Pocket

この記事の所要時間: 523

まえがき


大好きだった祖父が亡くなって新盆を迎えます。
私にもできることがあるのなら手伝おうと思ってお盆にやることや用意するものを調べていると、お盆にはなすときゅうりを牛や馬に見立てて飾る習わしがあると知って驚きました。
お盆に飾るものといえばほおずきや提灯のイメージでしたが、どうして牛と馬も飾るのでしょうか。
そもそもどうしてなすときゅうりなのか、どうやって飾ればいいのかを調べました。

お盆になすやきゅうりを飾るのはなぜ?牛や馬に見立てる理由は?


なすやきゅうりに、割り箸やつまようじなどで作った足をさして、牛・馬に見立てたものを「精霊馬(しょうりょうま)」といいます。
お盆に飾るお供え物のひとつで、なすが牛、きゅうりが馬を表しています。
ご先祖様や故人の霊が、お盆にあの世とこの世を行き来するときの乗り物として用意されるものです。
なすときゅうりがお盆の時期に収穫される野菜だったので、なすときゅうりを使う地域が多いようですが、藁やバナナ、さとうきびを使うところもあります。
なすを1つ、きゅうりを1つの対で用意されることが多く、それぞれに役割があります。

・足の速い馬(きゅうり)に乗って、少しでも早く家に帰ってこられるように。
ゆっくり歩く牛(なす)で少しでもこの世に長く滞在してもらえるように。

・霊は馬(きゅうり)に乗って行き来する。
牛(なす)は力があるからお供え物を持って帰るために荷物をひかせる。

というふたつの説が有力みたいです。どちらの発想も面白いですよね。
「せっかく帰ってきたんだから、少しでもこの世に長くいて欲しい」「お供え物をたくさん持って帰ってあの世でも楽しんでほしい」という思いが由来になっているんですね。

精霊馬を作る地域、作らない地域


精霊馬は、地域によって作るところと作らないところがあります。
東日本は精霊馬を作る地域が多いけれど、関西から九州にかけての西日本は作る風習がないところが多い傾向にあります。
また、お盆の時期は地域によって違いがあり、東京は7月にお盆を迎え、他の地域では8月にお盆を迎えます。旧暦が新暦に切り替わるタイミングで、地域によって時期の差が出来たといわれています。なので精霊馬を作る地域であっても、飾るのはその地域のお盆に合わせます。

お盆のなすときゅうりはいつ飾る?


なすときゅうりで作った精霊馬は、お盆の時期に精霊棚の上にお供え物として飾られます。
地域によってつくる期間は違います。
関東地方ではお盆が始まる13日の朝に精霊棚を作るのと同じタイミングで精霊馬も作り、精霊棚の上に飾ります。
北陸地方や東北地方、北海道はお盆最終日の16日に作って精霊棚に供えます。
処分をするのはほとんどの地域が16日なので、精霊馬を飾るのは1日だけの地域もあります。

精霊馬の作り方


精霊馬を作るには、きゅうりとなす、割り箸かつまようじなど足にするものを用意します。
まるのままのなすときゅうりに、足に見立てた割り箸かつまようじを前と後ろに2本ずつの合計4本さすだけです。
割り箸の場合は長すぎるのでちょうどいい長さにカットして使ってください。
置いたときにぐらつかないようにバランスを見て長さを調整しましょう。乗ったときに不安定だと、ご先祖様も心もとないと思うので。
最近は野菜に飾りの切り込みを入れたり、部品状にカットして組み立てて車にしたりする人もいます。工夫をこらすのは楽しい作業ですが、なすもきゅうりも柔らかい食材なので、怪我には十分注意をしてください。

お盆のなすときゅうりはどうやって飾る?置き方は?


精霊馬は盆棚や精霊棚の上にお供え物として飾ります。飾るときは、ヘタのついている方を頭に見立てます。
頭を向ける方向は、

・「お迎えするときは、頭を内側に向ける」「お見送りするときは、頭を外側に向ける」状態で飾る
・ご先祖様や故人の霊は東から帰ってくるから、「きゅうり(馬)の頭は西を向ける」「なす(牛)の頭は東を向ける」

という場合があるので、用意をするときは家族や親戚にどちらのパターンなのか相談しましょう。

お盆のなすときゅうりはどうやって片付ける?捨てても良い?

精霊馬は霊を送り終えた16日の夜に片付けます。
昔はお盆の時期が過ぎた精霊馬は川や海に流すのが一般的でしたが、現在は塩をふってお清めをしたうえで紙に包んでゴミとして処分する家が増えています。
家の敷地内に空いた土地や畑がある場合は、土に還すために埋めて処分する地域もあります。
お供え物は、期間が終わったら食べるものが多いですが、精霊馬にしたなすときゅうりは食べないようです。ちょっともったいないな、と思ってしまいますね。

精霊馬と精霊船


精霊馬について調べていると「精霊船(しょうろうぶね)」という単語を見つけました。
馬や牛じゃなくて船に見立ててなすときゅうりを飾るのかな?と思って調べましたが、全然違いました。
精霊船は長崎で行われる精霊流しの行事で、初盆を迎えた家や地域が「精霊船」といわれる船の形のお供え物を用意します。野菜ではなく、木材や紙で作られています。
1万円台で買えるものもありますが、高価なものになると数百万円するものもあるので、個人では出さずに地域でまとめて船をつくる「もやい船」というものもあります。
昔は本当に海に流していたようですが、今は海に船やお供え物を流すことが禁止されているので、流し場というところに集めて解体されます。
行事では驚くほどの量の爆竹がならされます。これは、精霊船が通る道を清めるためだといわれています。

まとめ・感想・意見など


精霊馬は、お盆に里帰りするご先祖様や故人の霊のための乗り物です。灯篭流しや精霊流しと同じような風習なんですね。
行き帰りの乗り物を用意して、丁寧におもてなしをするという考え方は日本ならではで素敵だと思いました。
精霊馬の画像を検索すると、野菜に足をつけただけのものではなく、個性的な精霊馬がたくさんでてきます。牛や馬っぽく飾り切りをしたものだったり、「ご先祖様もびっくりするんじゃないのかな」と思うようなリアルな車だったり。検索するだけでもとても面白いので、興味がある方はぜひ探してみてください。

ライターネーム:ANZU