Pocket

この記事の所要時間: 732

11月になると、神社に七五三ののぼりが目立つようになりますね。
晴れ着を着て歩いている子どもを見て、自然と顔がほころぶ方も多いのではないでしょうか。しかし実際お祝いをするとなると、具体的に何をしたらいいのか解らない方も多いかと思います。今回はそんな「七五三」の由来やお祝いの仕方等をご紹介します。

七五三の由来や意味は?

七五三の由来は諸説ありますが、この儀式は平安時代からあったものと言われています。
当初は貴族の間だけで行われていた儀式でしたが、江戸時代の武家社会と共に武家の間に広まり、一般庶民へと浸透していきました。儀式が定まってきたのも江戸時代からで
「七五三」という言葉が使われ始めたのは明治時代からと言われています。
その後、大正時代以降に現在のようなお祝いの形に変わってきたとされています。

七五三で祝う年齢の意味は?

そもそも「七五三」とは七歳、五歳、三歳の際に執り行われていた、それぞれ別の儀式をまとめたものなのです。地域によっては、男女を分け隔てないところもあります。

三歳「髪置き(かみおき)」、男女ともに三歳で髪を伸ばし始める。
幼児の頭髪を男女の区別なく剃っており、頭髪から病気が入ってくると考えられていました。三歳になって初めて髪を伸ばすようになり、その節目としてお祝いされていました。

五歳「袴着(はかまぎ)」、男の子が五歳で袴を着け始める。
男の子が、初めて袴をはいたのが五歳だったそうです。
袴をはくことによって男として認められ、社会の一員として見られるようになったと言われています。

七歳「帯解(おびとき)」、女の子が七歳で帯を締める着物に着替える。
それまで、紐で着ていた着物を帯で締めるように変える儀式のことを言います。
大人と同じ帯で着物を着ることで、大人の女性として認められたとも言われています。

昔は子どもの死亡率が高く、「七つまでは神のうち」と言われ、神様から預かった子ども「神の子」とされていました。
ではなぜ、「三歳」、「五歳」、「七歳」なのでしょうか?
それには中国の古い思想「陰陽説」が元になっていると言われており、奇数を陽数と言い「めでたい数」と信じられていました。
その中に一歳が含まれていないのは、満一歳には「一升餅(誕生餅)」という別のお祝いがあったからです。
そして無事に七歳を迎えられた子どもは、その成長を祝い感謝の気持ちをこめて、氏神様(同じ地域に住む人々が共同で祀る神様のこと)や神社へお参りに行きました。

七五三にはどういうお祝いをするの?お参りだけ?

「七五三」といえば、数え年と実年齢、どちらでお祝いするのが正しいのか迷いますよね。
昔は数え年(生まれた時点で「1歳」とし、以降元旦を迎えるごとに1歳ずつ加える考え方)で行っていましたが、現在はどちらが正しいということはありません。
たとえば兄弟姉妹がいる場合、上の子は数え年、下の子は実年齢で一緒にお祝いしたり、七歳のお祝いでは、就学後の慌しさを考えて数え年でお祝いすることなどもあるようです。

お祝いに合わせて、家族でスケジュールを決めておきましょう。
一般的には「写真を撮る」「神社で参拝をする」「食事をする」方が多いかと思います。おじいちゃん、おばあちゃんも一緒にお祝いする場合、早めに決めておくと慌てることなく準備が進められますね。

お祝いを迎えるにあたり、楽しみの一つであるのがその装いです。
親も子も、素敵な衣装で七五三を迎えたいと誰もが思っているはずです。
今は昔に比べて七五三の装いは自由になっています。
とくに親は、和装でも洋装でもお好きな方でかまいません。
では、七五三の基本的な装いを紹介しましょう。

三歳の女の子の装いは、晴れ着に帯は結ばず、苦しくないように紐で軽く着せてあげましょう。その上は袖なしのは襟付き朱色の被布(ひふ)をはおります。
今はこの被布の色に特に決まりはないようです。
草履は、こっぽりなどを履きます。

三歳の男の子の装いは、羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(もんつきにまいがさね)に兵児帯(へこおび)、袖なし羽織を着せます。
草履は、鼻緒のついた平底の草履などを履きます。

五歳の男の子の装いは、紋付羽織袴を着せます。
長着(ながぎ)は羽二重の五つの紋付熨斗目模様や色紋付で、揃いの羽織を合わせ、下着は白羽二重(しろはぶたえ)の比翼仕立てにします。
黒・紺・茶のいずれかの袴か派手な紋付模様をはかせ、畳表の草履を履き、白い扇子と守り刀を身につけます。

七歳の女の子の装いですが、大人の女性と同様に振袖に肩あげで帯を締め、本格的な着物を着ます。
友禅模様の絵羽(えば)つけや総柄の友禅模様の着物が良いようです。
丸帯をしっかりと結び、足元は畳表のぽっくりか布製のものを履きます。

装いが決まれば、いざ神社へ参拝です。
大きな神社にお参りに行かれる方も多いかと思いますので、参拝のマナーをご紹介します。

参拝は、鳥居をくぐった時から始まります、
コートや帽子などは取って、神様への敬意をあらわすために、軽く一礼しましょう。
参道の中央は神様が通る道といわれているので、端を歩くようにしましょう。

その他にも、皇室では「碁盤の儀」とよばれる碁盤から飛び降りる儀式があります。
これには「碁盤の目のように筋目正しく育つ」、「ひとり立ちする」、「運を自分で開く」という願いが込められています。
この「碁盤の儀」を行っている神社もありますので、問い合わせてみるのもいいでしょう。

参拝の後には、両家の祖父母や親族と祝いの会食を行います。
ご自宅で、お赤飯やお子さんの好きなメニューでお祝いするのも良いですね。

着物をレンタルしている場合は返却をし、お祝いをいただいた人には内祝いをします。
内祝いは「半返し」が基本となります。百貨店のギフトコーナーなどで七五三の内祝いをそろえているところも多いので、利用してみてはいかがでしょうか。

また、参拝の日があいにくのお天気ということも多々あります。
もし、不安がある場合はあらかじめフォトスタジオで写真を撮ってもらうのも、良い思い出になるかもしれませんね。

七五三はなぜ11月15日に祝うの?また11月15日以外にお祝いしてもいい?

11月15日に七五三をお祝いするのは、二つの説があると言われています。
一つは江戸時代、「お犬様」で有名な徳川五代将軍である綱吉のお子様、徳末のお祝いをした日に由来するのだそうです。

もう一つは、この日が「二十八の鬼宿日(きしゅくにち)」(鬼が出歩かない日)にあたり、婚礼以外は何事のお祝いにも吉とされていたからといわれています。
また、旧暦の11月は実りを神に感謝する月でしたので、その月の満月にあたる15日に、氏神様に収穫の感謝をすると共に子どもの成長の感謝・祈願をしたもの言われています。
特に今年2018年の11月15日木曜日は大安にあたりますので、混雑が予想されます。

その他に混雑が予想される日程を記載しておきます。
11月10日土曜日(赤口)、11月11日日曜日(先勝)、11月17日土曜日(先勝)、11月18日日曜日(友引)です。

七五三の日取りの決め方は、ご家庭によって様々です。
11月15日にお祝いしなければいけないという、決まりもありません。
混雑を避けて、10月末にお祝いされる方も増えているようです。

七五三の千歳飴の意味は?

千歳飴は、浅草・浅草寺から江戸時代に発祥したと言われています。
江戸時代に、紅白に染めた長い棒状の飴を浅草寺では「千年飴」という名前で売り出し、評判になったそうです。「千年・千歳」には、長寿の願いが込められています。
そのことから、子どもの成長を祝う七五三の飴の袋に「千歳飴」と書かれ、広まっていったと言われています。
ちなみにこの千歳飴、直径15mmほど、長さ1m以内と決められています。

千歳飴の袋にも意味があり、鶴亀は「鶴は千年、亀は万年」と言われ長生きを示唆しています。
松竹梅は「冬でも緑を保つ松や竹、冬を耐えて真っ先に花を咲かせる梅」と言われ、健康や力強さを示唆しています。

まとめ

このように、様々な想いが込められている七五三ですが、一番の主役はお子さんです。
ご家族、ご親族の強い想いがあることは重々承知しておりますが、お子さんにとって記憶に残る楽しい一日になることを願っております。

浅葱 彰(あさぎ あきら)