季節の行事

新盆の香典の相場はいくら?関係性ごとの相場と表書きの書き方がこちら

Pocket

この記事の所要時間: 624

まえがき


今年の春に祖父が亡くなり、もうすぐ四十九日を迎えます。
調べてみると、今年のお盆は祖父にとっての「新盆」になるようです。毎年お盆には実家に帰省するのですが、いつものお盆とどう違うのでしょうか?
お盆には祖母とも会うので、親戚とはいえど、香典やお供え物は用意していった方がいいのでしょうか?
新盆用にお香典やお供え物を持っていくとしたら、金額の相場やお供え物の選び方はどのように用意したらいいのでしょうか?
身内であっても失礼がないようにしたいので、香典の相場やマナーについて調べました。

新盆とは?


新盆とは、故人が亡くなってから四十九日法要が済んだ後最初に迎えるお盆のことです。
地域によって「新盆」「初盆」と呼び名は違いますが、どちらも同じ意味です。
故人の冥福を祈って喪に服す期間が終わるのが、四十九日です。四十九日目までは霊として存在して、五十日目からは仏になる、という考え方をします。新盆は、霊から仏になって最初に迎えるお盆です。
通常の法要よりも豪華で派手に行う地域が多く、用意するものや手配もいつものお盆とは少し違います。
仏壇とは別に盆棚・精霊棚と呼ばれるものを用意して故人の霊をおもてなししたり、僧侶を呼んで初盆法要を行ったりします。
初盆法要には親戚だけでなく、故人が生前親しかった人物も呼び、法要後に食事会や会食をするのが一般的です。

新盆に香典は必要なの?


新盆がいつものお盆と違うということは、お香典も用意した方がいいのでしょうか?
昔は初盆のタイミングで提灯や線香、ろうそくを持参していたのですが、最近は現金を包んでお香典を渡すことが多いようです。
また、初盆には僧侶を招いて初盆供養を行うところがほとんどなので、親戚でも香典を用意する場合がほとんどです。
法要後の食事会にも参加をするのであれば、その費用も考えて香典を用意するようにしましょう。

新盆の香典の相場はいくらくらい?


香典の金額は、年齢や相手との関係によって決めるようにします。地域や法要の内容・規模によって変わりますが、今回は全国的な相場をご紹介します。
初盆の香典では3,000円、5,000円、10,000円、30,000円がよく包まれる金額です。
夫婦で包む場合は金額を2倍にしたり、会食に参加する場合は1人3,000~5,000円を加えたりしますが、区切りのいい金額になるように調整をしましょう。
4や9などの数字は避けるので、金額やお札の枚数に注意が必要です。

①身内、親戚、親族の相場5,000円~10,000円が相場

自分の年齢

故人の間柄

20代

30代

40代

50代以降

祖父・祖母

3,000~10,000円 3,000~30,000円 3,000~10,000円 5,000~30,000円
父・母・義父・義母 10,000~5,0000円 10,000~5,0000円 10,000~10,0000円 10,000~10,0000円
兄弟・姉妹・義兄弟・義姉妹 10,000~30,000円 10,000~30,000円 10,000~5,0000円 10,000~5,0000円
叔父(伯父)・叔母(伯母) 3,000~10,000円 5,000~20000円 3,000~30,000円 3,000~5,0000円
その他付き合いのある親戚 3,000~10,000円 3,000~10,000円 3,000~10,000円 3,000~5,000

②会社や職場関係の知人の相場:3,000~5,000が相場

自分の年齢

故人の間柄

20代・30代

40代

50代以降

上司

1,000~5,000円 1,000~10,000円 1,000~10,000円

同僚

1,000~5,000円 3,000~5,000円 3,000~10,000円

仕事関係で香典を包む場合は、数人で出し合って区切りのいい金額にまとめることが多いようです。
法要に参加する場合は引き出物が用意されるので、その金額も考慮した金額を用意しましょう。
会社への貢献度が高かった場合や、元役員、仕事中の事故で無くなった場合には、会社名で10,000~100,000円の香典を用意する場合もあります。

③友人や知人:3,000~5,000円が相場

自分の年齢

故人の間柄

20代・30代

40代

50代以降

友人・知人

2,000~5,000円 3,000~10,000円 3,000~10,000円

友人や知人に香典を包む場合は、香典とは別に、または香典の代わりとしてお供え物を贈る場合もあります。生前好きだったものや、線香、金額は高くなりますが供養のための提灯を贈ってもよろこばれます。

新盆の香典の表書きの書き方がこちら


新盆は四十九日を過ぎた後に行われるので、表書きの書き方は「御霊前」ではなく「御仏前」「御沸前」になります。
薄墨ではなく濃い墨で書くようにしましょう。
夫婦連名で包む場合は、夫の名前だけを書くようにします。生前夫婦で親しくしていた場合は、夫の氏名を下段中央に書いて妻の名前のみを左に書き添えます。
職場で香典をまとめて集めて包む場合は、社名と部署を表書きとします。香典を出した人の名前と住所を一覧にして香典袋の中に現金と一緒に入れます。お礼状を出しやすいように一覧を入れますが、金額が少ない場合はお返しを辞退する旨を一筆添えると良心的です。

お香典を入れる封筒と、お金の入れ方


香典を入れる袋は、黒白か双銀、藍銀の結び切りにされた、水引のものを使います。地域によって差はありますが、黒白のものにしておくと間違いはありません。
新札は避けて、お札の向きはそろえるようにしましょう。

新盆の香典を渡すときにお供えものを準備したほうがいい?


香典を渡すときは現金だけでも十分ですが、一緒に個人がお供え物や故人が好きだったものを用意すると喜ばれます。
お線香や食べ物を一緒に持参するのが一般的ですが、故人との仲が深かった場合には、盆提灯を贈ることもあります。
盆提灯というのはお盆の時期に飾る色が付いた提灯で、お供え物として一番よろこばれるものとされています。盆棚を作るタイミングで一緒に用意されるので、お盆の2週間以上前には届くようにしましょう。
また、お香典も渡す前までは袱紗(ふくさ)にいれて持っていくのが正しいマナーです。

まとめ・感想・意見など


私の場合は20代で祖父なので、3,000~10,000円くらいなんですね。
孫という立場なのであんまりかたくなりすぎないように、祖父が好きだったものを手土産にして、香典は5,000円くらい包もうかなと思っています。
袱紗(ふくさ)の存在ははじめて知りましたが、香典だけじゃなく、ご祝儀を渡すときにも必要なケースなので、ひとつは用意した方がよさそうですね。

ライターネーム:ANZU