Pocket

この記事の所要時間: 624

新成人の皆さん、おめでとうございます。
成人の日に「成人式」が行われている場所も多く、かつての同期生に久しく出会うことも多いですよね。その際、皆さんの成長された姿に、驚かれる方も多いのではないでしょうか。そんな成人の日を迎えるにあたり、由来や意味を知っておくと、引き締まった気持ちで臨むことができますよ。

成人の日の由来は?何をする日なの?

成人の日とは、「子ども時代を終え、自立したことを自覚するための儀式(成人式)を行う日」とされています。
奈良時代以降より、数え年(生まれた時をすでに1歳とし、新年を迎えるたびに年を重ねるという考え方)で12歳~16歳の男女が執り行われた儀式がありました。

男子
「元服」とよばれ、髪を大人の髪型に結い、服装も大人のものへと改めました。
また、幼名からあたらしい名前に切り替え、冠をつける等がありました。
このことから、冠婚葬祭の「冠」とは、成人の日にあたります。

女子
「裳着(もぎ)」とよばれる、腰から下にまとう衣服を身に付ける儀式を行います。
結婚が決まった時や、結婚が決まりそうな時などに行われます。
また、垂らした髪を結いあげる髪上げも行われ、子どもの髪から大人の髪型へと変わりました。

上記で紹介したものは、上流階級のしきたりであることが多く、庶民には庶民の儀式があったようです。
それは地域によって様々で、例えば「一人で鹿を狩れるようになれば一人前」とされる場合や、「米俵を一人で運べるようになれば一人前」というような、通過儀礼が多数存在していたようです。
比較的多い地域で行われていたのは、13歳前後で行う「褌祝(ふんどしいわい、へこいわい)」と呼ばれるものです。この儀式は、一人前になった証として、男子は女性から贈られる「ふんどし」を締めました。

このように、20歳になるより随分前に行われることがほとんどで、現在と同じ20歳で成人式が行われるようになったのは、戦後のことです。
発祥は、1946年(昭和21年)、今の埼玉県蕨市(わらびし)で開催された「青年祭り」だと言われています。そのため、埼玉県では、「成人式」ではなく、「成年式」とよばれています。
成人を迎えたお祝いとして式典を開き、女性は振袖、男性はスーツや袴などの正装に身を包み、市長から祝福の言葉を贈られます。家庭によっては食事会を開いたり、プレゼントを渡したりすることも多いようです。
また、同期生同士で成人したことを祝うため、食事と一緒にお酒を飲みに行く新成人たちが多いようです。

成人式の出席は自由ですが、「式をきっかけに友人の輪が広がった」という話や「成人式で知り合って結婚した」など沢山の出会いもありますので、ぜひ出席してみることをオススメします。

平成30年東松山市の成人式

2018年の成人の日はいつ?

今年、2018年の成人の日は「1月8日月曜日」です。
東京では、「成人の日コンサート」とよばれるヴァイオリンの演奏や、狂言、オペラなどを行うイベントが開催されています。
また、大阪では「ハルカスウォーク 地上300mの成人式」とよばれる、新成人が抱負を書いたタスキを肩にかけ、あべのハルカス地下1階から60階、ハルカス300展望台までを階段でのぼり、参加者全員で記念撮影や式典を行うイベントが開催されています。
その他の地域でも、成人の日に合わせてイベントが執り行われているようですので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

自治体によっては、ゴールデンウィークやお盆の帰省に合わせて成人式を行うところもあるようですので、事前に確認しておきましょう。
たとえば、1月に豪雪の予想される新潟県長岡市では値域によって、5月3日(長岡値域など)、8月14日(山古志地域)、8月15日(中之島値域など)にわかれます。
1月以外に行うのは秋田県、山形県、新潟県などの豪雪地帯に多いようです。
引越し等された場合、ご注意ください。

いつから国民の祝日になったの?きっかけは?

国民の祝日になったのは1948年(昭和20年)からで、施行された当時は1月15日が成人の日と決まっていました。
1月15日は小正月(こしょうがつ)にあたり、かつての元服の儀が小正月に行われていたことによると言われています。
また、小正月の決まりは値域によっても違いがあり、14日~16日とするところや、14日の日没から15日の日没までとされるところがあります。
どちらにしても15日は必ず入るので、15日を基本とする考え方になりました。

きっかけとなったのは、1948年(昭和20年)に、祝日法(自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを国民の祝日と名づける)が改正されたことにあります。
昭和20年は終戦を迎えた年で、若者の兵役義務もなくなりました。そのため「自ら生き抜こうとする青年を励ます」趣旨として、かつて「元服」や「裳着(もぎ)」が行われていた1月15日に定めるとされました。

1月15日じゃなくなったのはなぜ?

2000年(平成12年)に、「ハッピーマンデー制度」とよばれる政策により、1月の第2月曜日にすると定められました。
この「ハッピーマンデー制度」は、国民の祝日の一部を従来の日付から特定の月曜日に移動させることにより、観光業や運送業を活性化させようという目的で設けられました。

成人の日以外にも、この目的で移動された祝日があります。

海の日は、7月20日から7月の第3月曜
敬老の日は、9月15日から9月の第3月曜日
体育の日は、10月10日から10月第2月曜日

このように、それぞれ変更されました。

また2020年の東京オリンピックの際にも、特例で祝日を移動しようという動きがあるようです。海の日を7月23日、体育の日を7月24日、山の日を8月10日とし、警備や交通の混乱を避ける狙いがあります。

海外でも「成人の日」にあたる祝日はあるの?

海外では成人の日にあたる祝日はなく、日本独特の文化です。
しかし祝日はなくとも、「成人としての儀式」は世界各国に多数存在します。

韓国では20世紀中ごろまで、「青年礼(ソンニョルレ)」と呼ばれる儀式を行っていました。
男子は「カッ」とよばれる冠をかぶり、女子は髪を結い上げて「チョッ(まげのこと)」を作りかんざしをさす儀式が行われていました。
現在では、友人や恋人、家族と過ごす大事な日という位置づけのようです。
また、男性が恋人に「20本のバラの花・香水・ファーストキス」を送るということもされています。

ケニアのマサイ族の成人式は、ライオンと戦い勝利すれば成人として認められます。
もちろん一人で挑み、この戦いに勝利しないと部族会議への参加や、結婚も認められないと言います。

イギリスでは特別な儀式といったものがありません。
しかし、昔、成人すると家の鍵を持てるようになったことをうけ、鍵の飾りやネックレスのプレゼントが贈られるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
一言に「成人の日」と言いましても、風習など国よって様々です。
しかし、「成人したことをお祝いする」という考え方はどこの国でも同じですので、自分をお祝いすると共に、これから社会へ羽ばたく姿を想像し、新たな一歩を踏み出してください。

浅葱 彰(あさぎ あきら)