Pocket

この記事の所要時間: 50

神社やお寺に行った際におみくじをひく人は多いはずです。最近は御朱印を集めるのが趣味なんて方も増えてきているようなので、よりおみくじをひく機会も増えているかもしれません!私は御朱印ではありませんが若い頃、恋愛にいい神社やお寺に行ってはおみくじをひいて一喜一憂していました。
しかし、おみくじをただ引いて、結果を見て、終わっていませんか?
「おみくじにも正しい引き方や結び方、保管の仕方があるのか?」
今回はそんなおみくじのいろいろについてまとめていきたいと思います!

おみくじで大吉が出たら結ぶ?持ち帰る?どちらが良い?


おみくじといえば、やはり気になるのは結果だと思います。大吉が出るとやっぱり嬉しくて、凶が出るとちょっと落ち込みますよね?
よく境内におみくじが結ばれていますが、皆さんはおみくじをひいた時どうしていますか?私は「いい結果は持ち帰り、悪い結果は結びつけておくと良い」という話を聞いたことがあるので悪かったら結び、良かったら持ち帰り、1年間お財布に入れておき翌年の初詣の際に返納するようにしていますが、調べてみたところ特にルールはないようです!

元々、境内に結ぶのには神様との縁を結ぶということに由来しています。良い結果の場合はその結果が成就するように、悪い結果の場合は悪いことを境内に閉じ込めておき、悪い事がおきずに神のご加護にあやかれるように結ぶという意味合いがあるようですが、必ずしも結ばなければいけないというわけではないそうです。

おみくじを結ぶときに注意することは?

昔は境内の木に結びつけていたそうですが、今は木の成長などに影響がでるということもあり、きちんと結ぶ場所が用意されていますのでそちらに結びましょう!
結び方などに決まりはありませんが、縁起物なので破れてしまうのはタブーとされているので破れないようにくれぐれも注意しましょう。

注意点としては…

  • おみくじの紙を揉んでおくこと(やわらかくする事で破けにくくする)
  • あらかじめ折り目を付けておくこと

私もおみくじを結ぶのが苦手で何度か「あ…あぁ〜やってしまった…」ということがありました。やはり気分のいいことではないです!それからあまり結ばず、持ち帰り、翌年返納するようにしていますが紙を揉んで、折り目を付けるというの簡単なので今度おみくじをひく際に試してみようと思います!
悪い結果のおみくじをひいてしまった時、利き手とは逆の手で結ぶと「逆境を乗り越えた!」ということになり、運が良い方に向くなんて話もあるそうです。凶を引いてしまい、げんなりしてしまってもまだチャンスはありますのでぜひ試してみてください。

おみくじを持ち帰るときの正しい保管の仕方は?


おみくじというのはそもそもひいたら終わりではなく、その結果を踏まえて生活の指針として精進していくためのものです。
持ち帰ったからといって、あまり改めて見返す事はなかったのですが大吉だったから無条件になんでもうまくいくわけではなく、凶だったら何もかもうまくいかないというわけではないので、おみくじの結果を踏まえて、身の振り方を決めると良い方に事が運ぶのかもしれませんね!
持ち帰ったおみくじの保管の仕方は本来であれば神棚などに供えるのがベターなようですが、神棚がある家も今となってはそう多くないと思います。なので、必ずと言う事ではなく、見返す事が可能なように手帳やお財布にいれておいたり、無くさないように保管出来れば問題はありません。

おみくじを持ち帰るときの正しい処分の仕方は?


なんとなくおみくじを持ち帰ったものの最後はどうしたらいいの?という方も少なくないと思います。処分するといっても、自分で捨てるのは…少し気が引けますよね?
私の場合は、おみくじを持ち帰り、翌年の初詣の際に返納するようにしています。特に理由はないのですが次おみくじをひく時に読み返すことができ、去年はこんな感じだった!と比べられるので夫婦でそうしています。
翌年の初詣は昨年のおみくじやお守りなどのお礼参りも兼ねているので、参拝の際に「昨年はありがとうございました」と神様に伝えるようにしています!
ちなみに、必ずしもおみくじをひいたところに返納や結ばなければいけないということではないので神社やお寺に行く機会がある場合や近所にお寺や神社があるようであればそちらに持ち込んでもいいです。
結んだおみくじも定期的にお炊き上げしてくれているので、安心してくださいね。

正しいおみくじの引き方


おみくじが目につき、何の気なしにひこうと思う事もあるかと思いますが、おみくじは神様からのお告げでもあります。なので、ルールを守り、ひく事をおすすめします。

  • 手水舎で身を清める
  • 参拝をする
  • おみくじをひく前に心を落ち着ける
  • 神様に聞きたい事や「今の私にメッセージを…」と祈る
  • おみくじをひく

この5点は守り、おみくじをひくようにしましょう!
気の持ちようではあるかもしれませんが、やはりおみくじは神様からのお告げなので闇雲にひくのではなく、最低限のマナーを守り、ひく事でより意味のある結果が得られると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?おみくじにはあまり細かいルールはないので、ご自身が良いだろうと思う方法を用いるのが良いと思います。
ただし、神様からのお告げを貰うというありがたい事ではあるのでくれぐれも最低限のマナーは守るように心がけましょう。
そして、ひいて終わりではなく、その後の生活の指針として要所要所で活かせるように時々読み返しましょう。
大吉だったからと驕れる事なく、凶だったからといって卑屈になることなく、結果をポジティブに捉え、回避出来る事は回避し、成り行きに任すべきところは任し、おみくじをより深く理解して、楽しめる事が出来たらあなたもおみくじ通の仲間入りかも?
お読みいただき、ありがとうございました。