的なので、参加者に案内状をだして法要の日時を案内します。それ以外の法要は遺族や親族のみで行うので、最近では案内状は送らない場合も多いようです。

法要の案内状はいつおくる?


法要の日程が決まったら案内状はできるだけ早めに送るようにしましょう。2か月前にはお寺や僧侶を手配して、1か月半前には案内状を作り出すペースがおすすめです。遅くとも1カ月前には案内状が届くようにします。
相手の日程調整のありますし、法要をする側も参加者の人数に合わせて引き出物や食事を用意するので、余裕をもって案内状を送りましょう。

案内状を送るときのマナー


法要の案内状を送るときは、普通の手紙とは違って書き方自体にも特別なマナーがあるので注意しましょう。
①句読点をつけない
法要の案内状に限らず弔事の文章では句読点をつけません。
句読点をつけないことで相手に敬意を示すので、1字空きにして文章を作るようにしましょう。
②二重封筒は使わない
案内状を封筒に入れて送る場合は、二十封筒を避けましょう。
不幸が重なるという意味になってしまうので、相手に不快感を与えてしまう場合があります。

法要の案内状の基本構成


案内状はハガキで送っても封筒で送ってもマナーに問題はありませんが、どちらの場合でも記載が必要な項目があります。
まずは、案内状で明記が必要な項目と、基本的な内容の構成を説明しますね。

・誰の法要なのか、どういった内容の法要なのか
故人の氏名と法要の内容(四十九日法要、一周忌法要、など内容)、施主の氏名も明記しましょう
・法要の日時
当然ですが、法要の日時は必ず明記しましょう。基本的には和暦(平成表記)を使います
・法要を行う場所
法要は自宅で行う場合や、お寺や式場など別の場所で行う場合があるので案内状に記載します。
また、法要後に食事会を行うのであれば食事会の会場も一緒に記載しましょう
・おおまかな法要の内容
法要といっても、時期や法要の種類、地域によって内容は違います
僧侶を呼んで読経・焼香を行う法要だけなのか、納骨や墓参りなども行うのか、会食はあるのか。
おおまかな流れを書いておくと参加者に対して丁寧です
・出欠の返信
法要の案内状をハガキで送るのであれば、往復はがきの返信欄、封筒で送るのであれば返信用ハガキを忘れずに同封しましょう

案内状は、前文・主文・末文・後付けの4つにわけて文章を作ります。

内容
前文 頭語(拝啓など)、時効の挨拶、相手を気遣う文章
主文 葬儀のお礼、法要の案内、法要の誘い
末文 結びの挨拶、改行して行末に結語(敬具など)
但し書き 法要の日時や場所、服装や供花・供物の辞退など
後付け 日付(文頭から2文字下げて和暦で発送年月日を明記)、喪主名の順に書きます。

法要の案内状の例文~四十九日法要~


前文 拝啓 〇〇の候 皆様にはご健勝のことと存じ上げます
主文 先般 故 〇〇(故人の名前)逝去の際は ご丁寧な御祝辞ならびにご配慮を賜りまして 誠に有難く厚く御礼申し上げます
この度 四十九日にあたり ささやかではありますが法要を営みたいと存じます
末文 ご多用中のところ恐れ入りますが ご出席を賜りたくご案内申し上げます
敬具
但し書き 記
日時  〇月〇日(曜日) 午前十一時より
場所  〇〇寺院(〇〇県〇〇市・・・・・・)
なお 服装は平服にてお越しください また ご供物ご供花の段は固くご辞退申し上げます
後付け   平成〇〇年〇月〇日
施主  〇〇(施主の名前)

法要の案内状の例文~一周忌法要~


前文 謹啓 〇〇の候 皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じます
主文 夫 〇〇 逝去の際はご丁寧なご祝辞ならびにご労志をいただきまして 誠にありがたく 厚く御礼申し上げます
さて 故 〇〇が他界してから早一年 来る〇月〇日には一周忌にあたりますので生前お世話になりました皆様のご来席を仰ぎ ささやかではございますが 左記のとおり法要を相営みます
末文 法要後は〇〇駅前の「〇〇」にて供養のしるしのお斎を差し上げたいと存じます
ご多用中のところ恐れ入りますが ご来席を賜りますようお願い申し上げます
敬具
但し書き 記
日時  〇月〇日(曜日) 午前十一時より
場所  〇〇寺院(〇〇県〇〇市・・・・・・)
なお 服装は平服にてお越しください また ご供物ご供花の段は固くご辞退申し上げます
後付け   平成〇〇年〇月〇日
〇〇(施主の名前)

まとめ・感想・意見など


法事の案内状を送るのは、ハガキでも封書でも大丈夫なんですね。
送り方よりも、文章のマナーや必要な内容、書き方に決まりがあるので失礼のないようにしたいと思いました。
案内状はわかりやすく明記されていれば問題ないので、相手との関係(上司か部下かの関係性や、年齢など)に注意さえすれば文例をそのまま使っても失礼には当たらないようですので、ぜひ参考にしてください。