Pocket

この記事の所要時間: 555

まえがき
七五三のお祝いをすると決めたのはいいけれど、「着て行く衣装はどうしよう!?」とお悩みの方も多いかと思います。
特に初めてのお子さんの場合、子どもの衣装はフォトスタジオ等で借りるけれど、自分たちの衣装は何から準備していいのか迷ってしまいますよね。
今回はそんなお父さん、お母さんへ「七五三の衣装」のポイント等をご紹介いたします。

七五三の服装は和装と洋装どっちが良いの?やってはいけない服装はある?

七五三の服装で親御さんが一番に気を配らないといけないのは、「七五三という行事は子どもの成長を祈願する大切な場である」ということです。
ですので、主役である子どもが映えるように意識しましょう。
子どもが主役だということを忘れないのであれば、和装・洋装のどちらでもかまいません。

しかし、礼節を重んじる場ですので

短パンやキャミソールなどの極端な肌の露出のある服
Tシャツ
ジャージ
ジーンズ
素足
サンダル

といった、カジュアルな服装は避けましょう。

また、夫婦で服装の「格」があり、「正装」「準正装」が存在するのをご存知でしょうか。
「格」について、あまり慎重になる必要はありません。
そういった基本的な考え方があるということだけ、押さえておきましょう。

「正装」とは、最も格式の高い装いのことで、皇室行事等に出席する際の服装のことをいいます。女性は「ドレスコード」とも呼ばれ、身につける帽子や靴などにも、それぞれ決まりがあります。
「準正装」とは、正装に準ずる服装のことで結婚式や披露宴、入学式、入園式、卒業式、お宮参り、七五三など、日々の暮らしに根付いた冠婚葬祭にはこちらの装いが一般的です。

皇室行事に参加されるようなドレスコードで七五三を迎えられるご家庭は少ないかと思いますが、考え方は様々ですので、まずはご夫婦で服装について話し合いをしておきましょう。祖父母の方も一緒に参拝される場合においても、スケジュールと合わせて服装のご相談をされておくことをオススメします。
子どもと一緒に写真撮影をすることを重視して、子どもと同じ和装で写真を取りたい。または、まだ小さい兄弟姉妹がいるので、動きやすさを重視した洋装で迎えたいなど、具体的に相談しておくと良いかもしれませんね。

七五三で母親が着物を着る場合のポイントは?

洋装と同じように、和装にも「格」が存在します。着物の格というのは、簡単にいうと着物のランクのことです。「打掛」などの礼装着が最も高く、浴衣などの街着は格が低くなります。

七五三で着て行く着物としましては、下記のようなものがあります。

訪問着
縫い目にまたがる模様が特徴で、柄が大きなキャンパスに描くように着物全体に描かれています。広げた時に衿(えり)や肩、袖に柄が繋がって描かれているものが訪問着です。

付下げ(つけさげ)
訪問着と見分けがつきにくいのですが、違うのは前身頃から後身頃、衿と肩の模様が繋がっていないことです。

色無地
記事を黒以外の一色で染めた柄のない無地の着物です。
帯を自由に取り合わせて、変化を楽しむことができます。

どちらも主役となる子どもが着る着物より、格の低いものになります。
ただ、着物の名前を見ても難しくてわからない方も多いと思いますので、レンタルショップで借りる方が種類も多くて、間違いもないかと思います。
持ち込みしても良いところもありますので、家にある着物を着たい方で不安な場合は、子どもの衣装を借りる際に一緒に持って行き、相談してみましょう。

七五三で母親がスーツ・ワンピースを着る場合のポイントは?

スーツの場合はスカートが一般的ですが、パンツスーツでも問題ありません。
混雑した日や天候の悪い日に参拝するなら、動きやすいパンツスーツの方が良いかもしれませんね。

黒のスーツで華やかさが足りないとお悩みの方は、フリルのついたブラウスやパールのネックレスと合わせると。鮮やかになりますよ。

スーツは持っているけれど、喪服ならある。という方もいらっしゃるかと思いますが、
喪服は弔辞用ですので、お祝い事の席で着るものではありません。
スーツの黒とは全く違う漆黒色で、並べてみるとその違いは歴然です。
そんなに変わらないからと思いがちですが、別物ですのでご注意ください。

ワンピースの場合色は何色でもかまいませんが、淡いピンクやグレー、紺が人気です。
黒やグレーを選ぶ場合はネックレスとつける、少し明るめの色のインナーを着たりするなどで、華やかさを演出しても良いかもしれませんね。
アクセサリーや小物は卒業式や入園・入学式など、様々なシーンで着けられるので、今後の想像をしながら考えると、楽しいと思います。
また、靴はサンダルやミュールのようにつま先があいているものは避け、ストッキングはベージュを着用しましょう。
パーティドレスは主役である子どもより派手になってしまいがちですので、避けた方が良いでしょう。

ご自宅で準備される場合、髪型に悩まれる方も多いかと思いましたので、ヘアアレンジの動画も合わせてご紹介します。

七五三で父親が着物を着る場合のポイントは?

普段着ることのない着物で色々な想いがあることと思いますが、あくまで主役は子どもです。派手にならない落ち着いた色・柄を選び、子どもを引き立てるようにしましょう。

着物と羽織だけで充分な装いですが、羽織袴の方が動きやすさもありますので、こちらを選ぶこともオススメします。
足に履く足袋は、黒足袋でも問題はありません。白の方が礼装にはむいているかと思いますので、ご夫婦でよく話し合い、どのようにするかを決めていきましょう。

七五三で父親がスーツを着る場合のポイントは?

父親が普段からスーツを着てお仕事に行かれる場合は良いですが、そうでない方もいらっしゃいますよね。ここでは、七五三に合わせたスーツについてお話します。

子どもの装いが洋装である場合でも、ビジネススーツなら問題ありません。
まずオススメは、ダーク系のビジネススーツです。ネクタイも締めましょう。
七五三を良い機会だと思い、入園式や入学式も想定して1着はあると良いですね。

お祝いの席なのにどうしても暗くなりがちでお悩みの方は、シャツやネクタイの色を、淡いブルーや薄いピンクにしてみても、良いのはないでしょうか。

まとめ
七五三の際には、家族で写真を撮られることがほとんどだと思います。
せっかくのお祝いの席ですし、家族で装いに何か「テーマ」を設けてみると、思い出に残るのではないでしょうか。10月、11月のことで寒暖の差も出てくる頃ですので、天候のほかに気温についても留意しておくと良いでしょう。
皆様にとって、より良き1日となることを、願っております。

浅葱 彰(あさぎ あきら)