マナー

喪主と施主の違いは?喪主は誰が務めるべき?何をする?

Pocket

この記事の所要時間: 514

前書き


先日、母方の祖母が亡くなったので葬儀に参加しました。
母が喪主を務めるのは葬儀前から知っていましたが、「今回は、施主も私が務めるんだよ」という母の言葉ではじめて「施主(せしゅ)」という言葉を知りました。「喪主」はよく聞くけれど、「施主」はあまり聞きなれない言葉ですよね。葬儀をする際には喪主と施主を決めるそうですが、今まで喪主しか意識したことがなかったので驚きました。
喪主と施主の違いは何なのか、それぞれどういった役割なのか。喪主や施主は誰が務めるべきなのかについて調べました。

喪主とは?何をする?


喪主はお葬式をするときの遺族代表のことを言います。「喪に服す主」という意味で、葬儀を主宰するのが喪主です。
年齢や性別に決まりはなく、一般的には故人の配偶者か長男・長女が務めることが多いです。
喪主は参列者の弔問を受けたり、親族代表の挨拶をするという、葬儀の運営全般を担う役割なので、参列者への対応や挨拶ができる人物が担当します。高齢の方や未成年の方が喪主を務める場合は、サポート役を決めることがほとんどです。
告別式を行う場合は、告別式の挨拶も喪主が務めるのが一般的です。

施主とは?何をする?


「喪に服す主」の喪主とは違い、施主は「布施をする主」という意味なので、費用を負担するのが主な役割です。施という字は、お布施からきているんですね。葬儀の費用を負担し、喪主のサポートを行うのが施主です。
一般的に、葬儀の挨拶や参列者の対応は喪主が行いますが、喪主の具合が悪いなど事情があり対応できないときは、施主が代わりに行います。
また、祭壇の両脇に置く供花の順番を決めるのは施主の役割です。故人と血縁関係が近いほど右側に置き、祭壇を挟んで左側に並べます。
供花に対しては後日お礼状を出しますが、喪主は当日忙しいことがほとんどなので、施主が誰から何を頂いたか記録を残すようにしましょう。
葬儀が終わったあとの法要に関しては、すべてが「施主」となり、「喪主」という言葉は使われなくなります。
ちなみに、「施主」という言葉自体は、葬儀だけでなく、建築時や結婚関係でも使われるそうです。

喪主と施主が異なる場合もある?


最近はあまり盛大な葬儀を行わなくなったので、「喪主=施主」ということがほとんどですが、故人の配偶者が喪主を務め、葬儀費用は故人の子どもが施主として負担するということもあります。もちろん、喪主と施主が逆の場合もあります。
また、珍しい例ではありますが、社葬を行う場合は、喪主を故人の配偶者や子供にして、施主を会社にすることもあります。
わかりやすいように、喪主と施主についての一覧を表にしました。

喪主 施主
意味 喪に服す主 布施をする主
役割 遺族の代表 葬儀費用の負担、喪主のサポート
実務内容 葬儀社との打ち合わせ、葬儀に関する連絡窓口、参列者への対応、葬儀での挨拶、告別式での挨拶 葬儀費用の支払い、供花の配置やいただいたお供え物の記録、喪主が挨拶をできない場合は代わりに代表として挨拶
人物 決まりはないが、配偶者や子供の場合が多い 喪主と同じ場合がほとんどだが、配偶者・子どもどちらかが喪主で、費用負担は別の人物になることもある

喪主は誰が務めるべき?順番は?


昔は長男が跡継ぎというのが普通だったので、長男が喪主を務め、配偶者が施主として葬儀費用を出すのが一般的でした。
最近は喪主を務める人について決まりはありませんし、血縁関係などでも特に順番は決まっていません。
一般的には、故人に配偶者がいる場合は配偶者が、配偶者がいない場合は子供が喪主を務めることが多いようです。故人に配偶者や子供がいない場合は、故人の両親か兄弟が喪主を務めます。
以前は親より先に子供が亡くなった場合は、親以外の親族が喪主を務めていましたが、最近は親が喪主を務めることも珍しくありません。

喪主・施主になるときに気を付けること


喪主は当日の実務全般を行う必要があるので、親戚や知人と連絡をとり、葬儀の進行を担える人物にしましょう。
葬儀で施主になった場合、基本的には費用の負担とサポートを行いますが、喪主の体調が優れない場合は挨拶や参列者の対応を施主が行うこともあります。
その場合は、喪主の代わりとして話すことは失礼にあたります。代読といい、本人の言葉でない挨拶はマナー違反になります。代読ではなく、施主が代表としての挨拶をしましょう。
喪主と施主を別の人物が担当して、施主が全ての費用を負担する場合、喪主が香典を包むこともあります。香典は葬儀や法要の費用を賄うお金なので失礼にはあたらないといわれますが、地域や家によって考え方が違うので注意が必要です。

喪主と施主が違う人物の場合、弔電のあて名は?


喪主が故人の子供で、施主が故人の配偶者だった場合、弔電のあて名はどちらにすればいいのでしょうか?
事前にどちらが喪主なのか分かっている場合は、喪主をあて名にしましょう。喪主は遺族の代表として弔問をうける立場なので、喪主に弔電を打つようにします。
弔電以外に、お供えや香典に名前を書く場合も、喪主の名前を書くようにしましょう。
もし、喪主がわからない場合は「(故人の名前)様のご遺族様」にすると失礼がありません。

まとめ・感想・意見など


簡単に説明すると、喪主は遺族の代表で、施主は葬儀費用を払う人というのが違いなんですね。
施主という言葉を知らなかったので、今までに出席した葬儀でマナーを間違っていないかドキドキしましたが、参列者としてはあまり施主と関わることはなさそうです。
昔は跡継ぎが喪主を行うのが一般的だったから、長男が喪主を務め、家の当主が葬儀費用を負担して施主になっていたそうです。
現代は跡継ぎという考え方が薄れてきたから、誰が喪主を務めるかは家によって違うんですね。
葬儀事態も規模が小さくなっているので、喪主と施主は同じ人物が務めることが多いみたいです。だから施主という言葉を聞いたことがなかったんだなぁと納得しました。
とはいえ、喪主と施主が違う場合もあるようなので、葬儀に参列することになったり、自分が葬儀を行う立場になったときに戸惑わなくてよくなったのではないかと思います。