Pocket

この記事の所要時間: 547

まえがき


毎年夏になるとやってくる「お盆」。連休をとって里帰りをしたり、家族で旅行をしたりして過ごす人が多い印象ですが、元々の由来やお盆にやることは知っていますか?
私は今年の春に祖父が亡くなったので、実家は今年が「新盆」です。実家に帰るので親戚を迎える準備を手伝いたいとは思っていますが、普段のお盆とはどう違うのでしょうか。
地域によって差が出るお盆の準備ですが、今回は全国的に一般的なお盆についてご紹介します。

お盆の由来は意味とは?


お盆を日本の行事として考えた時、お墓参りや先祖供養、親戚が集まるイメージを浮かべる人が多いのではないでしょうか。
お盆の時期には、ご先祖様や故人の霊が家に帰ってくるといわれています。
帰ってきた霊をお迎えしてもてなしたり、供養をしたりするのがお盆の時期です。
お盆の起源は仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」だという説が一般的です。「ウラバンナ(逆さ吊り)」「ウラヴァン(霊魂)」が語源といわれています。
お釈迦様の弟子が「母が亡くなった後、地獄に落とされて逆さづりにされている。どうしたら母を救えるか」と相談したところ、「夏の修業が終わったあとに、僧侶を招いて供物をささげ供養をしなさい」とアドバイスをされたことが由来になっています。
弟子がアドバイス通りに行動をして母が救われたことから、夏の修業が終わる7月15日にご先祖様や故人を供養する行事がうまれました。

お盆の期間はいつ?地域ごとに違うのはなぜ?


お盆は地域によって期間が違います。
東京では7月ですが、他の地域では8月にお盆の行事を行います。
旧暦の頃はどの地域でも7月だったのですが、新暦に変わったことで農業や漁業の繁忙期と重なってしまうようになり、8月をお盆にする地域が増えました。
7月のお盆を新のお盆、8月のお盆を旧のお盆(月遅れのお盆)と呼びます。

2018年(平成30年)のお盆はいつ?


先ほども述べた通り、地域によってお盆の時期は違います。
2018年(平成30年)のお盆期間を、新のお盆・旧のお盆別にご紹介します。
・新のお盆(東京、7月)
迎え日(盆入り)7月13日(金)、中日7月14日(土)、送り日(盆明け)7月16日(月)
・旧のお盆・月遅れのお盆(その他の地域、8月)
迎え日(盆入り)8月13日(月)、中日8月14日(火)、送り日(盆明け)8月16日(木)
2018年は土日休みの直後からお盆なので、連休になる人も多いのではないでしょうか。

お盆は何をする?準備や流れについて

お盆の行事は地域によって様々ですが、全国的に、お墓参りや法事、盆踊りをするところが多くなっています。
また、迎え火や送り火を焚いたりして、先祖供養もします。
盆入りの13日には盆棚やお供え物を用意し、夕方には迎え火を焚きます。これは先祖の霊や故人の霊が迷わずに家に帰ってこられる目印のためです。
初盆の場合は、初めて帰ってくる故人の霊が迷わない目印に、白提灯を窓際や仏壇の近くに吊るします。
お盆の期間中にお墓参りをしたり、僧侶を招いて法事を行ったりします。
16日の夕方には送り火を焚いて、帰っていくご先祖様や故人の霊を見送ります。精霊船や灯篭流しで見送る場合もあります。

盆棚、精霊棚におくもの

盆棚・精霊棚は浄土真宗以外の仏教で用意をされるものです。浄土真宗では、追善供養を行わないことが多いので、盆棚や精霊棚の用意はしないことが一般的です。
盆棚はお盆の初日に作ります。
置くものやは地域によって差がありますが、今回は一般的に盆棚、精霊棚に置くものとその意味をまとめました。

・位牌
・香炉
・線香
・ろうそく
・盆提灯(先祖の霊が迷わずに家に帰ってくるための目印)
・精霊馬(霊を送り迎えするための乗り物。ナスが牛、キュウリは馬)
・まこものござ(お釈迦様が病人をまこものござにのせて癒したことが由来)
・笹竹と縄(結果意をはるため)
・ほおずき(霊が帰ってくる場所をわかりやすくするため。盆提灯と同じような役割)
・そうめんや、さいの目に切ったナス・キュウリなどたくさんの食べ物(飢えている全ての霊に食べ物が行き届くように)

地域によって違うお盆

お盆の行事は、地域によって大きな違いがあります。
お盆は先祖供養だけでなく農耕儀礼が融合された行事なので、風習に地域色が色濃く反映されます。
京都の五山送り火や、長崎の精霊流しは全国的にも有名ですよね。
灯篭流しは、青森や福井、広島など各地で行われています。

新盆とは?新盆にすること

故人が四十九日を迎えてから最初のお盆を新盆(しんぼん)、初盆(初盆)といいます。
通常の先祖供養や法事よりも華やかで盛大に行われることが多いのが、初盆です。
故人にとっては初めての里帰りなので、普段のお盆より用意をするものが増えます。
仏壇とは別に、盆棚や精霊棚を用意します。
まこものござを敷いて、位牌や故人の好きだった食べ物、精霊馬、ほおずきや笹竹を飾ります。
親戚や知人から盆提灯をいただいた場合には、盆提灯を組み立てて飾りましょう。
お墓を掃除して、盆提灯や迎え火で霊をお迎えします。お墓参りのあとに手持ちの提灯に火をつけて、そのままお墓から家へ霊を連れて帰ってくる地域もあります。
僧侶を自宅に呼んで初盆法要を行い、親族や故人の知人と会食を行ったり、お寺で法要を行ってから料亭などで参列者に食事をふるまったりします。
お供えを持ってきてくれた方へのお返しや、法要の返礼品も忘れずに用意しましょう。
お盆の最終日の夕方に送り火を焚いて、故人を見送ります。
精霊流しや灯篭流しを行う地域では、精霊船や灯篭の準備も必要です。
用意するものや手配が増えるので大変なことが多いかとは思いますが、亡くなったが初めて帰ってくる大切なお盆です。故人の好きだった食べ物や花を用意しながら、感謝の気持ちを込めて用意しましょう。

お盆に盆踊りをするのはなぜ?

現在は、夏の娯楽や地域交流の場としての意味合いが強い盆踊りですが、お盆の時期に行われる盆踊りは、踊りながら念仏を唱えていた仏教の行事が由来になっています。
ご先祖様や故人に思いをはせながら供養をするための宗教的行事だったので、お面をつけて踊ったり誰でもが躍りやすい振り付けだったりするんですね。

まとめ・感想・意見など

色々な話を紹介しましたが、お盆の行事は地域や宗派によって違いがあります。
しかし、ご先祖様や故人を大切に思って供養する気持ちはどんなお盆でも同じだと思います。
お盆は長年大事にされてきた日本の文化です。自分の家で使われている盆棚や、地域行事にどんな由来や意味があるのか考える機会にしてみてはいかがでしょうか。

ライターネーム:ANZU