Pocket

この記事の所要時間: 553

まえがき


祖母が急逝したのでお葬式に参加をしてきましたが、焼香のタイミングや挨拶の仕方など、参列してから何をしたらいいのかがよくわからなくて困りました。
今回は周りの行動にあわせてなんとか事なきを得ました。
お葬式はなかなか出席することがないし、いざお葬式になると作法も聞きづらいので、正しい作法やマナーが分からなくて困惑するタイミングがいくつかありました。
焼香も宗派によって回数に違いがあるんですね、知らなかったです。
葬儀は急なことが多いので、事前に焼香の仕方や回数、マナーについて調べておこうと思います。

焼香とは?葬儀の流れと焼香のタイミングは?


そもそも焼香とは、葬儀屋法要で行われる儀式のひとつで、細かくしたお香を香炉に落として焚いて
心と体の穢れを清めるための作法です。また、亡くなった人の冥福を祈る意味も込められています。
葬儀での焼香は、読経と並んでメインになるものなので、心を込めて行いましょう。
葬儀が始まると、僧侶が入場して読経と引導渡を行います。
弔辞、弔電の紹介が終わったら再び読経をあげはじめ、順番に焼香をします。
喪主が一番最初に焼香をし、次いで遺族、親族の順に焼香をします。身内でない一般の参列者は最後に焼香をします。
葬儀と告別式をわけて行う場合は、葬儀は遺族の焼香までで終了となり、休憩をはさんでから告別式を開始します。一般の参列者は告別式で焼香をあげます。
通夜や法事では線香、葬儀・告別式では粉末状の抹香(まっこう)を用いるのが一般的です。

一般的な焼香の仕方は?


焼香をするタイミングになって、回数は何回すればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。
大抵の宗派では1回か3回のところが多いようです。
まずは、一般的な焼香の仕方についてご紹介します。宗派による違いも次の項目で解説しているので参考にしてください。
数珠を持っている場合は、左手に数珠をかけ、右手で焼香をしましょう。
右手の親指、人差し指、中指で抹香をつまみ、目の高さまで持ちあげます。この動作を「おしいただく」といいます。
その抹香を、香炉の中に落とすまでが1回の動作になります。
また、葬儀場の規模や葬儀の様式によって焼香の種類には大きく3種類あります。
椅子式の葬儀で行われる「立礼焼香」では歩いて祭壇まで行きますが、畳式の葬儀では「座礼焼香」という方法で焼香をします。腰を落として移動し、正座をして焼香を行います。どちらの方法でも、焼香自体の作法は変わりません。
順番が来たら祭壇に行き遺族に一礼、焼香台の前で一礼。焼香後は遺影に合掌をして一礼。
遺族の方を向いたまま下がって一礼をして、自席に戻ります。
式場が狭いときは、焼香炉自体を回して焼香する場合もあります。席の前か膝の上に焼香炉をおきましょう。軽く礼をして焼香炉を受け取り、祭壇に向かって合掌してから焼香を行います。次の人に焼香炉を渡す前にもう一度一礼しましょう。

焼香の回数は何回?宗派ごとの回数一覧


前の項目でも話しましたが、焼香の回数は宗派によって違います。
相手の宗派がわかる場合は、相手の宗派に沿った回数を行う方が丁寧ではありますが、回数はそれほど気にしなくても大丈夫です。
回数よりも、故人を偲んで焼香をしながら冥福を祈ることが大切です。
相手の宗派が分からず、自分もとくにこだわりがない場合は、1回で問題ありません。

真言宗 おしいただいて、3回
浄土宗 特に決まりはない
浄土真宗 おしいただかず、1回
天台宗 特に決まりはない
日蓮宗 おしいただいて、1回または3回
日蓮正宗 おしいただいて、1回または3回
臨済宗 おしいただいて、1回
曹洞宗 おしいただいて1回落とし、2回目はおしいただかずに落とす
真宗 おしいただかず、2回

同じ宗派でも僧侶によって回数や形式が違うときがあるので、指定された場合は従うようにしましょう。

焼香する際に気を付けることは?

抹香を使う焼香では、抹香と焼香炉で悩んでしまうかもしれません。
焼香は右手で上げるのが基本なので、右側にあるのが抹香です。間違わないようにしましょうj。
また、遺族への一礼を忘れがちなので注意しましょう。

葬儀に出席できなかった場合の弔問と焼香


葬儀に出席ができず、後日自宅へ弔問したい場合は、葬儀終了の3日から四十九日の間に伺うようにし、事前に連絡をしておきましょう。葬儀直後だと親族が慌ただしくしているので、落ち着いてから、できるだけ早く行った方が良いでしょう。
後日の弔問では喪服でなく、通常の服装で大丈夫ですが華美な服装は避けるように注意が必要です。スラックスやカジュアルスーツだと無難です。
香典を持参するほかに、お菓子や果物、花などお供え物を持参するのも喜ばれます。故人が生前好きだったものでも良いですね。

線香焼香の仕方(お線香の上げ方)


葬儀では抹香を使って焼香を行うことが多いですが、葬儀後の弔問では線香を使われることの方が多いです。
線香を使った焼香を「線香焼香」といい、焼香の一種です。「線香焼香」というより「お線香をあげる」といった方が聞き慣れていますよね。
線香をあげるときは、仏壇の前に座って一礼します。
線香の本数は宗派によって違うので、以下で解説します。線香には直接火をつけず、ろうそくを使って火をつけましょう。
煙が出て火がついたら、手であおいで火を消します。息をかけて火を消すのはマナー違反なので避けましょう。線香をふって火を消すのも危険なので避けます。
線香を香炉に立てるか、宗派によっては寝かせます。
仏壇におりんが置いてある場合は一度ならし、合掌してから遺影に一礼。遺族に一礼します。

真言宗 3本、立てる
浄土宗 1本を2つ折りにする、立てる
浄土真宗 1本を2つ折りにする、寝かせる
天台宗 3本、立てる
日蓮宗 1本、立てる
日蓮正宗 1本または3本、寝かせる
臨済宗 1本、立てる
曹洞宗 1本または2本、立てる
真宗 1本を2つ折りにする、寝かせる

まとめ・感想・意見など


葬儀の全体的な流れと、焼香について紹介しました。葬儀は宗派によっていろいろな違いがあるので、相手の宗派に合わせた対応ができるとスマートで丁寧だと思います。
ですが、自分の宗派の作法でも失礼にはならないので、まずは自分の宗派でどう対応するのかを覚えるのがいいのではないでしょうか。
葬儀で大切なのは、焼香の回数よりも個人に対する気持ちや、遺族に対する気遣いだなぁと感じました。大人として失礼がないように気を付けながら、お悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。