季節の行事

七五三のお祝いの相場はいくら?関係性ごとの相場一覧やお勧めの品がこちら

Pocket

この記事の所要時間: 61

まえがき

久しぶりに兄弟姉妹や実家に電話をした際「今度、七五三をするの。」という話を聞き、子どもの成長の早さに驚かれる方も多いのではないでしょうか。
「成長の節目でもあるし、お祝いがしたい。でも何をしたら良いのかわからない。」
今回は、そんな方のために「七五三のお祝い」についてご紹介します。

七五三のお祝いをしたい!関係性ごとの相場は?

七五三のお祝いの相場は、現金でも品物でも同じです。贈る相手の関係で変わります。
また、地域や他の親族との兼ね合いでも金額が変わるため、祖父母や親族、ほかの兄弟姉妹にも事前に相談しておくと良いでしょう。

一般的に、お祝いの相場金額とされているのは

祖父母が10,000~30,000円
親戚が5,000~10,000円
近所、知人が3,000~5,000円

と、なります。

しかし、血縁関係でそれほど近くなくても親しい間柄であれば、相場以上の金額のものを贈る場合もあります。
一方でまったく付き合いがないと、お祝いを一切贈らない場合もありますし、事前に「お互いに気を遣うから。」などの理由で、お祝いを贈り合わない場合もあります。
子どもをお祝いする気持ちが一番ですから、「こうしなければいけない。」という気持ちにとらわれず、「喜んでほしい。」という想いを込めるのが大切ではないでしょうか。

金封・ご祝儀袋の使い方 お金の包み方

七五三のお祝いを贈る時期はいつがいい?

一般的には、七五三のお祝いは10月下旬~11月下旬までに行います。
11月に入ってしまうと、七五三を準備しているご家庭もフォトスタジオ、レンタル衣装などの予約で慌しくされている可能性があります。
七五三のお祝いをするというお話を早い時期に聞いているのであれば、10月中旬には届くようにしましょう。

また、「こないだ七五三のお祝いしたのよ。」と後から聞かされる場合もあるかと思います。
基本的に、お祝いは多少遅れても失礼にはあたらないとされていますので、それほど気にすることはありません。気付いたときに、早めに贈りましょう。

七五三のお祝いを渡すときの注意点!のしはどうする?

お祝いの相場を兄弟姉妹、親族と相談して決めたのは良いけれど、どのようにして渡せば良いのでしょうか。

まず、ご祝儀袋ですが「のし付き」「紅白蝶結び」の水引き(みずひき:祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで、包み紙にかける紅白や黒白などの帯紐)のものを選びましょう。
水引きは、結んだ際に赤が右、白が左という決まりがあります。
このことには由来があり、その昔、遣隋使の時代に答礼使(お礼に答える使者のこと。感謝の意を伝えに行く使節団のことを示す。)が帝に差し上げる献上品に結んであった赤白にそめた麻紐が水引きのはじまりといわれています。赤は太陽が昇る様(太陽は東から昇るため右)を表し、白は新生な神の色という考え方があるとされています。

ご祝儀袋を準備したら、次は表書きです。
一般的には、筆ペンなどで「御祝」「七五三御祝」と書きます。

のし袋の書き方「御祝」編

正式な表書きは年齢によって違いますので、そちらも合わせてご紹介します。

三歳
「賀御髪置(おんかみおきをがす)」または「御髪置御祝(おんかみおきおいわい)」
昔は頭髪から病が入ってくると考えられており、髪を伸ばし始めたのは三歳からと言われていました。その御祝いとして、このように書きます。

五歳(男の子)
「袴着祝(はかまぎいわい)」または「御袴着御祝(おんはかまぎおいわい)」
昔の男の子は五歳になるときに袴を履くと言われており(それまでは着物)、袴を履くことで社会の一員だと認められました。その御祝いとして、このように書きます。

七歳(女の子)
「賀御帯解(おんおびときをがす)」または御帯解御祝(おんおびときおいわい)」
昔の女の子は七歳から大人の女性と同じように帯で着物を着ると言われており(それまでは紐で着ていた)、帯で着物を着ることで、大人の女性の仲間入りをしました。その御祝いとして、このように書きます。

上記をご祝儀袋の、水引き上半分に記入し、下半分にお子さんの名前を記入します。

ご祝儀袋の中袋(中包み)には、中央に漢数字で金額を書きます。
毛筆または、筆ペンを使い、濃くはっきりと書きます。

漢数字によっては、現在使われている漢字と違うものがあるので、注意しましょう。

一は「壱」
二は「弐」
三は「参」
十は「拾」
万は「萬」

と書きます。

五は「伍」
円は「圓」

とも書きますが、どちらでもかまいません
このような書き方をするのは、後で書き直しができないようにとの意味があります。

お祝いを渡す相手に直接会いに行ける距離であれば、顔を見て渡すのが良いでしょう。
やはり、お祝いの品が嬉しいという以上に、お祝いする気持ちが受け取った側も嬉しいものです。
遠方などで直接渡せない場合は、手紙やメッセージカードに一言添えて、お祝いを贈るのが良いでしょう。その際は、名前を間違えないようにご注意ください。

例文として

日に日に秋が深まり、街路樹の葉が舞い散る季節となりましたが、皆様お変わりありませんか?
○○君(ちゃん)が、誕生したのが昨日のことのように思います。
最後にお会いしたのが○月(○年前)の○○の時でしたから、もう随分お兄さん(お姉さん)になっていることでしょう。
つきましては、すこしばかりですが、○○君(ちゃん)の御祝いを同封いたしましたので、お納めください。
冷たい雨が降る季節ですので、皆様どうぞお体ご自愛くださいませ。

といった様々な書き方があります。

七五三のお祝いでお金以外を贈りたい!お勧めのお祝い品は?

品物を送ると決めたのであれば、こちらも金額同様、事前に贈る品を兄弟姉妹、親族に相談しておきましょう。親しい間柄であれば、お贈りするお子さんのご両親に希望を聞くということもできますね。

その中でも、贈ると喜ばれる人気の品をご紹介します。

ご家族で一緒に読める絵本、図鑑
文房具(水で消せるクレヨン、鉛筆、消しゴムなど)
スポーツ用品
おもちゃ
お菓子
ケーキ(七五三用のケーキを販売しているところもあります。)
キャラクターバルーン電報(アンパンマン、魔女の宅急便など)

その他にも帽子や靴、服といった例もありますが、こちらもご両親や子どもの好みがありますので、色の好みやスカート・ズボンといった服の好みを事前に確認しておくことをオススメします。

まとめ

「七五三」は親にとっても子どもにとっても、特別な節目です。
色々考え込むこともあると思いますが、相手の喜ぶ顔を思い浮かべて、準備を楽しんでください。その際に、こちらに記したことが少しでもお役に立てれば幸いです。

浅葱 彰(あさぎ あきら)